ミックス犬の餌の種類や選び方をご紹介

最近話題になっているミックス犬には、どんなドッグフードや餌を与えればよいの?と疑問を持つ方が多いようです。一番大切なのは、親犬がどのような犬種の純毛種なのかということです。まずはそこから始めてみましょう。ミックス犬にとってどのフードが適切なのか選ぶ事が何よりも望ましことです。

ミックス犬の餌は何がおすすめなの?

基本的には純血種にドッグフードを選ぶ時の視点と同じで良いのです。例えば大型犬同士の掛け合わせで生まれたミックス犬には、当然、親犬達が食べているような素材のドッグフードが望ましわけです。そこから掛け離れたドッグフードを与えることは、あまり好ましいこととは言えません。だからこそ、親犬の犬種をきちんと把握しておくことが重要です。

間違ったドッグフードの与え方をすると、すぐに消化器症状を引き起こし下痢が繰り返されることもあります。そこは厳重に注意をしながら進めないといけません。ミックス種だからと言って専用のドッグフードがあるわけではありません。安価すぎるドッグフードに安全性は不確かです。愛犬が口にするものですので、継続性と安全性を確かめた上で決めてあげましょう。

愛犬の大きさで餌を選ぶ

今生まれている純血種同士の間で生まれた子犬の大きさを考えてドッグフードを選ぶとほぼ間違いないでしょう。口の大きさや歯の生えそろった状態などを把握して十分に食べることができる硬さや大きさのものを選んであげてください。食べやすさというのも、ドッグフードを選ぶ際のポイントです。

親の犬種で餌を選ぶ

親犬がアレルギーを起こしやすい犬種の場合には、アレルギー対策 ドッグフードを選んでおくのも一つの手です。つまり、アレルギーが今出ていない状態でも、そこを危惧して先回りしておくというフードの選び方もあるのです。また食欲旺盛な犬種の場合には、肥満防止ということも考えて高カロリー低脂肪のものを選んだり、臨機応変に考えられる飼い主でいたいものですね。

愛犬の体質で餌を選ぶ

生まれてきた犬の体質というものがあります。親犬達がどのような純血種であっても、食いつきが悪い犬や、栄養状態があまり良くない場合もあり得ます。総合的に考えて今の現状を尺度にしてドッグフードを選んであげる方法も良いでしょう。

ミックス犬の給餌量

現状の大きさと予想体重というものが大切なデータになります。親犬を超えることは、ほとんどないと考えて給餌量は考えておきましょう。どのドッグフードにも、パッケージ裏面に適正の分量が記載されえいます。それえを目安に考えておくと便利でしょう。適量を守れずに与えすぎると、どのようなドッグフードであっても、肥満の元になります。

体重が平均よりも少ない場合には、多めに与えるなど獣医さんと相談をして、まずは目標体重を定めて日々のお世話に取り組んでください。例えば何か持病を抱えて生まれてきた場合にはその限りではありません。必ずしも、パッケージ通りの分量で、お腹が満たされるとは限らないのです。発育状態やその犬の現状をよく見据えてドッグフードを選び与えることが必ず必要です。迷ったときには動物病院に相談をするなど、調整をしていきましょう。

ミックス犬の餌は何キロを買ったらいい?

最近のドッグフードは高品質なものになればなるほど高額です。基本的に1キロ~2キロサイズが多いのですが中には400グラム~800グラム前後の小ロットのものもあります。できれば最初から大きな分量のものを購入せずに、地道に少しずつ与えてその犬に合っていることを確認することも重要です。体質的に合わないドッグフードを与え続けることは健康リスクを高めるだけです。

いきなり大きなドッグフードを購入しても、消化器症状が出てしまうなど、体調不良に見舞われると、そのドッグフードを続けることが困難になります。そのようなことも想定して、最初は小さめのものを購入して様子を見るのも方法でしょう。ドッグフードは、その犬の嗜好性や食べようとする活力に左右されます。

まとめ

ミックス犬と暮らすためには、ドッグフードを選別することも飼い主さんの役割です。その犬に合ったものに出会えると、その犬の変化がわかります。もしも合わない場合も想定すると、いきなり大きな分量のドッグフードを購入することは控えた方が良いでしょう。ミックス犬を健康に育てるために重要なことは、その犬にとって食べやすく健康上、効果のある成分が多く配合されていることが何よりも大切なことです。食べやすさ、栄養成分、添加物の有無などを吟味して、安全 安心 ドッグフードを与えて、毎回の食事に喜びを感じてもらえるような選択をしてあげましょう。