犬が足をかばう原因(外傷・皮膚炎・ヘルニア・内臓疾患)の改善方法

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには

犬が足をかばういくつかの原因と、原因別の改善法をご紹介します。
犬が足をかばうようなそぶりを見せたり、歩く時に片足をひきずる、いわゆる「びっこ」をひいたりはしていませんか?
「そのうち治るだろう」と放置してしまっては危険です。
犬が足をかばうのは、より重大な病気のサインかもしれません。

足をかばう原因:外傷

犬が足をかばうように歩いたり、びっこを引く原因で真っ先に考えられる原因は外傷、つまり様々な怪我です。
犬が高い所から誤って落ちてしまった・激しくぶつかった等ということはありませんでしたか?
足のどこかが腫れ、熱を持っている場合はその箇所が打撲や捻挫を負っていることが考えられます。

もし、犬が「ケンケン」するようにびっこを引いていれば、骨折していることが疑われます。「ケンケン」しているように見えるのは、折れた骨に体重がかからないようするためだからです。
骨折するような出来事がないように思っても、実は家の中にも危険が潜んでいるもの。
特に背の低い犬にとっては、人間のベッドやソファからジャンプした際の衝撃も骨折の要因になり得ます。

怪我が原因で犬がびっこを引くようなことを防ぐためには、家の中で思わぬ事故につながりそうな要素を排除することが重要です。

足をかばう改善方法:外傷

こうした外傷が原因で犬が足をかばう場合には、まずは犬が落ち着ける居場所を確保し、しばらく様子を見るようにしましょう。軽度の打撲・捻挫ですと自然治癒することもあります。

反対に、様子を見ていても足をかばうことをやめない時には速やかに病院に連れて行くようにしてください。

足をかばう原因:皮膚炎

犬がかばっているのが「前足」であれば、皮膚炎が原因であることが考えられます。かばっている足を気にして舐めていたり、歩いた後に出血が認められる時には問題の足の「指と指の間」を確認するようにしてください。

普段なかなか目にしない指の間ですが、大変皮膚がデリケートで、かつ蒸れやすいのが特徴。アトピーやアレルギーによる皮膚炎の子は指の間の皮膚に炎症を起こしやすいのです。
炎症部分が地面に触れると痛みを伴うため、足をかばっているケースがあります。

足をかばう改善方法:皮膚炎

皮膚炎が原因で足をかばっている時には、まずは炎症を抑える治療が優先です。病院で抗炎症剤などの薬剤による内科的治療を受けましょう。
しかし、それ以上に大切な改善方法は、皮膚炎の原因を突き止め、根本的な対処を行うことです。

もし、愛犬の皮膚炎がアレルギー性のものであればアレルギーの原因物質(アレルゲン)を知り、その物質をカットすることで繰り返し生じる皮膚炎のループを断ち切ることができるでしょう。フードや、日ごろ愛犬が触れるおもちゃやベッドの材質などを見直しましょう。

アトピー性皮膚炎であっても、被毛や皮膚への正しいケアや症状に即した生活習慣を心掛けることで、炎症を起こすほどの状態を回避することは十分に可能です。

足をかばう原因:ヘルニア

歩く時に足をかばうようなしぐさだけでなく、全体的にふらついていたり、背中に触られたり、抱かれたりすることも嫌がるようであれば、椎間板ヘルニアが原因かもしれません。

椎間板とは、背骨の骨の一つ一つの間のクッションのようなものです。
その椎間板が変形したり、飛び出してしまうこと(ヘルニア)で歩行を始め様々な日常行動に支障をきたします。
椎間板ヘルニアはミニチュアダックスフントやウェルシュコーギーなど胴が長く、足が短い犬種に多いと言われていますが、だからと言ってその他の犬種に起こらない病気ではありません。

足をかばう改善方法:ヘルニア

足をかばう、びっこをひくといった動作だけではなく、ずっと横になってばかりいる、階段の上り下りに困難があるといったプラスアルファの症状が見られる場合は、ヘルニアを疑い、病院に連れて行くことです。

ヘルニアの程度によって改善方法は様々になりますが、軽度であれば一定期間の安静と薬物投与で症状が軽快するでしょう。
また、肥満がある場合は適切な食事療法による体重減少で物理的に足への負担を減らします。
ヘルニアを抱えている場合は過度の運動も足を痛める原因になりますので、その子に合った生活スタイルを模索していくことが大切です。

足をかばう原因:内臓疾患

起き抜けに特に後ろ足をひきずるようなしぐさをしたり、足に痙攣やふるえが見られることがあります。これに嘔吐や下痢などの症状も伴う場合は内臓疾患が原因であることが疑われます。
この時には足自体には痛みがないことが多いため、潜んでいる病気を見落としがちです。
犬が「前よりもたくさん水を飲み、たくさんおしっこをしている」としたら腎不全などの異常があるかもしれません。

足をかばう改善方法:内臓疾患

腎不全などの内臓疾患が足をかばう原因であれば、まずその病気に対処することが先決です。
ただし、内臓疾患の治療は完治が難しく、長期的に対処療法をとることになります。病院で、あるいは自宅で定期的な輸液(点滴)を行ったり、内臓にかかる負担を軽減する薬やサプリメントを与えることになるでしょう。

腎臓は別名「沈黙の臓器」と呼ばれるように、腎不全は進行が遅く発見しづらいもの。
気が付いた時には重度の状態に陥っていた…というようなことにならないように、早期発見・早期治療を心掛けましょう。

まだある!犬が足をかばう色々な原因。大切なサインを見逃さないために

犬が足をかばう原因として「外傷・皮膚炎・ヘルニア・内臓疾患」についてお伝えしました。
しかし、びっこをひく原因はこれだけではないことを忘れないでください。

たとえば一歳未満の成長期に好発する「レッグ・ペルテス病」では、太ももと骨盤を連結する大腿骨になんらかの異常が生じ、骨が壊死してしまいます。
その結果、足をかばう・びっこをひく・歩行困難といった症状が見られます。

レッグ・ペルテス病の具体的な原因はよく分かっていません。また、特定の犬種ののみ起こる病気ではなく、すべての犬種で発症例が確認されています。症状が重い場合には外科出術を受ける必要があります。

このほかにも腫瘍(がん)が原因であったり、老齢性のリウマチが原因であることも。
つまり、「足をかばっているだけ」に見えたとしても、その原因は外から一概に断定できるものではないということです。安易な判断をせず、少しでも異常が見られた場合は病院に連れて行くことが大切です。

そもそも、うまく歩けない、歩行に痛みがあるといったことが続けば、それだけで犬には大きなストレスになるものです。
日頃からカルシウムを積極的に摂れるような食事を心がけ、適度な運動や(やりすぎは逆効果)や安全な生活環境に配慮して「おじいさん、おばあさん犬」になっても楽しく元気にお散歩できるように、飼い主さんが愛犬の様子に心を配ってあげましょう。