犬の小眼球症の原因・症状・治療法・予防法

ヤムヤムヤム

生まれつき眼球が正常よりも小さい、先天性の疾患が犬の小眼球症です。
まったく眼球がない「無眼球症」とちがい、視力などの目の機能に問題のない場合から目が見えない場合まで様々な症状があります。
犬の小眼球症について詳しく解説します。

犬の小眼球症の原因

先天的な目の奇形である犬の小眼球症について、はっきりした原因は判明していません。
子犬が母体内で成長する過程において何らかの異常が生じたと考えられます。

犬の小眼球症の症状

眼球が小さくても目の機能自体には問題がないケースから、視力が弱いケース、目が見えていないケースなど小眼球症の症状は様々です。
眼球が白く濁って見える場合は、小眼球症に併発することの多い白内障の症状が考えられます。白内障を併発している場合には、今は目が見えていても将来的には眼球の小さい方の目が失明する可能性が高いです。

眼球の小ささ以外にも、遺伝子異常のために心臓や内臓に先天性の障害を抱えていることがあります。
そのため、出産後に野生の本能で母犬から育児放棄されるケースがあります。そして、小眼球症の子犬は他の障害を抱えていたりするので、免疫力もありません。

(安心子犬(パピー)ドッグフード)では、子犬(パピー)におすすめなドッグフードをランキング形式で紹介しているので、是非一度チェックしてみてください。小眼球症の子犬(パピー)ではなくても、安心・安全・無添加でグレインフリーのドッグフードなので、愛犬に合ったドッグフードが見つかるはずです。

生活にさほど支障がないように見える場合であっても、一度は病院で全身の検査を受けるべきだと言えます。

犬の小眼球症の治療法

病院で目のエコー検査をして、正常に機能する眼球が存在していることが確認出来た時には、眼角(目尻)を切開して広げる外科手術を受けることで、
眼球の見える範囲を拡大し、視力の改善をねらう治療を受けることができます。

ただし、先天性の遺伝子異常である無眼球症には、根本的な治療の方法は存在していません。

犬の小眼球症の予防(日頃気を付ける事)

どの犬が目に奇形をもたらす遺伝子異常を持っているかどうかを事前に知る方法はありません。
しかし、 正常よりも目が小さい・濁っているなどの小眼球症の症状はハッキリと見ることができます。小眼球症は人間にも起こる奇形ですが、犬は人間に比べはるかに高い確率で、遺伝的に小眼球症が発生することが分かっています。

したがって、小眼球症の予防として唯一わたしたちにできうることは小眼球症の犬・小眼球症の犬の親犬を含めて、繁殖に用いないことです。(犬の避妊手術)こちらも是非チェックしてみてください。

犬は視覚よりも聴覚や嗅覚に多く頼っているため、小眼球症自体は致命的な病気ではありません。
しかし、上でもお伝えしたように遺伝子の異常は全身に影響を及ぼしていることが考えられます。虚弱体質などが同時に見られることも多いので、犬は普通の生活を送れないかもしれません。
哀しい障害をもった犬を増やさないためにも、不適切な繁殖は避けることが必要なのです。

ドッグフード一覧