犬のレッグペルテス病の原因・症状・治療法・予防法

犬のレッグペルテス病の原因や具体的な症状、治療法や予防などについてご紹介いたします。
成長期の子犬が、足を引きずっていたり、足を浮かせていたりなどの不自然な歩き方をしている場合、レッグペルテス病(大腿骨頭壊死症)の可能性があり、ある時から徐々にひどくなっていく場合もあれば、急に症状が現れる場合もあります。

犬のレッグペルテス病の原因

レッグペルテス病は大腿骨頭という太ももの骨と骨盤を連結している部分へ繋がる血管が、何らかの原因で損傷し、うまく血液を運べなくなる事で血行が悪くなり骨頭が壊死してしまうという病気です。
その原因は不明のままです。おそらく遺伝によるものだろうと考えられています。

発症しやすい犬種は、テリア系・ポメラニアン・ペキニーズ・プードル・ミニチュアピンシャー、パグ、ダックスフント、シェルティー、コッカースパニエル等があげられています。
とくに体重が10kg未満の小型犬種に多くみられるようです。

犬のレッグペルテス病の症状

レッグペルテス病の主な症状は、足を引きずったり、かばったりするなどの跛行(はこう)と呼ばれるものです。
犬が普通の生活をしている中で不自然な歩き方をしている場合、レッグペルテス病が進行している可能性があります。
また、こうした症状に加えて食欲不振や股関節を触られるのを痛がるなどの症状も、気づいてあげるポイントとなります。

症状は片足だけの場合も多くありますが、両足に起こることもあります。慢性的に足をかばったり、ちょっとしたことで痛がったりしている場合は、レッグペルテス病を疑って獣医師に相談してみた方がいいかもしれません。

犬のレッグペルテス病の治療法

レッグペルテス病の治療は内科療法と外科療法の2種類に分けられます。
状況にもよりますが、比較的症状が軽いとされる場合は内科療法による治療をしていきます。まずはレーザー治療や抗炎症剤の使用、運動制限などで症状の改善や進行を遅らせます。

運動制限をしてしまうと、肥満の原因にもなってしまいます。肥満予防には食事制限をすることをおすすめします。【おすすめダイエットドッグフード】では、食事制限をする愛犬に安心して与える事が出来るドッグフードをランキング形式で紹介しているので、是非一度チェックしてみてください。

しかし、いずれは進行していくため、最終的には外科治療を行わなくてはいけません。
外科治療は、痛みの原因となっている大腿頭骨を切除する「大腿頭骨切除術」が行われます。適切な時期に手術を行うことで、長期リハビリは必要ですが再び歩けるようになっていきます。

犬のレッグペルテス病の予防

レッグペルテス病になってしまう原因は特定されていないため、現時点では予防法も分かっていません。そのため、重要になってくるのは、いかに早く気づいてあげるかというところです。

特に発症しやすいとされている犬種の成長期は、常に様子を見てあげるようにしましょう。子犬(パピー)に必要な栄養面やカロリーをきちんと与えて少しでも発症しないように(おすすめ子犬(パピー)ドッグフード)を是非一度チェックしてみてください。

レッグペルテス病は早期発見が大事!術後も忘れずにサポートしてあげましょう

レッグペルテス病は犬の大腿頭骨が壊死してしまう病気です。多くの場合は成長期の小型犬に発症し、跛行などの症状がみられます。少しでもおかしいと感じた場合は、病院に相談してみましょう。また、最終的には手術で改善しますが、術後の過ごし方も予後を左右します。一度改善したあとも、愛犬のサポートを忘れずにしてあげてくださいね。

ドッグフード一覧