子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018

子犬(パピー)は、まだ身体が小さく、免疫力も成犬と比べて低いため、ドッグフードに健康を損ねる成分が入っていると、悪影響を受けやすいです。

また身体を作る大事な時期だからこそ、しっかりと栄養バランスの取れた食事を与えなければいけません。

そのため子犬の身体の事を考えて、子犬(パピー)おすすめドッグフードランキングの結果を参考に、ドッグフードを選びましょう。

パピードッグフードおすすめランキング2018

1位 モグワンドッグフード

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
モグワンドッグフードの特徴は、まず主原料は、動物性たんぱく質が50%以上です。

イギリス産の平飼いチキンとスコットランド産の上質なサーモンを使用しています。

どちらもヒューマングレードな原材料なので、安心して子犬(パピー)に与える事が可能です。

そして動物性たんぱく質とのバランスを考えて、トマトやアスパラガスなどの野菜とバナナ、リンゴなどの果物が豊富に含まれています。

グレインフリーで、無添加なので、アレルギー予防の効果もあります。

品質管理も徹底しているので、身体の小さい子犬(パピー)に負担を与える成分は含まれていないので安全です。

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018

2位 カナガンドッグフード

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
カナガンドッグフードの主原料は、新鮮な鶏の生肉を贅沢に使用しています。その割合は60%と非常に高くなっています。

その他の原材料も、野菜やハーブなど、ヒューマングレードな食材を使用しています。

グレインフリーに拘り、穀物の代わりに炭水化物源としてサツマイモが使用されています。

カナガンドッグフードは、愛犬の身体に不必要なモノは一切使用せず、必要なモノだけを使用しているため、理想のコンディションに導く事が出来ます。
子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018

3位 ネルソンズドッグフード

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
ネルソンズドッグフードの主原料は、新鮮なチキンで、高たんぱくで低脂質なお肉が厳選されいて、サーモンオイルが使用されているので、毛並みのつややかさをサポートします。

激安ドッグフードがかさ増し要因で配合している穀物も一切使用されないグレインフリーな商品です。

健康な身体をサポートするために、オリゴ糖やグルコサミン・コンドロイチンまで配合されています。

ヒューマングレードな原材料のみを使用しているので、安全性の高さも信用する事が出来るでしょう。

栄養バランスがとてもいいので、少量しか食べる事が出来ない子犬(パピー)でも、必要な栄養素がしっかりと摂取する事が出来ます。
子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018

4位 ファインペッツドッグフード

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
ファインペッツドッグフードは、ヒューマングレードの原材料のみを使用し、主原料には、鹿肉、鶏肉、鮭肉をブレンドさせた動物性たんぱく質がなんと80%も配合されていません。

オートミールで炭水化物を摂取出来るので、犬の身体の負担になる穀物は使用されず、グレインフリーです。

もちろん肉の副産物や人工添加物も使用せず、愛犬に安全で安心して食事を与える事が出来ます。

そしてファインペッツドッグフードの特徴は、その消化吸収率の高さにあります。

消化吸収率は87%と高水準で、一般のドッグフードと比較すると、倍以上の数字です。

消化吸収率が高いからこそ、少量で必要な栄養素を摂取する事が出来るので、子犬(パピー)にもおすすめだと言えるでしょう。

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018

5位 ナチュロルドッグフード

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
ナチュロルドッグフードは、国産で新鮮な生肉が55%配合されています。

お肉はもちろん、その他の原材料も全てヒューマングレードな食材に拘っていて、グレインフリーでグルテンフリーでもあります。

無添加なので子犬(パピー)に安心して与える事が出来ます。

愛犬の平均寿命は15歳前後ですが、ナチュロルドッグフードは20歳を目指します。

健康で長生きするためには、子犬(パピー)の頃から健康に気遣った食事を与える必要があります。

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018

子犬(パピー)におすすめのドッグフードの選び方

主原料はお肉や魚などの動物性たんぱく質

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
ドッグフードを選ぶ際には、必ず主原料を確認する必要があります。

主原料とは、原料一覧に記載されてる原料の1~3番目までに記載されています。

その時に、穀物が含まれているモノを選ばずに、必ずお肉や魚などの動物性たんぱく質が主原料のドッグフードを選ぶようにしましょう。

犬は肉食動物なので、穀物を上手に消化する事が出来ませんし、穀物の栄養素も必要としていません。

子犬(パピー)の成長には、動物性たんぱく質が必要不可欠だという事を覚えておいて下さい。

また動物性たんぱく質以外にも、何の油脂が配合されているかも確認しましょう。

サーモン油、鶏油などが含まれているドッグフードがおすすめで、動物性脂肪や動物性油脂などが含まれているドッグフードはおすすめできません。

原材料はヒューマングレードが理想

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
例えば主原料は、動物性たんぱく質で、無添加のドッグフードだから安心安全とは一概に言えません。

なぜかというと、原材料の質が悪いと意味がないからです。

原材料の質?と不思議に思うかもしれませんが、例えば主原料である動物性たんぱく質が病死した家畜を使用していたらどうでしょうか?

他にも短期間で飼育するために、成長ホルモンなど薬物漬けの家畜が使用されていたらどうですか?

ただドッグフードの規定基準は、人間の食品の規定基準と比べると明らかにゆるいので、このような原材料を使用してドッグフードを製造する事は違法行為ではありません。

身体に悪そうだと分かっていて、使用する理由は原価を抑えられるからです。

だからこそ、子犬(パピー)の安全性を考慮してドッグフードを選ぶなら、原材料の質で選ぶ必要があります。

ヒューマングレードの原材料であれば、人間が食べられるほど安全性が高いという意味なので、おすすめです。

子犬(パピー)にはグレインフリーのドッグフード

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
先ほども少し紹介しましたが、犬は肉食動物なので、穀物を消化するための消化酵素を体内に持っていません。

そのため穀物を摂取すると、消化不良を起こしてしまい、穀物アレルギーを発症するリスクが高いと言えます。

特に身体の小さな子犬(パピー)は、消化不良を起こしやすく、さらに免疫力もまだ低いので、アレルギーを発症しやすいので注意が必要です。

子犬(パピー)の成長に必要のない穀物でお腹が膨れてしまったら、本当に必要な動物性たんぱく質を摂取出来なくなってしまいます。

そうなると栄養不足に陥ってしまい、身体が成長する大事な時期に、しっかり身体を作る事が出来ません。

そうならないように、グレイフリーで、動物性たんぱく質が主原料のドッグフードがおすすめです。

パピードッグフードおすすめランキング2018のまとめ

子犬(パピー) ドッグフードおすすめランキング2018
身体が小さく、食事量をあまり食べる事が出来ない子犬(パピー)の時期だからこそ、与えるドッグフードによって、健康に成長出来るかどうか大きく差がつくと言えます。

少量でも栄養バランスの取れた食事を与えたいという場合は、パピードッグフードおすすめランキング2018に紹介されているドッグフードの中から、選ぶと商品選びで失敗する事がなくなります。

子犬(パピー)用のドッグフードではないので、子犬(パピー)用の方がいいのでは?

そんな不安を持つ飼い主もいるかもしれません。

ですが主原料が動物性たんぱく質で、ヒューマングレードな原材料を使用している事、添加物を使用せずにグレインフリーである事の条件をクリアしていれば、それは子犬(パピー)用に最適だと考えて間違いありません。