犬のくる病の原因・症状・治療法・予防法

ワンディッシュ

犬のくる病の原因とは、骨の成長になんらかの異常が生じ、骨が湾曲したり関節が腫れあがったりする病気のことです。
栄養状態が悪いと人間にも起こる病気ですが、犬の場合は成長期によく見られます。
子犬を飼っている人はぜひ知っておくべき病気のひとつです。

犬のくる病の原因

くる病の直接的な原因は体内でミネラル分が欠乏することにあります。
たとえば、室内外の犬がまったく日光を浴びないでいたり、栄養不足の状態が長く続いたりするとビタミンDの合成が阻害されます。
その結果、骨の成長に悪影響を生じくる病を発症するのです。

ほかにも、食事で得るべきカルシウムやリンが不足した場合にも骨の正常な発育に支障となり、くる病につながると考えられます。
特に気を付けるべきはリンで、過剰摂取もくる病の原因となり得ます。

犬のくる病の症状

四肢が変形する・関節が膨らむといった外見的な変化のほか、びっこをひくなど歩行障害も伴います。
犬は痛みを感じるため、散歩を嫌がるようなそぶりを見せることもあります。
歩かなくなると筋力が低下し、ますます歩かなくなることも考えられます。
また、いわゆる「骨粗鬆症」のような状態に近いため、骨折の危険性が増加します。

くる病自体は命に関わるものではありませんが、このように様々な悪循環を惹き起こす意味では、軽視すべきではない重大な病気であるとも言えます。

犬のくる病の治療法

犬が胃腸炎などを併発している場合、栄養状態の悪化がさらに症状を進めてしまうため
これらの基礎疾患が見られる時にはその治療が先決となります。
そのほか一般的には、カルシウム剤やビタミン剤などを投与する、内科的治療がメインです。
しかしながら、骨の健康状態は一朝一夕に改善するものでありません。
そのため獣医師の指導のもと、経過観察をしっかりと続けていくことが大切です。

また、栄養バランスのとれた給餌を行うこと、必要十分なだけ日光を浴びさせることなど
基本的な生活態度の見直しも必要になるでしょう。

犬のくる病の予防(日頃気を付ける事)

犬のくる病は、先天性酵素欠損によるビタミンD代謝異常が原因であるケースもあります。
しかしそれは珍しい例です。
反対に、生活習慣から生じるくる病は、飼い主が注意することで確実に防ぐことができます。くる病の予防法は実は治療法とほとんど変わりません。
バランスの取れた食事をあげ、できるだけ太陽の下に連れていってあげましょう。
強い骨をつくるためには運動も欠かせません。
愛犬の健康のためにも、食事や散歩などの基本的なことがらこそキチンと行いたいものですね。