犬の眼が白い原因(目やに・病気)の改善方法

愛犬の眼が白っぽくなってる気がしたり、いつものように室内で愛犬と遊んでいる時、またお散歩に行っている時など愛犬に異変を感じたことはありませんか?
「毎日生活をしている部屋なのに、最近家具など物にぶつかることが多くなった。」「いつもと同じお散歩コースなのに電柱にぶつかることが多くなった。」など。

これらにあなたの大切な愛犬が当てはまるようでしたら、それは“愛犬からのサイン”です。
そのままですと最悪の場合“失明”になることも考えられます。
そうなる前に、飼い主であるあなたがいち早く気付いてあげることがとても重要です。

犬の白内障の原因

「愛犬の眼球がうっすら白い気がする」このようにはじめのうちは光の加減などで、たまたま眼球が白いと思っただけかもしれません。
しかし、それは愛犬からのサインです。少しでも眼球が白いと思ったのなら、もう一度よく見てあげてください。
一般的に6歳以上の犬に発症しやすいとされている病気があります。それは白内障です。

白内障は眼球の水晶体と言われる部分が白く濁ってしまっている状態で、一般的には6歳以上の犬に発症しやすいとされておりますが、まれに子犬でも発症することのある病気です。
また、ゴールデンレトリバー、ボストンテリア、ビーグル、トイプードル、シベリアンハスキー、ミニチュアシュナウザー、アメリカンコッカースパニエルなどの犬種は白内障を発症しやすい犬種として報告されています。
愛犬がこれらの犬種に該当するという方は注意をしましょう。

白内障には、初発期、未熟期、成熟期、過熟期という進行状況に分けられます。愛犬の眼球が白いと感じる場合、進行状況は未熟期の後期と考えられます。
さらに成熟期に達してしまうと、光は感じますが視覚は失われます。

白内障は早期発見で手術を行い治療することができます。
少しでもおかしい、違和感などを覚えたら動物病院で診てもらいましょう。

犬の白内障の改善方法

一番は飼い主さんが愛犬の目、眼球をマメに見てあげることです。
日々の予防として、目やにが出ていれば柔らかいコットンなどで拭き取り、常に清潔にしてあげることです。
犬用の目薬などもありますが、これはあくまでも病気の進行を遅らせるもので“治療”になるものではありません。

犬が目をかゆそうに何かにこすりつけていたり自分でかいてしまったりしている場合に、眼球が少しでも白いと感じたらすぐ獣医さんに相談してください。
一見白内障と思われる症状でも白内障ではなく、別の病気の可能性もあります。
愛犬にこのような症状が出た場合、ご自分で判断をせず必ず専門家の意見を聞いてください。

犬の角膜炎の原因

角膜炎は黒目の表面を覆っている角膜が炎症を起こし発症するもので、これも眼球が白いという症状が出ます。
考えられる原因として小型犬ですと、お散歩中に草むらに入り葉っぱで眼球を傷つけてしまう。
また、砂やほこり、ウィルス、ケンカをして傷つけてしまうということが考えられます。

主な症状として、目が白い、目やに涙が多い、目をかいている、などがあげられます。
角膜炎もひどくなると失明の恐れがあります。
これらの症状に該当する場合、すぐに動物病院で診断をしてもらってください。

犬の角膜炎の改善方法

角膜は自然に修復する力を持っています(重症の場合をのぞく)。しかし、その症状の度合いは獣医さんでなければわかりません。
症状によっては運動を抑えるなど指示が出る場合もあります。

必ず獣医さんに診てもらい適切な処置をしてもらってください。一般的な対処方法として、抗生物質の投与があります。予防としては目の周辺を清潔に保ってあげることです。

犬の角膜潰瘍の原因

角膜潰瘍の症状は先ほどの角膜炎と似ているもので、外傷による原因がほとんどといわれていますが、シャンプーなど目に入ってしまい角膜潰瘍の症状がでるという場合もあります。
症状として、目が白い、目をよく擦っている、涙が多い、目がしょぼしょぼしている、などがあげられます。
角膜炎と同様、角膜潰瘍も病状が進行していくと失明の恐れがあります。

これらの症状に該当する場合、すぐに動物病院で診断をしてもらってください。

犬の角膜潰瘍の改善方法

症状が軽い場合は目薬で治療をします。
症状が重い場合はフラップ治療といって、犬用のコンタクトレンズを使っての治療になります。

予防として、シャンプーをする際にシャンプー液が目に入らないようにする。
また、目をしょぼしょぼさせたり、必要以上に眩しそうにしていたりする場合は角膜潰瘍の恐れがあるので、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

犬の角膜ジストロフィーの原因

角膜ジストロフィーとは、犬の年齢に関係なく角膜に白い斑点ができ、症状が悪化していくと黒目全体が白くなるというもの。原因は遺伝性の疾患といわれています。
角膜ジストロフィーは症状が悪化しても、目全体は白くはなりますが失明することはほぼありません。

主な症状として、両目に白い斑点ができる、悪化すると目全体が白くなる、強い光を嫌がる、などがあげられます。

犬の角膜ジストロフィーの改善方法

治療法として角膜除去手術が一般的ですが、原因が遺伝性のため再発率が非常に高いとされています。
再発率が高いと考えられていますが、角膜ジストロフィーから角膜潰瘍を発症することもあるため、その予防としての治療にもなります。
角膜ジストロフィーは遺伝性のもののため、予防法は現段階ではありません。

犬のぶどう膜炎の原因

ぶどう膜炎は白目の充血が強くみられ、目がしょぼしょぼしたり涙の量が増えたりする病気です。原因として考えられるのは、ウィルス感染、他の目の病気からくるもの、遺伝、免疫介在性疾患、などがあげられます。
主な症状として、瞬きが増える、目が白くなる、目の充血、涙の量が増える、目やにが増える、などがあげられます。

犬のぶどう膜炎の改善方法

ぶどう膜炎の場合、原因をはっきりと特定し、それにあった薬や目薬を使用するということです。予防としては目を清潔に保つことが最も重要です。
また体調不良などから、ぶどう膜炎の症状が悪化することも考えられますので、愛犬の体調管理もしっかりとしてあげましょう。

犬の核硬化症の原因

核硬化症は白内障と非常に似ている症状で、白内障と疑い動物病院で診てもらうと、そのほとんどが核硬化症と診断されるといわれています。
核硬化症は、眼球の水晶体が中心に向かい圧縮していくことで起こるとされています。
また核硬化症は、眼球全体が白くはなりますが失明することはありません。

主な症状として、眼球全体が青白くなる、白くはなるが視力が落ちることはない、などがあげられます。

犬の核硬化症の改善方法

6歳以上の高齢の犬によくある症状といわれており失明の危険はありませんが、そこから白内障を発症することも考えられますので注意が必要です。
核硬化症は老齢性変化なので、残念ながら予防法はありません。

犬の眼が白い原因は目視では判断が難しい

このように、犬の眼が白くなる原因として考えられるものをあげてきました。
一見して白内障と思われがちな症状でも、違う病気という可能性も高いということです。
愛犬に違和感を覚えた時は飼い主さんだけで判断せず、手遅れになる前にきちんと獣医さんに診てもらいましょう。