楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

ここ数年で「ふるさと納税」に興味を持った人も多いのではないでしょうか?

ふるさと納税は地方自治体によって、さまざまなお礼の品を用意しています。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

大半は、地域の名産物ですが、ふるさと納税で犬の命を救えるという事を知っていますか?
どういう事なのか紹介していきます。

ふるさと納税の制度について

まず最初にふるさと納税の制度について紹介します。

本来は、ふるさと納税とは、自分が生まれた故郷に寄附をする制度です。

地方は若者の人口が減少し、税制も苦しくなっています。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

そのためふるさと納税によって、自分が生まれた故郷を支援する制度として誕生しました。

ですが必ずしも自分が生まれた故郷でなくても、応援したい好きな自治体に寄附する事が可能です。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

そして寄附された自治体は、お礼として地域の名産品を用意しているところも増えてきています。

確定申告の際にふるさと納税の寄附を申告すれば、所得税や住民税が控除されて、実質負担の2000円のみで名産品を手に入れる事が出来るとして、多くの人がふるさと納税を名産品目当てで利用するようになりました。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

それで気軽に地域貢献をする事が出来、また地方自治体は名産品を知ってもらえる機会が増えるので、双方にとってメリットのある制度だと言えます。

ですがふるさと納税で犬の命が救えるという事は、まだあまり知られていません。

なぜふるさと納税で、犬の命が救えるのか、その理由について紹介します。

ふるさと納税をすると犬の命が救える理由

ふるさと納税と言えば、地方自治体に寄附し、名産品をもらえる制度で、節税効果もあってお得。

そんなイメージを持っている人は多いですが、ふるさと納税で犬の命が救われていると考える人は、そう多くはないはずです。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

しかし飼い主に捨てられた犬や虐待されて飼い主から逃げ出して、飼い主不在の犬を一時的に保護犬として保護しているのは地方自治体です。

そして一時的に保護はしても、保護するにもエサ代やワクチン代などいろいろとお金がかかってしまいます。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

そのため長期間保護し続ける事は難しく、どの地方自治体でも、毎年多くの犬が殺処分されているのが現状です。

ですが多くの犬が殺処分される事に、心を痛めている人は大勢存在しています。

そして殺処分を減らそうという運動も広がり、保護犬を保護するためにふるさと納税が利用されています。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

ふるさと納税で犬の命が救われている事例

 

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう
広島県神石高原町は、以前は保護犬の殺処分件数がなんと全国でワーストに選ばれるぐらい多い地域でした。

ですが殺処分をなくそうという運動が広がり、現在ではなんと殺処分ゼロを実現しています。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

殺処分ゼロにするために、保護施設を開設し、管理する人材を集め、保護犬に新しい飼い主を探す活動を積極的に行っています。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

これらの取り組みに対して、ふるさと納税の寄付金が使用され、命が救われた犬が大勢存在しています。

従来の地方自治体の税金は、何に使用されているのか分からない、そんな状態から、ふるさと納税をする事で、自分達が寄付した税金が何に使用されているのか、興味関心を持つ人が増え増した。

その結果、無駄に税金が使われる事がなくなり、本当に必要なモノのために生きた税金の使われ方が広がっています。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

広島県神石高原町に限定された話ではなく、他にも兵庫県尼崎市では、自治体の税金の使い道を「動物愛護」に利用すると明記したところ、ふるさと納税の寄付金が一気に増えました。

千葉県銚子市のふるさと納税に対するお礼の品は、純オーガニックコットンの犬用のベッドです。

愛知県犬山市のふるさと納税に対するお礼の品は、犬の介護用品セットです。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

このように、犬グッズをお礼の品に選んでいる地方自治体もいくつも存在しているため、愛犬がいる人でふるさと納税で保護犬の支援をしたいという人にオススメです。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

自分達が支払う税金が何に使用されるのか、自分たちで決めたい。

そう思う人が増えてきているからこそ、今後も保護犬の殺処分が少しでも減るように、活動がもっと広がっていく事を願います。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

そして保護犬を保護し、その命を救う事も大切な事ですが、もっと大切な事は保護犬をこれ以上、増やさない事です。

保護犬とは、飼い主に捨てられてしまったり、飼い主からひどい扱いを受けて逃げ出して一時的に保護された犬の事です。

楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

本来ペットとして犬を飼えば、家族の一員として大切に扱い、犬の寿命が尽きるまで飼い続ける責任が飼い主にはあります。

生活習慣や栄養のバランスの取れたドックフードの開発により、犬の寿命も従来よりも長くなり、10年~20年以上生きます。

老犬になると病気にかかったり、自分では上手く歩けなくなり、介護が必要になる事もあるでしょう。楽しみながらふるさと納税をして保護犬の支援も行おう

そうなった時に、病気の治療にお金がかかる、介護の世話は出来ないと捨ててしまうのは、あまりに無責任な行為だと言えます。

最後まで看取る自信がないのであれば、ペットショップで犬を購入する資格はなく、安易に犬を購入出来てしまうペットショップにこそむしろ保護犬の里親制度のように、飼い主としての素質を判断し、トライアル期間を設けるような制度を設けるべきだと言えるでしょう。

そうなって保護犬を作らない活動も今後は必要になっていくはずです。