犬のニキビダニ症の原因・症状・治療法・予防法

ネイチャーズテイス

犬のニキビダニ症は、皮膚炎などさまざまなトラブルを引き起こします。
人間や犬などの哺乳類の皮膚には、ニキビダニ(別名アカラス)という寄生虫が一定数寄生しています。
少数であれば問題はないのですが、何らかの原因でニキビダニが異常増殖すると命の危険を伴う事もあります。
ここでは、犬のニキビダニ症の症状や治療方法を紹介します。

犬のニキビダニ症の原因

ニキビダニは生後間もないうちに母親の皮膚や母乳から子犬に感染すると考えられています。
しかし、ニキビダニ症を発症しないまま健康に暮らしている犬は少なくありません。
ニキビダニが皮膚に寄生している=ニキビダニ症というわけではないのです。

風邪や他の病気、加齢、あるいは栄養不足で犬の体力や免疫力が低下すると、ニキビダニが異常に増殖しニキビダニ症を発症します。
外的要因以外にも、もともと皮膚の弱い体質をもった犬やアレルギーをもった犬は、それが原因となってニキビダニ症を発症することがあります。

犬のニキビダニ症の症状

犬のニキビダニ症の症状は発症年齢によって症状の重度が分かれます。

生後十八か月未満で発症する若年性のニキビダニ症の場合、全身、あるいは顔などの局所に脱毛や皮膚の赤み、フケなどの症状が見られますが、犬の成長と共に免疫力が上がってくることで症状は改善し半数以上が自然治癒します。

これに対し、加齢と共に免疫力が低下していく成犬のニキビダニ症の場合、症状が重篤化する場合も少なくありません。
初期には、異常に増殖したニキビダニが毛根にダメージを与えることで、おもに手や足などの四端部に2~3㎝大の脱毛や、皮膚がポロポロと落ちるようなフケも見られます。

症状が進行すると、膿胞というニキビのようなものが皮膚にあらわれます。皮膚はただれ、脱毛が広範囲に広がっていきます。
このように弱った皮膚に細菌や真菌が感染すると、強い痛みや痒みもともなうようになります。重度のニキビダニ症の症状が全身におよぶと、命に関わることもあります。

犬のニキビダニ症の治療法

上でお伝えしたように子犬の場合ニキビダニ症は自然に治ることが多いのですが、成犬の場合は治療に長期間を要することになります。
薬用シャンプーによる患部の洗浄と乾燥などの直接的な治療と並行して薬剤の内服を行います。

ニキビダニにはフィラリアの駆虫薬が有効であり、駆虫のためにフィラリア予防薬がよく使用されます。
しかし、フィラリア予防の際の数十~数百倍の量を服用しなければなりません。
また、真菌や細菌の二次感染の対策として抗生剤が用いられることもあります。

成犬のニキビダニ症で、発症を繰り返すような時は基礎的な要因を疑い、アレルギーの有無やホルモン分泌量の検査・治療を行うことになります。

犬のニキビダニ症の予防(日頃気を付ける事)

ニキビダニ症で一番気を付けるべきことは、「早期発見・早期治療」です。症状が重篤化する前に病院で治療を受けるようにしましょう。
また、シニア犬の場合は気温の急激な変化や栄養不足に気を付け、体力や免疫力が低下しないように注意することが大切です。