犬の眼の病気の原因(白濁・ものもらい・傷・チェリーアイ・ブドウ膜炎)の改善方法

犬の夏バテ対策と予防法

犬の眼の病気をはじめ愛犬の体調というものは気になるものです。やはり「家族の一員」ですから、しっかりと日々の体調を見て改善していきたいものです。
今回は犬の眼の病気について考えていきたいと思います。
どのような病気と原因があり、改善方法があるのでしょうか。

犬の眼の病気と原因:白内障

まず考えられるのは「白内障」です。
白内障は、水晶体という部分が何らかの要因で白濁とした状態になってしまうのです。
歳をとった犬の病気というイメージがあるようですが、子犬の眼においても発症することもある病気なのです。
進行状態が(初発白内障、未熟白内障、成熟白内障、過熟白内障)の4つにわけることが出来て、先でいう白濁とした状態は未熟期と呼ばれるあたりからでも見られ始めます。
ハッキリとした原因がまだ分からないとされているのですが、改善方法はありますので、早めに病院で治療を受けることをおすすめします。

犬の眼の白内障の改善方法

まずは自分でできる対処法から見ていきましょう。
眼の症状を悪化させたり菌が入らないようにするためにも、「犬の眼をこすらせない」という事が大切です。
他の病気を併発させないようにするためにも、エリザベスカラーをつけるなどするとよいでしょう。

白内障の改善方法ですが、現在の段階で病気を治す手段としては「手術」ということになります。手術をすることで犬の病気、白内障の眼の症状を良くすることが可能なのです。
サプリメントなどを用いて、症状の進行を遅らせることも可能です。

犬の眼の病気と原因:ものもらい

ふと気が付くと犬の眼にできものができている。何か大変な病気ではないかと慌てられるかもしれません。
犬の病気の中にも、人間同様に「ものもらい」というものがあるのです。
ものもらいの原因ですが、犬の眼にはまぶたの先端からまつげが生えているのですが、これを挟んで油脂を分泌する腺があるのです。
この腺が炎症を起こしてしまう状態がものもらいにつながってしまうのです。

犬の眼がものもらいの場合の改善方法

犬の眼のものもらいの改善方法ですが、比較的早く改善をする場合には「抗生物質の投薬」という形で病気を治すことが出来るのです。
とはいえ、症状によっては外科的治療が必要となる場合もあります。いわゆる切除術です。
切除術の後は、内服や点眼薬などを用いて再発防止のための治療を行います。

犬の眼の病気と原因:角膜裂傷

傷ついている状態を「角膜裂傷」というのですが、原因は大きく分けて2つあります。

第一に「外傷」です。
外から加わった力によって角膜が傷ついてしまうというのが大きな原因です。
例えば、散歩中に植物の葉や枝が目に入ってしまうなどというケースが多いでしょう。

第二に「内側からの圧力」です。
頭部に強い衝撃を受けてしまうと、目の内部の圧力によって角膜が内側から傷ついてしまうのです。
病気というよりも高所からの落下や事故などが原因となります。

犬の眼が角膜裂傷という病気の改善方法

抗生物質の投薬から抗炎症剤の投与・運動制限などが具体的な改善方法です。
角膜裂傷という病気は、自然に修復されているものですので1週間ほどで改善することが多いです。

角膜に大きな穴が開いている場合には、角膜を縫合するという手術を用いることもあるでしょう。傷がより深いという場合・水晶体が外に出てしまっているという場合には、眼球摘出という事も考えられますが、この方法は稀であることが大半です。

犬の眼の病気と原因:チェリーアイ

症状は第三眼瞼が外に飛び出してしまった状態のことです。先天性の場合には、結合組織によりつなぎとめる力が弱くなることが原因だとされています。

後天性の場合には、目の周辺に傷がある・眼の奥に腫瘍があるなどが原因として考えられます。

犬の眼の病気チェリーアイの改善方法

外科的手術を行い整復手術を行う事で病気の改善がみられます。
先天性の場合においても、改善することはできる病気ですので、犬の眼を良くすることは可能です。

飛び出した部分が小さいようであれば、抗炎症薬の目薬を用いることで改善がみられるでしょう。
逆に大きいという場合・再発を繰り返しているという場合には整復手術を行う事によって病気の改善を試みていきます。

犬の眼の病気と原因:ブドウ膜炎

犬の眼に目やに・涙が多くなったという場合、「ブドウ膜炎」という病気であることが考えられるでしょう。

まず原因として感がられるのは「感染症」です。
これは細菌などが眼に入ることが原因となります。

犬の眼の病気ブドウ膜炎の改善方法

抗生物質もしくは抗真菌薬を投薬して治療していくことによって改善されます。

もともと患っている病気を治療することによって症状が落ち着いていくでしょう。
角膜炎や結膜炎の症状がみられるという場合には、まずこれらの治療改善を優先することもあるでしょう。

犬の眼の病気について考えてみよう

今回は、犬の眼の病気について焦点をあてて考えていきました。
眼の病気といってもさまざまな症状や状態、それらに対する改善方法というものがあるとお分かりになられたかと思います。
大切な犬の健康を守るためにも認識しておくとよいかもしれません。
また、知識ばかりではなく、日ごろから犬の眼のチェックもして病気を防ぐようにしましょう。