ダイエットドッグフードおすすめランキング2018

ダイエット

ダイエットドッグフードおすすめランキング2018は、太り過ぎてダイエットが必要な犬はもちろん、シニア犬になり、消費カロリーや運動量が減少してしまった犬に対しても、おすすめです。

ドッグフードの給与量を減らしてしまうと、必要な栄養素も摂取出来なくなってしまいます。

なのでダイエット専用のドッグフードを与える事をおすすめします。

ではダイエットドッグフードの選ぶポイントやランキング上位の商品の特徴について紹介します。

ダイエットドッグフードおすすめランキング2018

ダイエットドッグフードおすすめランキング2018の上位5位にランクインした商品の特徴を紹介します。

1位 モグワンドッグフード

モグワンドッグフード
モグワンドッグフードは、新鮮なチキン生肉と生サーモンをブレンドさせて、その動物性たんぱく質の配合は50%以上です。

チキン自体が高たんぱくで低脂肪な肉ですが、肉1種類で配合を50%以上にすると、それでも摂取カロリーが増えてしまいます。

なのでダイエットを意識するなら、肉よりもヘルシーな魚がブレンドされているドッグフードがおすすめです。

そしてダイエットドッグフードとしては、もちろんグレインフリーで穀物は含まれていません。

主原料以外も厳選されたヒューマングレードの野菜やフルーツがたっぷりと含まれて栄養バランスは抜群なドッグフードです。
モグワンドッグフード

2位 カナガンドッグフード

カナガンドッグフード
カナガンドッグフードは、犬が本来必要とする栄養素のみで作られたドッグフードです。

高たんぱくで低脂肪なチキンを主原料に、栄養バランスの取れた原料を使用しています。

もちろん穀物は一切含まれないグレインフリーで、添加物も使用されていないので安全性も高いと言えます。

ダイエットに加えてアレルギーも現代病だと言えます。

カナガンドッグフードならダイエットと同時にアレルギー予防も出来るドッグフードでおすすめです。
カナガンドッグフード

3位 ピッコロドッグフード

ピッコロドッグフード
ピッコロドッグフードは、厳密にはダイエットドッグフードではなく、シニア犬向けのドッグフードです。

シニア犬になると、食欲自体も落ちてしまうので、少量でも必要な栄養素はしっかり摂取出来る栄養バランスを心掛けて作られています。

この少量で必要な栄養素がしっかり摂取出来るという点が、ダイエットにも最適なドッグフードとしておすすめしたいポイントです。

主原料も高たんぱくで低脂肪なチキンと、サーモンのブレンドでその配合は70%もあります。

グレインフリーで炭水化物は抑える事が出来、添加物が含まれていないので、安心して愛犬に与える事が可能です。
ピッコロドッグフード

4位 ネルソンズドッグフード

ネルソンズドッグフード
ダイエットが必要な犬には、ネルソンズドッグフードがおすすめです。

ネルソンズドッグフードは、高たんぱくで低脂肪なドッグフードで主原料は、乾燥チキンとチキンの生肉です。

そして肥満の原因になる穀物は含まれないグレインフリーなドッグフードです。

人工添加物も不使用で、犬の健康維持や元気をサポートし、輝く美しさを手に入れる事が出来るでしょう。

毛並みがパサパサな犬は栄養不足の証拠なので、つややかな毛並みを目指すべきだと言えるでしょう。

毛並みは愛犬の健康のバロメーターです。
ネルソンズドッグフード

5位 ファインペッツドッグフード

ファインペッツドッグフード
ファインペッツドッグフードは、世界最高レベルの品質に拘ったドッグフードです。

主原料は、鹿、鶏、鮭肉などの高たんぱくで低脂肪、低カロリーで、穀物は、一切使用しないグレインフリーの商品です。

肉類原材料割合は80%と非常に高く、アレルギー性の低い肉だけを使用している点も注目ポイントです。

低温で加熱処理するオーブンベイクという方法を用いているので、栄養価が高い状態を維持する事が出来ます。

なのでダイエット専用のドッグフードではありませんが、ダイエット効果も期待する事が出来ます。

ファインペッツドッグフードは世界水準であり、ヒューマングレードな原材料のみを使用し、無添加に拘っています。
ファインペッツドッグフード

ダイエットドッグフードの選び方

主原料が高たんぱくで低脂肪かチェック

ダイエット
ダイエットをする場合、給与量を減らせば確かに体重を減らす事が出来ます。

ですがダイエットをするという事は、肥満による病気のリスクを予防して健康になるために行う行為です。

なのでダイエットをして栄養不足に陥れば、それは健康的な状態とは言えません。

だからこそダイエットにおすすめのドッグフードは、主原料が高たんぱくで低脂肪な動物性たんぱく質が配合されているかどうかが注目ポイントとなります。

動物性たんぱく質でも牛や豚は脂肪が多すぎます。

鶏や鴨、鹿や馬は、高たんぱくで低脂肪なので、健康に必要な栄養素はしっかり維持しつつ、脂肪を減らし体重コントロールをする事が出来るでしょう。

それに高たんぱく質には脂肪燃焼させる働きもあるので、ダイエットには最適だと言えます。

動物性たんぱく質の割合も、出来れば50%以上配合されているドッグフードがおすすめです。

穀物不使用(グレインフリー)が大前提

ダイエット
ダイエット中の愛犬にドッグフードを選ぶ場合は、穀物不使用のグレインフリーである事が大前提だと言えます。

なぜかというと、もともと肉食動物である犬にとって、健康を維持するために、穀物の摂取は必要ありません。

ではなぜドッグフードに配合されているのかというと、原材料としてコストを安く抑える事が出来るためです。

つまりはドッグフードをかさましするために、配合されているのです。

なのでダイエット中は、健康に必要な栄養素を最低限度食べる事が望ましいのに、必要ない穀物を摂取していたら痩せられません。

犬にとっての穀物は、栄養にならず肥満になるだけの原材料だと意識して、特にダイエット中の犬には与えてはいけません。

無添加なのか確認が必要

ダイエット
ダイエット中の犬のために選ぶドッグフードの基準は、主原料が高たんぱくで低脂肪である事と、グレインフリーである事は、必須条件です。

ですがその条件に無添加である事も加えて下さい。

添加物が直接的に太る要因になる訳ではありません。

ですがダイエットをする犬は、肥満になると病気のリスクが高まるために、健康になりたくて、ダイエットをしている訳です。

添加物には健康を損なう成分がたくさん含まれています。

だからこそ、健康志向が高いダイエット中の犬には、無添加のドッグフードを選ぶ事をおすすめします。

せっかく痩せても、添加物が原因で病気になってしまったら、意味がないですよね。

ダイエットドッグフードおすすめランキング2018のまとめ

ダイエット
可愛い愛犬が食事をねだったら、ついつい与えてしまいたくなります。

ですがいくら健康の事を考慮しているドッグフードであっても、給与量が過剰であれば、肥満の原因となってしまいます。

肥満を運動量を増やすだけで、体重コントロールをする事は難しいので、ダイエット中には与えるドッグフードもヘルシーで栄養価が高いドッグフードを選ぶようにして下さい。

愛犬が元気で長生きして欲しいと思うのであれば、肥満は大敵です。今すぐにダイエットドッグフードでダイエットを開始しましょう。