犬の肉球が腫れてる原因(指間炎・皮膚炎・腫瘍)の改善方法

プレイアーデンの特色・原材料

愛犬が肉球をしきりに舐めていると思えば、赤く腫れてるので心配になったということはありませんか。痛がっていたり、痒がっていたりすると、とても心配ですよね。
それでは、犬の肉球が腫れてるときには、どんなことが疑われ、どんな改善方法があるのでしょうか。ここでは犬の肉球が腫れてる主な原因である指間炎や皮膚炎、腫瘍についてご紹介します。

犬の肉球が腫れてる原因 その1:指間炎

まず、犬の肉球が赤く腫れてるとき、その部分を何度も舐めていた場合、疑われるものが指間炎です。一心不乱に舐めているというときは特に疑いも強まります。
指間炎というのは、その名の通り指と指の間に炎症が出来てしまうことです。犬の肉球の間というところは飼い主であっても見落としやすく、いつもチェックしていないという人も多いと思います。

また、犬は気にして何度も舐めてしまうので、口からの雑菌が炎症に触れることになります。そのため、気づいたら炎症がひどくなっているという場合もあり得るのです。

もしも、愛犬が指の間を気にするような素振りを見せていたら、ぜひとも肉球の間をチェックしてみてください。ひょっとしたら指間炎になっているかもしれませんよ。
指間炎かどうかを判断するためには、膿がたまっていないか、赤くなっていないかなどをチェックするといいでしょう。犬が痒がっているかどうかもチェックするポイントの一つです。

指間炎になる原因としては、アレルギーやケガ、汚れといったものがあげられます。
また、ストレスによってワンちゃんが神経質になり、指の間を舐め続けるという行動に繋がることもあります。それにより炎症になってしまう場合も考えられます。

アレルギーの場合、ドッグフードで改善することがあります。

アレルギーの愛犬にはアランズナチュラル ドッグフードを一度試してみてください。

アランズナチュラルドッグフードは、メインがラム肉で安心・安全・無添加のグレインフリードッグフードなので、安心して与える事が出来るドッグフードです。

指間炎の改善方法

指間炎になってしまった場合、飲み薬や塗り薬によって症状を抑える治療をしていきます。
この際、薬のついた患部を舐めさせないためにエリザベスカラーをつけることがありますが、ワンちゃんの性格によっては余計にストレスになってしまうこともあります。
この場合はどうすればいいかについては、獣医さんと相談することをオススメします。

また、指間炎は日頃の予防も大事です。
肉球を清潔に保ち、愛犬を取り巻く環境も掃除をこまめにするなどの配慮を行いましょう。ストレスをため込まないように思いっきり一緒に遊んであげるといった、日頃の触れ合いも大事です。

犬の肉球が腫れてる原因 その2:皮膚炎

犬の肉球が腫れてる場合に考えられる原因の一つが皮膚炎です。
皮膚炎にはさまざまな種類がありますが、その主な原因としてあげられるものは細菌や真菌(カビ)、ダニやノミによる感染症などが疑われます。中には飼い主にも感染する病気もあるため、愛犬ともども健康管理が重要になってきます。

ダニやノミの場合は、日頃の散歩によって感染することが多いようです。
そのため、定期的なノミ・ダニ退治が重要になってきます。

とくに、アレルギー体質のワンちゃんの場合は、ノミによって重篤なアレルギー症状が現れることもありますので、肉球の腫れなどのささいなサインを見逃さないようにしましょう。

皮膚炎の改善方法

一口に皮膚炎と言ってもさまざまな原因や病名があり、それぞれに効果的な対処法も変わってきます。
そのため、まずは愛犬の肉球の腫れが何によるものなのかを特定しなくてはなりません。皮膚炎に効く治療薬や薬用シャンプーは通販などでも販売されていることがありますが、原因によっては効かない場合もあります。

いっこうに治まらないままとなると、ワンちゃんもストレスを溜めてしまいますよね。
そうなると別の病気になってしまう可能性も否定できませんので、まずは動物病院で炎症を診てもらって、何の病気なのかを特定してもらうといいでしょう。

ダニやノミ、カビなどが原因の場合は駆除もしていくことになります。二次感染や悪化を防ぐためにもおかしいなと思ったらすぐに病院に連れていきましょう。
また、日頃の肉球のチェックなどをして、ささいな怪我やノミなどに気づくということも大事ですよ。

犬の肉球が腫れてる原因 その3:腫瘍

犬の肉球が腫れてるとき、しこりのような感触を覚えたらそれは腫瘍かもしれません。
腫瘍には2種類あり、良性と悪性に分けられます。良性の場合は、健康を脅かす可能性が低く、すぐに転移するなどの危険性はありません。しかし、悪性はその言葉通り、健康への悪影響が心配されます。悪性腫瘍は進行度合いが早いため、他の臓器に転移するといった危険度が高く、命を脅かす可能性があるのです。

このような腫瘍が良性なのか悪性なのかという判断は、素人には大変難しいことです。
出来る限り早く気づいて対処することが望ましいので、腫瘍があることに気づいた場合は、それが良性なのか悪性なのかという判断を獣医師に診てもらう必要があります。

犬の場合、足の裏という場所は皮膚がんがよく出来る場所の一つです。
皮膚がんの一つであるメラノーマは悪性度が高く、長期的な療養が必要になってきます。そのため、愛犬のことを思いやるならば、出来るだけ早く気づくために足の裏のチェックは欠かさず行いましょう。

腫瘍の改善方法

良性腫瘍である場合は、日常生活に支障がない限りそのまま経過観察というパターンも多いです。
ただし、あまりにも大きくなってしまったり、日常生活に支障をきたすと判断されたりした場合は、良性であっても摘出手術を行います。良性腫瘍が分かった場合も、定期的に愛犬の様子を見て、必要とあらば獣医師に相談するようにしておくといいでしょう。

また、悪性腫瘍の場合は、長期的な治療が必要となります。
抗がん剤の使用や手術を繰り返すことになるため、費用の他にも愛犬の健康管理が重要になってきます。足の裏の腫瘍の場合、散歩の仕方にも気を付ける必要が出てきます。
たとえば、アスファルトの熱刺激などは肉球に悪影響です。出来るだけ舗装されていない土の上を歩かせるか、散歩の時だけは靴を履かせるといった配慮をしてあげてくださいね。

愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと願うのは皆さん同じです。それには日々の食生活がとても大切な事なのです。

犬心 ドッグフードはがんや腫瘍に特化したドッグフードですが、予防として与える事もおすすめです。日々の食生活で愛犬を病気から遠ざけてあげてください。

肉球が腫れてることに気づいたらすぐに病院へ

犬の肉球が腫れてる場合、その原因として考えられるものは多種多様なものがあります。症状や原因によってもさまざまな対処法が存在しますので、薬用シャンプーや治療薬で改善することもありますが、悪性腫瘍の場合は早期発見と早期治療が重要となっていきますので、必ず獣医師に診てもらうようにしましょう。

ドッグフード一覧