犬の前庭症候群の原因・症状・治療法・予防法

甘噛み

犬の前庭症候群について詳しくご説明します。
耳の奥にある内耳神経の一部で、平衡感覚をつかさどる部位を「前庭」と言います。
犬の前庭に異常が生じると、体のバランスをたもてなくなり歩けなくなります。
歩行困難だけではなく、食欲不振や嘔吐などの症状を伴うこともあります。

犬の前庭症候群の原因

前庭症候群は原因の存在位置によって大きく二つに分けることができます。
脳や脊髄といった中枢神経に原因がある場合は「中枢性」それ以外、主に耳の末梢神経に原因がある場合が「末梢性」前庭疾患です。

中枢性前庭疾患の具体的な原因や、脳への直接的な外傷・脳梗塞・脳腫瘍などです。
犬がこれらの怪我・病気になった際に二次的な病気として前庭症候群が生じます。

末梢性前庭疾患の場合は、中耳炎や内耳炎などの耳の病気をこじらせてしまった時やガンなどによる内耳の腫瘍などが前庭症候群の症状を引き起こします。
中でも注意したいのは「老犬性前庭疾患」、つまり老齢の犬に見られる突発性の前庭症候群です。
また、まれですが生まれつき三半規管に障害をもった犬もいます。

犬の前庭症候群の症状

中枢性も末梢性も症状は共通しています。
体のバランスを保てなくなってよろめいたり、まっすぐ歩けなくなる。
倒れこんでしまうなどの「バランス障害」、首を片側に傾けてクルクル回るような「斜頸」といった症状が見られます。
特徴的なのは突発的にこれらの症状が浮上することです。

ほかにも、犬の目が細かく震えているように見える「眼振」、めまいやふらつきなどによる気分の悪さからくる食欲不振や嘔吐などの症状が見られます。

犬の前庭症候群の治療法

脳の外傷や脳腫瘍などが前庭疾患の原因である場合、たとえハッキリと部位が分かっていても手術自体が犬にとって深刻な影響を与えかねないため、前庭症候群の根治治療はとても難しいのが実情です。
耳内の腫瘍も同様でとれるケースもありますが、場所によっては難しいこともあります。

中耳炎や内耳炎が原因であればまずその治療が優先となります。
程度によっては抗炎症剤の投与といった内科的治療で症状が改善する可能性もあります。

反対に、老齢による突発的な前庭症候群の場合、自然に治癒するケースが少なくありません。軽度であれば時間の経過とともに犬の体が鳴れ、バランス感覚が取り戻されることがあります。
どのような場合であれ、前庭症候群の症状が見られる間は犬がよろめいてぶつかったり、倒れたりして怪我をすることのないよう十分な介護と飼い主さんの注意が重要です。

犬の前庭症候群の予防(日頃気を付ける事)

前庭症候群の症状は突発的にあらわれるため、予防は簡単ではありません。
しかし、愛犬が老齢である時や愛犬の親犬や近しい血統の犬が先天的に三半規管に障害を持つと分かっている時には、前庭症候群を発症する可能性があることを念頭に置いておけば、冷静な対処をすることができるでしょう。