冬の犬の散歩は危険?気を付けたいこととは?

散歩が大好き!という犬にとっては冬でも散歩は必ず連れて行ってほしい習慣です。但しあまりにも気温が低い日や足元が悪い日には気を付けなければいけません。今回は冬の散歩時での注意点をまとめてみました。

冬の犬の散歩は避けるべき?

冬だから散歩を躊躇するのは、どの飼い主さんも同じです。ただ、寒さによって飼い主さんが出不精になってしまうのは、飼い主さん都合です。犬にはそんな感情はありませんで、無下に散歩を取りやめてしまうことで、欲求不満がたまりやすくなります。ここは要注意です。適度な散歩で、気分転換をしながら生活を送る方が、犬にとっても健康的なのです。

ただ、冬が苦手な犬種が居ることを知っておいてください。被毛が短めの犬種は寒さにはとても弱いのです。超小型犬のチワワも皮下脂肪が少ないので、寒さは直接感じます。つまり寒い日の散歩は、見合わせた方が良い犬種に入ってしまうのです。寒さ対策として洋服を着て歩いているのは、そのようなわけがあるからです。

チワワと室内外での遊び方気を付けるポイントも!

2019.03.12

急な気温差は体調を崩すきっかけ

暖房の効いている部屋から外気が冷たい場所に出てしまうと、急激な温度変化に体調がついていかないという場合もあります。特に気管支には負担がかかります。いきなり、寒い場所に出ることは避けて外の寒さに慣れてから散歩に行くようにしてください。もしも外の寒さに慣れない場合には、無理に散歩に連れていく必要はありません。

散歩の時間帯や気候はいつ気を付けるべき?

子犬やシニア犬の場合、冬場の散歩は初めから避けておくという飼い主さんも多くいます。ある程度の年齢で、散歩に慣れている犬の場合には、冬の散歩で体調を崩すことはありません。そもそも、空気が乾燥しているときには犬も呼吸器の病気を発症しやすい状態になります。そこから細菌を呼び込んでしまうので、風邪をひいてしまいます。真冬の気温が一層低い時間帯の散歩は見合わせた方が無難でしょう。

ただ、散歩によってストレス解消や運動不足を回避できる場合には、冬場でも時間帯や対策を練ったうえで散歩に行く方が、犬は幸せな気持ちになります。排泄の時間になっている場合には、毎日決まった時間に散歩に連れ出す必要もあります。冬場で日が高い時間帯を選んでください。それでも、強い風が吹いているときや雪の日は、そこまで散歩を強行する必要はありません。それよりも身の安全を確保するほうが先決です。

冬の散歩の準備

寒さに震えながら行く散歩ほど、苦痛なものがありません。これは人も犬も同じです。そこで寒さ対策は万全に行うようにしてください。寒さがもともと苦手という犬には厚手の洋服を着せてあげるなど、準備は万端に整えてください。犬種にもよりますが小型犬の場合、雪が積もっているところを歩かせるのには危険が伴います。雪を見ると喜ぶような小型犬もいますが、飼い主さんの方でしっかり散歩中は目を離さないようにしてください。

足が短いダックスなどの犬種は体の地面の距離が短いので、冷気をダイレクトに感じてしまいます。これはとても厳しい状況なので雪の日や雨の日には散歩を見合わせる方が安全と判断される飼い主さんも多数います。

ダックスフントの日頃のケア方法やちょっとしたコツ!

2019.03.19

寒さ対策

体温を一定に保つことができない小型犬や中型犬には必ず防寒着を着用させる必要があります。場合によっては散歩用の靴を履いた方が、足元の怪我予防などには効果があります。

準備運動(マッサージ)

散歩に出かける前に手足のマッサージを行うなど血行を促すことで散歩によって体調を崩すことが減りますので、飼い主さんは工夫をしてみてください。被毛が豊かだからとすべての犬種に散歩が適応というわけではありません。いずれの場合でも冬の散歩前にマッサージをするのは良いことです

寒さに慣らす

玄関先で、外気の様子を犬に感じさせてください。その際に震えが止まらない場合や、足を地面につけるのを拒否する場合は、その日の散歩は見合わせた方が良いでしょう。どれだけ寒さに慣れさせようとしても、冬の寒さについていけない犬もいます。寒さに慣れることで、自分からすすんで、散歩に出かけようとする犬もいます。そこは飼い主さんの正しい判断が必要になってきますので、気配りをしてください。

帰宅後はケアをしよう!

冬の散歩から帰宅したら、手足を温めることを忘れないでください。ホットタオルで包んで冷えた足を温めるなど、飼い主さんの方で手厚くケアをしてあげましょう。そうすることで、次も散歩に備えることができます。冬場は散歩に行く前と後のケアが重要になってきます。

まとめ

犬が寒さを感じると筋肉が収縮を起こして震えが止まらなくなります。これが長い時間続くようであれば体調を崩す可能性もあります。無理に散歩に連れ出す必要はないでしょう。また、散歩に行こうと誘っても自分のベッドから動かないような日は、散歩を見合わせる方が安全な場合も多いのです。散歩に行かないことが、犬にとってマイナスに働くとは限りません。その犬の性格や気質、体格などを考えあわせて冬の散歩の有無を決めればよいのです。