ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

普段から、毎日愛犬を散歩させているという飼い主も多いでしょう。

しかし散歩だけでは、運動不足やストレス解消が出来ていない場合があります。

もっと自由に愛犬が走り回る事が出来たり、ボールやフリスビーで飼い主と遊ぶ事が出来る場所として、ドッグランが人気があります。

ではドッグランを利用する際に知っておきたいルールやマナーについて紹介します。

ドッグランはどんな場所?

犬を飼っていなければ、ドッグランに行く機会はありませんから、どういう場所なのかよく知らない。

そんな飼い主も多いのではないでしょうか?

ドッグランは、リードを付けずに、犬が自由に走り回ったり、遊んだり出来る場所です。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

愛犬の足に負担がかからないように、地面は芝生になっていたり、愛犬が逃げ出さないようにゲートが二重になっているため、安心して遊ばせる事が出来ます。

またドッグランには、たくさんの犬が集まる場所なので、犬同士のコミュニケーションの場となっています。

ただしドッグランによっては、小型犬と大型犬とでは、遊ぶスペースが分けられているところもあります。

ドッグランには、木陰で休めるスペースや給水設備も整っているので、犬にとって快適で遊びやすい空間です。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

ドッグランに連れて行ってはいけない犬

ドッグランとは、たくさんの犬が訪れる場所です。

しかしながら、ドッグランに連れていってはいけない犬も存在しています。

まずドッグランの利用規約の中でも入場禁止となっているケースが多いのは、発情期中の犬です。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

発情期中は、攻撃的になったり、他の犬に襲いかかるなど、犬同士のトラブルに発展しやすい状況です。

犬がたくさんいる場所だからこそ、発情期中は連れていってはいけません。

去勢、避妊手術を行っていると、より安全です。

また発情期中ではなくても、攻撃的な犬は存在します。

他の犬に対して、理由なく吠えたり、噛んだりすれば、飼い主は安心して愛犬をドッグランで遊ばせる事が出来ません。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

そのためしっかりしつけて、他の犬に攻撃しなくなってから、ドッグランへ連れていきましょう。

もしくは攻撃的な原因が、室内で飼われていて飼い主が忙しくて散歩にも行けないストレスが原因の可能性もあります。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

その場合は、ドッグランで運動をさせてストレスを解消させる事も、攻撃性をなくすためには必要です。

その場合はドッグランの一部のスペースを貸切する事も可能なので、貸切を検討してみましょう。

病院でワクチンを接種していなかったり、感染する病気の犬はドッグランに連れていってはいけません。

他の犬に病気が感染して、感染した犬が増えると大変な事になってしまいます。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

そのため体調が悪そうな時は控えて、元気な時にドッグランへ連れていきましょう。

ドッグランを利用する際のマナー

ではドッグランを利用する際のマナーについて、いくつか紹介していきます。

まず、自由に遊び回る事が出来るといっても、周囲の犬に迷惑をかけない事が原則となります。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

ドッグランではリードを外す事もあり、「待て・伏せ・おすわり」など基本的なしつけは必要です。

またドッグラン内で排泄行為をしないように、事前に排泄はすませておく事もマナーです。

特に初めてドッグランに訪れた場合、犬も興奮してしまいます。

なのですぐにリードを外すと、興奮状態で他の犬と上手にコミュニケーションを取る事が出来ません。

そのため最初は様子見として、リードを付けた状態で飼い主と一緒に散歩をするように、ドッグランの中を歩きましょう。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

普段と同じ行動をとる事で、犬も落ち着きを取り戻し、初めての環境に徐々に慣れてきます。

慣れた状態を確認してから、リードを外すようにして下さい。

またドッグラン内では、自由に遊び回っていい、自由に行動をしてもいいという訳ではありません。

オモチャを使った遊びや、おやつを与える行為はNG行為とされています。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

なぜかというと、オモチャやおやつを見て、他の犬が興奮し取り合いになり、喧嘩に発展する可能性があるためです。

その他、マナー違反な行為として多いのは、幼い子供を連れてきて、その子供が勝手に他の犬を触ったり、抱き上げたりする事です。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

子供にとっては、犬を可愛がっているつもりであっても、飼い主以外から突然触られる事は犬にとっては、ストレスになってしまいます。

また子供が力任せに抱き上げる事で、犬の身体に負担をかける可能性もあります。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

そもそもドッグランとは、犬を遊ばせるための場所であり、小さな子供が遊ぶための場所ではありません。

幼い子供の甲高いはしゃぎ声は苦手だと感じる犬も多いため、小さい子供をドッグランへ連れて行くのは止めた方がいいでしょう。

あと最近多いのが、写メに撮って、勝手にブログやインスタにアップしてしまう行為です。

自分の犬だけ写っている写真であれば、問題ありませんが、他の犬も一緒に写りこんでいる場合は、勝手に写メをアップしてはいけません。

ドッグランへ連れて行く時のマナーやNG行為

犬は飼い主の所有物に該当するため、断りもなく写真撮影をする事は、法的にもNG行為となります。

写真を撮り、ネットにアップする場合は、その犬の飼い主の了解を事前に撮る必要があるので注意して下さい。