犬の鼻腔狭窄の原因・症状・治療法・予防法

ダイエット

犬の鼻腔狭窄とは文字通り、鼻の穴(鼻腔)が狭くなり、詰まってしまう(狭窄)病気です。
パグやブルドッグなどの短頭種(いわゆる「鼻ぺちゃ」犬)に多く見られると言われていますが、短頭種以外の犬の症例も認められています。
貴方の愛犬にも他人事ではないのです。犬の鼻腔狭窄について学びましょう。

犬の鼻腔狭窄の原因

犬の鼻腔狭窄の原因は、物理的に鼻の穴がふさがることにあります。
さらに、鼻の穴がふさがる原因は先天的なものと後天的なものに分けられます。
鼻先の短い短頭犬種は自然発生的に増えてきたものではなく、人為的な品種改良の結果、短期間に増えてきた犬種です。

品種改良を重ねた結果、短頭種には先天的に鼻の穴が狭くつぶれているような個体が生まれやすい傾向にあると言えます。
短頭種の犬でなくとも先天的に鼻の奇形を持って生まれる個体もいます。

後天的に鼻の穴がふさがる場合に考えられるのは、鼻腔の炎症です。
アレルギーやウイルス、刺激臭などで鼻腔が炎症を起こし、腫れてしまうことがあります。

アレルギー疾患の愛犬に【おすすめグレインフリードッグフード】を是非一度チェックしてみてください。高品質のドッグフードをランキング形式で紹介しているので、愛犬に合ったドッグフードが見つかるはずです。

犬の鼻腔狭窄の症状

もっとも分かりやすい症状は「ぐーぐー」「がーがー」といった鼻からの異音です。
特に犬の就寝時には、人間のいびきのように大きな異音が認められます。
ハアハアと頻繁に開口呼吸をする・鼻水が飛ぶといった症状も見られます。

鼻腔狭窄症で最も恐ろしいのは、それをきっかけにより深刻な事態を招きかねない点にあります。
鼻腔狭窄症の犬は常に呼吸がしにくい状態にあるため、運動をした時や興奮をした時に酸素不足や呼吸困難の状態に陥る危険性が高いのです。
チアノーゼを起こした場合には命に関わることがあります。

また、十分な呼吸によって体温を調節することもしにくいため、熱中症にもかかりやすいと言えます。熱中症を起こして倒れたような場合も、やはり非常に危険を伴います。

犬の鼻腔狭窄の治療法

先天的な鼻の構造が原因であり、かつ症状が重度である場合には外科的手術を行います。
鼻の軟骨や皮膚を切除して鼻の穴を広げることになります。

そこまで重度ではない先天的な鼻腔狭窄症であれば対処療法ということになります。
上で述べたようにこの病気の犬は呼吸困難や熱中症を起こしやすいため、過度な興奮状態に陥らせたり、真夏の日中の散歩を避けるなどの飼い主の配慮が不可欠です。

また、肥満は呼吸のさらなる困難を惹き起こすため、栄養管理にも気を付ける必要があります。短頭種は、肥満になりやすいので栄養面やカロリーをきちんと管理してあげないといけません。

【おすすめダイエットドッグフード】では、短頭種におすすめなドッグフードをランキング形式で紹介しているので、ぜひ一度試してみてください。

犬の鼻腔狭窄の予防(日頃気を付ける事)

愛犬のいびきや短い鼻は可愛いものですが、呼吸に障害をきたせば犬の命に関わります。
短頭種を飼っている人は特に、またそれ以外の犬種を飼っている人であっても、呼吸に関して異常が認められればすみやかな対処をしてください。

ドッグフード一覧