犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

飼い主である人の視点と、愛犬の視点は大きく異なります。

そのため、愛犬と散歩する時には、愛犬の視点に立って、散歩が安全かどうか考慮しなければいけません。

では愛犬と散歩する時には、どのような点に注意すればいいのか紹介します。

夏の散歩は特に注意が必要

まず散歩をする季節によって、注意点が異なってきますが、1年で最も注意が必要な季節は夏です。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

夏は、人でも気温が暑くて注意をしなければ、熱中症で倒れてしまうリスクがあります。

犬であれば、尚更暑くて危険である事を飼い主が認識しておく必要があります。

例えば夏の昼間のアスファルトは、50~60度以上の温度に達しています。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

当然裸足で散歩する犬にとっては、辛くヤケドをするリスクもあります。

そのため夏の散歩は日射しが強くなる昼間は避けて、早朝か夕方以降にいく習慣をつけましょう。

また夏場は散歩コースを変える事も検討してみましょう。

アスファルトの道路を歩くのは熱いので、地面が土や草の公園や、河川敷などの風通しがよい場所を選んで下さい。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

夏場は散歩に行かないという選択肢もありますが、そうすると今度は運動不足になるリスクが高まります。

特に大型犬や肥満気味の犬の場合は、健康のためには適度な運動が必要となります。

散歩する時間帯や散歩コースに注意して、夏場も愛犬が快適に散歩出来るように心がけましょう。

また暑さ対策として、小まめに水分補給を行って下さい。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

もし体毛が長い種類の犬であれば、夏場はサマーカットをして、すっきりさせる事もオススメです。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

冬の散歩で注意したい事

愛犬との夏の散歩では、注意していても、犬は毛皮を着ているようなものだし、寒さに強いから冬の散歩は特に何も注意していないという飼い主も多いのではないでしょうか?

しかしながら冬の散歩にも注意が必要な事を知り、愛犬のために対策を練ってあげましょう。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

そもそも犬は寒さに強い生き物という認識があるかもしれませんが、それは犬の種類によって異なります。

 

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

マルチーズやシーズー、パピヨン、チワワ、プードルなどペットで人気の犬の多くは寒さに強くありません。

また犬の種類に問わず、子犬や老犬は寒さに弱いため、注意が必要です。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

では冬の散歩では、どのような点に注意するのかというと、温度差です。

人も急に温かいところから、寒いところに出ると、身体に負担がかかってしまいます。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

そしてそれは犬も同じで、急に暖房の効いた室内から、寒い室外に出ると温度差で筋肉や血管、呼吸器に負担がかかってしまいます。

健康のために散歩に出かけるわけですから、身体に負担がかかってしまったら散歩の意味がありません。

なのでウォーミングアップとして、室内でも暖房が効いていない玄関や廊下で、寒さに慣れてから室外へ出るようにして下さい。

散歩の時に愛犬に洋服を着せる事も有効です。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

ただしあくまで温度差対策のために、洋服を着せる訳なので、室内では脱がせる必要があります。

可愛いからとそのまま室内でも洋服を着せていたら、温度差対策として意味がないので注意して下さい。

あと寒い中、いきなり走ると身体に負担がかかります。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

ゆっくり歩いて身体が温まってから走るように、散歩コースを選んで下さい。

また寒い冬は、とにかく空気が乾燥しています。

乾燥した空気だと、肉球や鼻が乾いてしまい、乾燥が進むとひび割れてしまいます。

そのため乾燥した肉球や鼻に潤いを与えるため、保湿クリームを散歩前に塗って乾燥から保護しましょう。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

雨の日の散歩の注意点について

あなたは雨の日も愛犬を散歩に連れていってますか?

雨の日に散歩に行く事は、メリットもありますが、デメリットもあり、行くかどうかの判断か飼い主次第となります。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

ただ犬によっては、排泄は散歩中にするとしつけられているケースでは、雨でも散歩が必須となってしまいます。

なのでしつけの段階で雨の日は、排泄は庭やベランダなど雨に濡れない場所でするようにしつけるのも1つの方法です。

犬にとって雨の日の散歩は、いつもと同じ散歩コースでも、全く違う刺激的な世界となります。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

そのため楽しいですし、散歩で身体を動かす事で運動不足の解消とストレス解消につながります。

やっぱり雨の日の散歩は、飼い主にとっては大変です。

犬が雨や泥で汚れてしまうので、散歩の後に身体を洗う必要があります。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

ですが犬の身体は、定期的に洗い、清潔な状態を保つ必要があるので、雨の日に散歩の後に身体を洗う事をセットにしてもいいですよね。

ちなみに雨の日の散歩の注意点は、肉球へのダメージが大きいので長時間の散歩は避けましょう。

なぜかというと、雨で路面が濡れているので、肉球がふやけてしまいます。

そしてふやけた状態でアスファルトを歩くと、擦り傷や出血をするリスクが高まります。

犬の散歩は天気や気候によって注意点が異なる

なので雨の日の散歩は短く、肉球に負担の少ない散歩コースを選びましょう。

後は散歩の後にも、肉球をキレイに洗い、キズの確認としっかり乾かしてあげて下さい。

愛犬と毎日楽しい散歩にするために

飼い主の視点と犬の視点は大きく異なるからこそ、散歩をする時には愛犬の視点に立って、安全に散歩するためにはどうすればいいのか愛犬のために考えましょう。