犬の眼瞼外反症の原因・症状・治療法・予防法

アカナの特色・原材料

犬の眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)は下まぶたに発症するもので、まぶたが外側にめくれ上がってしまう症状のことです。

中でもコッカ―スパニエル、セントバーナード、ブルドッグ、マスティフなどが眼瞼外反症にかかりやすい犬種とされています。
眼瞼外反症は早期発見することで、角膜炎や他の病気を抑えることもできます。少しでも違和感を覚えたらすぐに獣医さんに相談しましょう。

犬の眼瞼外反症の原因

眼瞼外反症の原因として一番多いとされているのが遺伝的によるものが多く、先天的に発症してしまうことがあります。顔の皮膚がたるんでいるような犬種はまぶたにもたるみが生まれ、まぶたがめくれてしまうというものです。

この症状が多く見られる犬種として、コッカ―スパニエル、セントバーナード、ブルドッグなどがあげられます。これらの犬種の場合は子犬の時に発症することもあります。

また、体重が減少した時や老化(顔のしわが増える)で顔面の筋肉が弱まった時などにも発症してしまう場合もあります。

犬の眼瞼外反症の症状

眼瞼外反症は、下まぶたに発症するのがほとんどで、まぶたが外側にめくれ上がりまぶたが“あかんべー”をしているような状態になります。

まぶたがめくれ上がっているため涙の出る涙点が眼球から離れてしまいます。これにより涙の量が多くなったり、目やにが多くなったりという症状も出ます。

眼球、角膜が常に露出している状態になっており、細菌感染にかかりやすくもなります。
これにより角膜炎や結膜炎も発症しやすいとされています。

犬がしきりに目をこすっていたり、必要以上に眩しそうにしていたりする場合はすぐに獣医さんに診てもらいましょう。

犬の眼瞼外反症の治療法

眼瞼外反症を発症している場合、角膜炎や結膜炎を併発していることも多いため、抗炎症剤などを使っての治療。

また、眼瞼外反症の症状で涙が出ることも多くドライアイにもなりやすいため、点眼薬や軟膏で目を乾燥から守るという処置もします。
症状が軽い場合、処置後経過を観察しますが、重度の場合は手術を行います。

症状が重くそのまま放置をしておこと角膜腫瘍を併発する危険性もあります。
症状によって処置方法はまったく違うので、ご自分で判断せずに必ず獣医さんに相談しましょう。

愛犬の眼を守るためには飼い主のケアもとても重要です。おすすめ眼のサプリメントでは、ランキング形式で紹介しているので、是非チェックしてみてください。

犬の眼瞼外反症の予防(日頃気を付ける事)

眼瞼外反症の予防法ですが、残念ながら眼瞼外反症は先天的による疾患がほとんどないため、効果的な予防法は報告されていません。

皮膚がたるんでいるような犬種は犬の鼻腔狭窄予防法もかかりやすいと言われているので、合わせてチェックしてみてください。

飼い主さんが定期的に目の色や涙の量、犬が目に違和感を覚えていないか、などをチェックしてあげることが一番の予防法と言われています。

ドッグフード一覧