小型犬ドッグフードおすすめランキング2018

無添加ドッグフード安心本舗

小型犬ドッグフードおすすめランキング2018は、身体が小さな小型犬だからこそ、特にドッグフード選びが重要だと言えます。

少量しか食べられないので、少量でも栄養バランスの取れた食事を与える必要があります。

また身体が小さいからこそ、添加物や穀物などで健康を損なうリスクも高まります。

なのでドッグフード選びの参考に、小型犬ドッグフードおすすめランキング2018を利用し、さらにそれぞれの商品の特徴を知って下さい。

小型犬ドッグフードおすすめランキング2018

小型犬ドッグフードおすすめランキング2018のランクング5位の発表とそのドッグフードの特徴について紹介します。

1位 モグワンドッグフード

モグワンドッグフード
モグワンドッグフードは着色料や香料、保存料などの人工添加物は一切使用していません。

ヒューマングレードの原材料のみを使用し、主原料は高たんぱく質が50%以上配合されています。

肉食動物である犬にとっては、動物性たんぱく質が高配合されているほど、犬の健康に必要な栄養素をしっかり摂取出来ると言えます。

モグワンドッグフードは、厳選された原材料を使用し、粒の固さの調整まで徹底的に吟味して開発されました。

そのため商品名にもなっていますが、他のドッグフードとは、食いつきが全く異なり、モグモグと美味しそうに食べてくれます。

2位 ネルソンズドッグフード

ネルソンズ
ネルソンズドッグフードは、ペット先進国イギリスの中でも、販売累計が100万部を突破する人気と実力を兼ね備えたドッグフードメーカーだと言えます。

人工添加物、着色料、香料、保存料は一切使用していません。グレインフリーで、穀物も不使用です。

原材料にも拘り、人間も食べられるヒューマングレードな食材しか使用していません。

しかも注目すべき点は、美容面での効果の高さです。

ネルソンズドッグフードは、ドッグフードで栄養バランスの取れた食事で健康になる事が大前提で、さらにワングレード上の美容にまで気遣う事が出来ると言えます。

3位 アランズナチュラルドッグフード

アランズ ナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードは、非常に栄養価が高く、消化吸収率に優れているため、通常のドッグフードの半分の給与量で、十分に健康を維持する事が出来るのです。

そのためダイエット中の犬やシニア犬、身体の小さい小型犬にも最適だと言えます。

もちろん、健康を損なうような人工添加物は一切使用されず無添加です。

そしてグレインフリーでアレルギー対応も万全です。

主原料でもアレルギーが出にくく、高たんぱくで低脂肪のラム肉を55%以上配合しています。

アレルギー予防をする事で、健康を維持し、活力をサポートする事が出来ます。

4位 ナチュロルドッグフード

ナチュロル
ナチュロルドッグフードは、総合評価が非常に高いドッグフードです。

100%無添加に拘り、グレインフリーでグルテンフリーなので、小型犬にも安心して与える事が出来ます。

国産で、ヒューマングレードな原材料しか使用していないという点も安心感につながるでしょう。

ダイエットサポートや腸内環境をサポートしてくれて、栄養価が高いため、少量で吸収率が高いドッグフードだと言えます。

毛並みがパサパサ、胃腸が弱い、食欲不振など、様々なトラブルを抱えている犬にもおすすめする事が出来ます。

5位 カナガンドッグフード


カナガンドッグフードは、イギリス産高級ドッグフードです。

小粒タイプのドライフードなので、小型犬でも無理なく食べやすいサイズでおすすめです。

人工添加物は一切使用せず、グレインフリーなドッグフードなので、アレルギーがある愛犬にも安心して与える事が出来ます。

原材料は全て人間が食べられるヒューマングレードな食材を厳選しています。

カナガンドッグフードは、犬の祖先であるオオカミの食生活を理想に掲げて、動物性たんぱく質の割合を高くし、栄養バランスのいい食事内容になっています。

小型犬におすすめのドッグフードの選び方

添加物が含まれないドッグフードを選ぶ

小型犬
ちょっとぐらい添加物が含まれていても、健康に大して影響しない。

ですが身体の小さな小型犬にとっては、その少量で健康を損なうリスクがあります。

特に規定が人間よりもはるかに緩いドッグフードは、こんな危険な添加物を入れてもいいの?と驚くような添加物も平気で含まれています。

特に危険な添加物は、プロビレングリコール、エトキシキン、亜硝酸ナトリウム、BHA、BHTです。

毒性があったり、発がん性物質が含まれていたり、赤血球など身体に異常がみられるなど、摂取する事で様々なリスクを伴います。

危険な添加物を全て把握しておくのは、大変ですから、それなら小型犬には無添加のドッグフードがおすすめです。

原材料はヒューマングレードを選ぶ

小型犬
小型犬用のドッグフードは、無添加だから安心出来るとは限りません。

無添加であっても、原材料の方が粗悪品であれば、やはり健康を損なうリスクが大きくなってしまうからです。

原材料で粗悪品?となかなかイメージ出来ないかもしれません。

それは人の食品の規定レベルが高く、粗悪品が含まれていないからです。

対してドッグフードは規定レベルが低いからこそ、肉の副産物や動物性油脂、ビートパルプなどが使用されているケースがあります。

ちなみに肉の副産物とは、肉以外の部分で、臓器や骨、毛なんどが含まれていて消化に悪いと言えます。

さらに病死した肉を使用していると、骨や皮から病気が感染するリスクがあります。

動物性油脂には、安楽死させられた動物から抽出された油が使用されているケースがあります。

安楽死した動物は、安楽死の際に大量の薬剤と防腐剤が使用されているので、非常に危険です。

このように意味を知らずにいたら、肉の副産物も動物性油脂も原料一覧を見ているだけでは気づきません。

ですがどれだけリスクが高いか知れば、もうヒューマングレードのドッグフードしか愛犬に与えなくないと思うはずです。

グレインフリーのドッグフードを選ぶ

小型犬
肉食動物にとって、とうもろこしや小麦などの穀物の栄養素は必要としていません。

むしろ穀物を消化するための消化酵素を持たないために、消化不良に陥ってしまい、アレルギーを発生するリスクの方が大きいと言えます。

とくに小型犬は身体が小さいために、消化不良の際に身体の負担が大きいので、必ず穀物不使用のグレインフリーのドッグフードがおすすめです。

また小型犬は身体が小さいために、給与量も少なくなっています。

少量しか食べられないのに、不必要な穀物でお腹がいっぱいになってしまうと、必要な栄養素が不足してしまいます。

穀物は肥満の原因にもなり、肥満なのに、栄養不足という最悪な状態に陥ってしまいます。

だからこそ小型犬には、グレインフリーで少量でも栄養バランスが整った食事が出来るドッグフードがおすすめだと言えます。

小型犬ドッグフードおすすめランキング2018のまとめ

小型犬
身体の小さな小型犬は、与えるドッグフードによって、大きく健康状態が変わってきます。

微妙であっても添加物が含まれていたら、悪影響を受けてしまいますし、栄養価が低く摂取量を増やせば、すぐに太ってしまいます。

穀物アレルギーにもなりやすいので、グレインフリーである事も必須条件となります。

このように、小型犬の健康を考えるのであれば、小型犬に最適なドッグフードを選ぶ必用があります。

そしてその時に参考になるのが小型犬ドッグフードおすすめランキング2018の結果です。

上位にランクインしているドッグフードは、どれを選んでも小型犬の健康を維持し、長生きをサポートしてくれるでしょう。