犬のライム病の原因・症状・治療法・予防法

スマイリーの特色・原材料

犬の「ライム病」という病気について聞いたことはありますか?
マダニが運ぶ「ボレニア」という細菌が原因となって発症する病気です。
人獣共通感染症(ズーノーシス)であるため、犬だけでなく私たちにとっても注意の必要な病気です。犬の「ライム病」についてご紹介します。

犬のライム病の原因

上で述べた通り、マダニが媒介する「ボレニア」という細菌がライム病の原因です。
この菌をもったマダニに寄生・吸血されることで感染し、発症します。

マダニは一般的に山林や野原など草木の生えたところに多く生息していると言われていますが、それ自体は決して珍しいものではなく、日本中の色々なところに生息しています。
マダニの活動が活発になる春から秋にかけては特に注意が必要です。

犬のライム病の症状

ボレニア菌に感染してもほとんどの犬はライム病の症状を発現せず、発症率は5%ほどと高くありません。
発症した場合に最も多く見られる症状は関節炎です。一つから複数の関節が腫れあがり、顕著な痛みも伴います。関節炎に連動して発熱・食欲不振・意気消沈などの症状も見られます。

より深刻な症状としては、尿量が激減することによる急性腎不全、腹部に水が溜まってしまう糸球体腎炎などが考えられます。

犬のライム病の治療法

急性腎不全や糸球体腎炎の症状が認められる場合はそれらの治療が最優先です。
ボレニア菌感染への対処としては、抗生剤を投与する内科的治療が選択されます。
抗生剤としてはテトラサイクリンなどが一般的に用いられています。

犬のライム病の予防(日頃気を付ける事)

ライム病自体は根治可能な病気であり、命に関わる危険性もそれほどありません。
しかし何よりも、この病気は飼い主の注意で防ぐことができるということを覚えておいてください。
愛犬がマダニに噛まれることがなければ、ライム病は起こりえないのです。

まず、マダニの活動期にはマダニ駆虫薬の使用を徹底するようにしましょう。
春~夏には、マダニが多くいるであろう山林や野原など、草木の茂った場所を避けるのも良い選択です。

それでも万一犬の体表にマダニが付いているのを見つけた場合には、無理に引き剥がしたりすることのないように気をつけてください。
マダニの噛む力はとても強いため、上手に引き剥がしたつもりでも顎の部分が犬の身体に残ってしまうことがあります。そうなるとボレニア菌に感染することにもつながりますし、噛まれた部分の皮膚が炎症や化膿を起こすこともあります。

犬の身体にマダニが寄生しているのを発見したら、速やかに動物病院につれていき獣医師による適切な対処を受けることを忘れないようにしましょう。