犬の眼瞼内反症の原因・症状・治療法・予防法

犬の眼瞼内反症(がんけいないはんしょう)とは、まぶたが内側に折れ曲がった状態を言います。
いわゆる「逆まつげ」の状態で、まつげが常に目を刺激することで、目ヤニや涙が増えたり、痒みを感じて犬が掻いてしまい目に結膜炎や角膜炎が起こります。

犬の眼瞼内反症の原因

犬の眼瞼内反症の多くは遺伝的な要素が原因と考えられます。
先天的にまぶた周辺の組織が奇形の状態にあることで、まぶたが内側に曲がってしまうのです。小型犬から大型犬、超大型犬まで犬種を問わず発症例が確認されています。

後天的な原因としては、重度の外傷でまぶたが物理的に変形してしまった場合や、高齢の犬ではまぶたの垂れ・眼球の陥没などが眼瞼内反症をひき起こすことが考えられます。
また、目の周辺の神経や筋肉の異常が原因となることもあります。

犬の眼瞼内反症の症状

内側に折れ曲がった瞼や、まつ毛が目に刺激を与えるために、目ヤニが多く出たり、涙を流すといった症状が見られます。

眼の病気では、チェリーアイなどの病気の原因などをわかりやすく説明しているので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

この状態を放置すると目が炎症を起こし、角膜炎や結膜炎の症状があらわれます。
さらに症状が進行すると、角膜が白く濁ってしまいます。

こうなると、眼瞼内反症を治療しても角膜炎や結膜炎が治癒し難く、慢性化するケースがあります。そうなってしまう前に、日々のケアをサプリメントで補ってあげる事をおすすめします。(おすすめ眼のサプリメント)は、ランキング形式で紹介しているので、是非一度試してみてください。

犬の眼瞼内反症の治療法

結膜炎や角膜炎を起こしている場合には抗生剤などによりまずそれを治療します。

まぶたの折れ曲がりが軽度の場合は、点眼剤の投与や、目を刺激しているまつ毛や目の周辺の被毛を抜くことで対応します。
まつ毛はまた伸びてきてしまうため、定期的に病院で抜毛を受ける必要があります。

まぶたの折れ曲がりが重度の場合は外科手術によりまぶたを矯正します。
まぶたの周辺の皮膚を切り取り、縫い合わせることで正常なまぶたを整形します。

生後一歳未満の子犬の場合、まだ成長途中にあり、手術後にも皮膚が伸びていくため、完全なまぶたを整形せず、まぶたが内側に折れ曲がらないように一時的に縫い合わせるような対処がとられることもあります。

犬の眼瞼内反症の予防(日頃気を付ける事)

犬の眼瞼内反症は先天的、後天的なものであれ予防することは難しい病気です。
しかし、早期発見と早期治療を心掛けることで症状の重篤化を防ぐことは可能です。軽度の場合はまつ毛を抜くだけでも症状がかなり改善することも少なくありません。
犬の眼ヤニや涙が多いと感じたら、角膜炎や結膜炎が慢性化し、治癒困難になる前に治療を開始するようにしましょう。

ドッグフード一覧