犬の眼の充血の原因(目やに・アレルギー)の改善方法

さくらペットフード

犬の眼が充血しやすいのはどういったときでしょうか。
愛犬の眼が充血していることに気づくことがありますよね。犬の眼の充血は、一時的にそうなっている場合もありますが、中にはとんでもない病気のサインである場合もあります。
ここでは、犬の眼が充血しやすい原因と改善方法についてご紹介します。

犬の眼が充血している原因:目やに

犬の眼の充血は、目やにがひどい時に起こる場合があります。
目やにがひどくなる原因はさまざまですが、その状態や色によってもある程度の判断をすることが出来るので、よくチェックしてあげてください。

犬の目やには茶色い場合がほとんどです。とくに心配がない目やにですが、あまりにも大量のときは病気の可能性も否定できないことは覚えておいてください。

同じように、黒や白、グレーといった色の目やにも、正常な目やにの内に含まれます。タンパク質や脂質、ほこりや砂といったものが含まれるとこういう色になるようです。

目やにの色が黄色や緑色をしているという場合は、少し心配です。ウイルスや菌の増殖や死滅による膿の色だからです。感染症の疑いが強く、早期発見と早期治療が必要な場合があります。

愛犬の日々のケアは飼い主しかしてあげられません。おすすめ眼のサプリメントではランキング形式でサプリメントを紹介しているので、是非チェックして愛犬の眼を守ってあげてください。

充血がひどい、目が腫れているという場合も、目やにの色を問わず病院に連れていくことをオススメします。

犬の眼が充血する目やにの改善方法

目やにのケアはティッシュを使います。
目やにが柔らかい場合は、折ったティッシュの角を目やにの部分に当てて優しく横に引いてください。この時、目に当たらないようにしたり、強くこすらないようにしたりすることが大事です。

犬が嫌がる場合もありますので、無理やり取らないといった配慮も大事です。犬を不安にさせないように、優しく声をかけてリラックスさせてから行いましょう。

目やにが固い場合は、ティッシュやガーゼを湿らせてから当てます。ぬるま湯で行うと、汚れが浮くので取りやすくなります。どんなに固く感じても強くこすると目が傷つく原因になりますので、気を付けてください。

眼球への刺激もよくないので、ティッシュやガーゼに含ませるものにも注意が必要です。アルコール入りのクリーナーはやめましょう。また、ティッシュも水に溶けやすいものを使うと、目に入る危険があるのでご注意ください。

目やには一時的なものもありますが、中には病気のサインであることもあります。
目やにがあまりにもひどい場合は、感染症のほかに、結膜炎や角膜炎、緑内障などの恐ろしい病気が隠れていることもありますので、不安なときは必ず病院に連れて行きましょう。

犬の眼が充血している原因:アレルギー

犬の眼が充血している原因にアレルギーがあります。
アレルギーは目がかゆくなることもありますが、これはアレルギーの原因である成分が目に付着することによって引き起こされます。アレルギー症状が重いと、目が腫れてしまったり、目以外のところにも蕁麻疹などの症状がでてしまったりすることがあります。

アレルギー症状はしばらくすると落ち着くこともありますが、時折、悪化してしまう場合もあって危険です。重篤なケースだと、アナフィラキシーショックと呼ばれるショック症状に陥ることもあるので、注意が必要です。

また、犬が自分の目を掻いてしまって結膜炎などを引き起こすこともあります。アレルゲンとなるものは多種多様で、食物のこともあれば環境のこともあります。

食物のアレルギーならグレインフリードッグフードランキングを一度チェックしてみてください。獣医師推奨のドッグフードで、食物アレルギーに多い穀物(グレイン)を使用しないドッグフードを紹介しています。

愛犬にアレルギーがないかを確認する方法としては、動物病院で検査をしてもらうという方法があります。

犬の眼が充血するアレルギーの改善方法

アレルギーを改善するための方法は、何がアレルゲンとなっているかによって異なります。愛犬のアレルゲンを事前に知っておくことが大事です。

食物アレルギーである場合は、その食材が含まれているドッグフードを避けた方がいいでしょう。
ドッグフードの種類は豊富ですが、アレルギーの原因になりやすい穀物類を抜いたフードなど、アレルギー対策をしている商品も増えています。愛犬のアレルギーが心配な場合は、ドッグフードを買う際に必ず何が含まれているかを確認するようにしましょう。
また、拾い食いも危険ですので、注意してください。

環境アレルギーには、ホコリやハウスダスト、花粉やノミなどがあります。
花粉の場合は、人間のように花粉対策をしっかりとすることが大事です。ホコリやハウスダストは、愛犬のためにも徹底的に室内を清潔にたもちましょう。ノミなども感染症予防にもなりますので、シャンプーをしっかりとしたり、ノミ駆除を行うことが大事です。

いずれの場合も、愛犬の健康的な暮らしをしっかりとサポートすることが大事です。アレルギーのことで分からないことがある場合は、焦らずに信頼できる獣医に相談してください。

犬の眼が充血している原因:ストレス

犬の眼の充血などの症状を引き起こす原因にストレスがあります。
愛犬家の方ならば、犬にも心があることはよく分かっていますよね。しかし、犬は言葉で訴えることができないため、その心をすぐに理解することは大変難しいはずです。
愛犬のことを大切に思っていても、気付かないうちにストレスを感じさせているという場合もあります。そういう時のサインとして、目の充血といった症状に現れるのです。

ストレスの主な原因は様々なものがあります。
愛犬の性格にもよりますが、飼い主に構ってもらえないときにストレスを抱えてしまう場合もあるようです。また、知らない人を怖がってしまうことも多いので、いつもと違う環境に連れていかれたあとでストレスによって体調を崩してしまうこともあるようです。
動物病院やトリミングといった場面でも、そういった症状が現れることがあります。

ストレスはさまざまな病気の原因にもなりますので、どういったことを愛犬が苦手にしているのかを把握しておくことも飼い主として大事なことです。
予防接種やトリミング、通院などで、どうしてもストレスになりそうな場面を体験させなくてはいけないという場合は、ストレス解消法も一緒に試してみるといいでしょう。

犬眼が充血するストレスの改善方法

犬のストレスを解消させるためには、飼い主さんが構ってあげることが何よりも大切です。
嫌なことや苦手なことがあった後に気分転換をすることは人間にとっても大事なことですよね。それと同じで、犬にとってもストレス発散という機会はとても大事なことになっていきます。

大好きな飼い主さんとの触れ合いは、何よりも効果的です。たくさん触れ合えるような遊びを定期的に楽しめる環境づくりが出来れば、ストレスもうまく解消されるはずです。
忙しいこともあるかもしれませんが、愛犬に元気がないと感じたときは一緒に遊べる時間を作ってあげてください。

また、ストレス解消がうまくいかない場合は、獣医に相談するのも手です。ストレスの原因の中には体調不良などもあります。もしかしたら、病気の可能性もあるので検査してもらうのもいいでしょう。

犬の眼の充血がなかなか良くならない時は動物病院に行きましょう!

犬の眼の充血には、さまざまな原因が隠れています。一時的な症状もありますが、中には重大な目の病気につながる危険性もあります。もしも、愛犬の目が充血していて辛そうにしていたら、ぜひとも動物病院に連れて行ってください。早めに気づいてあげることも重要です。