犬のにおいを消す方法はある?原因や対策方法

犬を室内で飼育する場合には臭い対策を万全に行う必要があります。それには飼い主さんの、こまめなケアが大切になってきます。基本的に犬に対して行う日常的なケアと、部屋の消臭や掃除が要です。

犬のにおいの原因

犬の臭いは気になるととても鼻につくものです。急な来客に対しても臭い対策は万全にしておきたいものです。ではその犬の臭いの原因についてはどこまで知識を持っていますか?

例えば定期的にシャンプーをしていてもなんとなく臭う?という場合もあります。何度洗っても臭いが取れないという場合には体臭や口臭が原因になっている場合がほとんどです。犬は人間と違う汗腺を持ち合わせています。

エクリン腺、アポクリン腺という汗に関連する場所があります。眠くなると犬が発するパンのような匂いはエクリン腺から発生しているものです。

臭いと感じるよりも、犬の眠さなどを図り知る匂いとして多くの飼い主さんが、認める匂いです。一方で、本当に「臭い」と感じる匂いはアポクリン腺から出ている匂いです。これは皮脂から臭っていることになります。

臭さはどこから?

アポクリン腺から出ている臭いはそこに、雑菌が繁殖するとさらに強い臭いを放つようになります。つまり皮脂の分泌が盛んな犬ほど、臭いと感じやすいわけです。

体臭が強い犬としては例えば、ボストンテリアやシーズーが挙げられます。その理由は皮脂の分泌は他の犬種に比べると盛んなことで雑菌を繁殖しやすいからです。

やがて皮膚病に進んでしまうと要注意です。被毛が蒸れることでますます、臭いが強くなる傾向がありますので、注意が必要です。シャンプーやお手入れをしても臭いはキツイという時には皮膚病を疑った方が良いでしょう。

毛を掻き分けて皮膚の状態を飼い主さんがチェックすることで悪化するまえに受診ができます。スムーズな治療は、犬の悪臭対策の一つの解決法です。

>>ワンちゃんのシャンプーはワンニャンふわっしゅがおすすめ!

口臭

例えば動物病院の待合室に歯周病の犬が居るだけで、その場所は悪臭でいっぱいになります。それほど犬の口臭は不快なものです。同時に犬も歯周病などが深刻化していると、口臭を放ちますので注意をしてあげましょう。

口臭は歯周病だけが原因ではありません。体調に変化があったときには必ず臭うものです。

  • 口の中が不潔になっている
  • 胃腸の具合が芳しくない
  • 食べているものに影響を受けている

まずはこの3つの理由から口臭が強くなります。主に、口腔ケアを怠ることで強い臭いを放ちますので、口臭があるときにはまず、動物病院で口の中をチェックしてもらうことが先決です。

口臭を放置していますと、その病原菌は歯茎を介して内臓疾患にまで進行する場合も多いのです。歯茎の状態が悪い、歯が揺れているという場合には、詳しく診察をしてもらい適切な処置が必要になります。

体臭

基本的に被毛が二重構造になっている短頭種は体臭が強くなる傾向があります。密集して被毛が生えている場合にはどうしても、通気性が悪くなり悪臭のもとになってしまうのです。

そして、パグなどのように、体全体にしわが多い犬種はそこの間に細菌が繁殖してどうしても嫌な臭いの原因を作ってしまうのです。これは犬種の持つ特徴ですので、こまめなケアで対応するほかありません。

体臭が強い原因は?

体臭が強い時に考えられるのは

  • 腸内環境が整っていない
  • 肛門腺の分泌物が溜まっている
  • 耳や口の中が汚れている

まずはこの3つの原因が考えられます。いずれも飼い主さんのケアで改善できるものばかりですので、即座に対応してください。まず、腸内環境の悪い犬は悪玉菌が腸の中で増殖しています。

それによって口臭、体臭が一層強くなっているのです。これは、整腸剤や整腸効果のあるサプリメントなどを常用することで改善することが可能です。また。肛門腺の分泌物が溜まると、とても強い臭いを発します。

これは定期的に肛門絞りをすることで、避けることができますので日々のお手入れ項目の中に入れておくと良いでしょう。犬は肛門に分泌物が溜まりだすと地面に擦り付けるなど、サインを発してくれます。

これを見逃さないようにするか、定期的に肛門絞りをすることで、ケアは万全です。

便臭

臭い便をしている犬は、食べているものがその原因になっていることがほとんどです。どうしても、ドッグフードに含まれている食材が原因となることが多いのが現状です。普段の食生活は便の臭いに直結するのです。

安価なドッグフードには多くの添加物が含まれています。これによって、便の臭いが一層強くなる傾向があるのです。そして質の悪い原材料ほど、便の臭いを強くしてしまいますので要注意です。

犬のにおいの対処方法

犬の臭い対策としては基本的にはシャンプーをしてみることから始めてください。今使っているシャンプーがもしかすると体に合わない場合もあります。

皮膚炎などの心配もある場合には、獣医さんに相談をしたうえで薬用シャンプーなどを処方してもらうと良いでしょう。何度か使い続けるうちに、体臭が収まってくることがほとんどです。

シャンプーができないという場合には体を定期的に拭くだけでも効果がります。特に陰部や細菌が繁殖しやすいので、常に清潔を保てるようにお手入れをしてあげましょう。

肛門などは毎日チェックをして便がついていないかどうかを確かめておく必要があります。

腸内環境の整え方

たんぱく質の過剰摂取は腸内環境を崩すきっかけになります。それによって体臭が強くなるので、腸内環境を整える作用のあるドッグフードに切り替えるなど、飼い主さんの方で調節をしてあげると良いでしょう。

口臭はデンタルケアを

犬のお手入れの中で、特に大切なのが口腔ケアです。これは子犬の時期から下ら口元を触らせる訓練を積んでおかないと、成犬になってから歯磨きを急に覚えるようなことは難しくなります。

一番手っ取り早いのが、歯磨きです。たべたものは3日程度ですぐに歯石になります。これを予防するためにも、歯磨きシートやガーゼを使って愛犬の口の中をきれいにする習慣を心がけてください

どうしても口の中を見せたがらないという場合には、スプレータイプやジェルタイプのデンタルケアペーストなどをフル活用して、何とか口腔環境を整える方向で努力をしてみてください。

体臭

体臭についての対策はシンプルです。とにかく日々のお手入れの中できれいに拭いてあげるなど、飼い主さん次第で体臭は何とか抑えることは可能なのです。

定期的に拭く

ペットショップなどではシャンプータオルという商品が販売されています。ウエットティッシュよりも一回り大きなもので体をそれで拭くと清潔に保てる等商品です。

日々のお手入れの中に利用して常に犬が臭わないように心配りをすることで、効果が上がります。それがない場合には、ホットタオルを作って被毛を蒸して拭き上げる出毛でも効果抜群です。

必ずドライヤーで被毛を乾かしてあげてください。生乾きはかえってまた臭いを発してしまう可能性があるからです。

シャンプー

シャンプーは月に1度は行いたいケアです。その際に、皮膚病の有無を判断してシャンプーを選ぶようにすると良いでしょう。オーガニックや自然素材のもので、優しい香りのシャンプーも販売されています。

上手に利用して、いつも良い匂いで居られるように飼い主さんが配慮してあげてください。

肛門腺から分泌液を絞り出す

飼い主さんが自分で、愛犬の肛門絞りを上手に行える場合には定期的にお手入れの中に入れてあげればよいでしょう。

自分でできない場合には、動物病院で、肛門絞りはしてくれます。無理のない範囲で必ず行っておきたいケアの一つです。これが臭いの原因にもなるからです。

体内環境を整える

体内環境はつまり、食べ物によって左右されるものです。だからこそ、腸内環境を整えることを、常に意識していれば悪臭を放つ原因を一つずつカットすることができます。善玉菌を増やす作用のあるサプリメントなどを準備して、犬の悪臭のもとになる悪玉菌を減らすという方法も一つです。

便臭

便の臭いを抑えるためには食べるドッグフードを改善するほかありません。まずはそこから試してみて、どの程度、便の臭いが軽減するかを確かめてみてください。ドッグフードによっては最初から便の臭い対策を講じているものもあります。

これらを上手に使い分けて愛犬の便臭を抑えてあげましょう。

部屋の犬の臭いを消す方法はある?

犬の臭いが染みついてしまう部屋というのは、決して良いものではありません。定期的に消臭をしてもなお、定期的な掃除や脱臭をしないことには根本的に部屋の臭い対策は万全ではありません。

空気清浄機を常にオンにしておくことや、犬用の臭い消しスプレーを常備して、臭い対策を行うなど、飼い主さん側で行うことがほとんどです。

住んでいる側は気が付かなくても、来客に「臭い」と感じさせてしまうのは、タブーです。そこをよく弁えて犬の臭い対策は常に万全に行うようにしてください。アロマやお香だけではなかなか、染みついた臭いには対応できません。

だからこそ、徹底的に臭いを消すようなタイプの犬用消臭剤に投資して、一旦臭わないような状況にまで持っていく必要があります。

まとめ

犬の臭い対策には、まず犬のお手入れが欠かせません。その中でも体臭を完全に消し去ることは、すぐには難しいでしょう。定期的なシャンプーで軽減していくことや腸内環境を整えるだけでも臭いは激変します。

まずはこまめなケアから始めて、口臭対策や腸内対策を徐々に講じて、臭いのない清潔な犬として一緒に暮らせるレベルにまで引き上げてください。集中的なケアを行うことで、必の臭いや消すことができるのです。

治療が必要な皮膚炎が原因で体臭が強い場合にも、根気よく治療を続けると必ず強い臭いは撃退できます。