犬の遠吠えの原因は?やめさせる方法はあるの?

どんな犬種でも遠吠えをする場合があります。子犬の時期から本能的に遠吠えの方法を知っているものです。室内に飼い主が居ても居なくても、何かに主追いを馳せて、遠吠えをしてしまうタイプの犬がいるのです。今回はこの犬の遠吠えについて考えてみました。

犬が遠吠えする理由は

犬が遠吠えをする瞬間を見たときに、どことなく切ない気持ちになったものです。それは犬が一生懸命に仲間を探しているような声に聞こえたからです。実際に遠吠えをしているときの犬の気持ちは、他の犬に自分の鳴き声が届くようにという気持ちで遠吠えをしているのです。仲間を呼んでいるという解釈でも正しいのです。

急に遠くを見つけて遠吠えを始める犬は、犬にしか聞こえていない声の主に対して、何らかの反応を示しているわけなのです。誰かが自分を呼んでいるという気持ちで、懸命に答えようとする姿が遠吠えなのです。

遠吠えをしている犬の気持ちを考える

例えば母犬から離されて新しい飼い主さんの元にやってきたばかりの子犬は、遠吠えをします。これはひたすら、独りで寂しいという気持ちの表れです。飼い主さんは遠吠えをしているような子犬には、気持ちを察して対応してあげてほしいのです。

これは、しつけというよりもまずは、遠吠えをしている原因を取り除いてあげる方が先です。特に子犬の場合には、遠吠えをしているだけではなく、急に食欲不振になってしまうなど、様々なことが考えられます。飼い主さんのフォローが必要です。

サイレンに反応

大人になってからの遠吠えには、明確な理由があることがほとんどです。例えばサイレンが鳴っているときに、遠吠えするのはサイレンに対して応えているような遠吠えなのです。仲間に危険を知らせるような印象です。これは物理的なことですので、避けようがありません。サイレンが聞こえなくなると遠吠えも必然的に収まるものです。

犬同士のコミュニケーション

犬同士の遠吠えというのも、本能的なものでありなかなか飼い主さんのしつけだけでは収まるものではありません。それよりも遠吠えをしているときの犬の心理状態を探ってあげる方が解決への早道なのではないでしょうか?比較的お留守番が多い犬や、飼い主さんとコミュニケーションが不足している犬の場合には、遠吠えをしやすくなります。

なぜ遠吠えをしているのか?と考えたときに見えて来る答えは、見えない仲間への語り掛けであることが一番多い理由です。寂しい気持ちや不安な気持ちになったときに犬は、遠吠えをするものなのです。ここを飼い主さんが理解をしたうえで、対処するべきです。

不安・寂しさ・飼い主への要求

犬は寂しくなると、遠吠えをする傾向が強いのです。何か普段の生活の中に心配なことがないですか?寂しがり屋なのに留守番の時間が長い場合、どうしてもストレスを感じてしまい遠吠えをしてしまう場合が多いのです。もしかすると、既に分離不安の状態陥っているかもしれません。

分離不安症とは?

飼い主や家族が自分の視野から見えなくなった途端に、平常心で居られなくなる心の病気です。これは極度のストレスを犬に与えていることになります。飼い主さんが自分の傍からいなくなるというストレスは、遠吠えに変わります。そのうち、モノを破壊したり誤飲誤食を繰り返したりするようになります。

これは病的な問題ですので動物病院で相談をしたうえで然るべきお薬を一定時期だけ服用するなど、対処をしてあげてください。お留守番というのも、一つの慣れです。どれだけ留守番を経験しても、慣れないタイプの犬もいます。この場合には、留守番の方法を考え直すなど、手を打つ必要があります。遠吠えをしながら飼い主さんをずっと待つというのは、心理的に追い込まれた状態です。犬の健康を考え併せても決して良いことではありません。まずは遠吠えの原因が何かを考えて、どこに特化した治療や対処を試みてください。

ストレス発散のため

犬は自分のストレスを察知した時に遠吠えという方法で発散させるときがあります。何か不安を感じているときや、ストレスが溜まるような状況に置かれたときに、遠吠えをして自分の気持ちを開放しているのです。このような場合には、遠吠えを数回した後には、ケロッとして普通の生活をしているはずです。

飼い主さんとしては、愛犬の心の機微を読み取れる間柄で居てあげてほしのです。なんとなくストレスが溜まっていると感じた場合には、時間を作って少し遠保にまで散歩にでかけてみるなど、非日常を犬にも味合わせてあげてください。そうすることで、刺激になり遠吠えでストレス発散をするようなことが減る場合もあります。

認知症

老犬になってしまうと認知症の症状から遠吠えが増えてしまいます。認知力が極端に下がってしまうことで、自分の置かれている立場などがわからなくなるのです。当然感情のコントロールもうまくできなくなるので、遠吠えをしてしまう場合が多くなります。

それが夜間の場合には近所迷惑になる場合も多いので、早い段階で、動物病院で相談をしておいてください。心の安定を図るような投薬などで、対処してくれます。日中の留守番についても老犬になり認知症の症状が強くなってきた場合には、動物病院にデイサービスなどを上手に利用するなど、飼い主さんの方で対処してあげましょう。

犬が遠吠えをやめさせる方法

遠吠えと無駄吠えとは少し意味が違います。遠吠えの場合の方が心理的に根深いところに原因があるわけです。これは飼い主さんが努力をして、普段よりもス犬に対してかける時間を増やすなどして、即座に対応してあげてください。犬はそんな飼い主さんの気持ちの切り替えには、敏感に反応するものです。きちんとお世話をして声をかけて撫でてあげることで、安心感を得て遠吠えが減ることが一番の目標です。

要求の場合は無視する

遠吠えをすると飼い主さんが自分の言いなりになる!という勘違いを起こしている犬に対しては、無視をするほかありません。あまり強く叱責をしてしまうと、いじけてしまう場合も多いからです。それよりも飼い主さんの方で心理的医になにか問題を抱えて遠吠えをしているのか?甘えなのか?飼い主側に改善の余地はないのか?を冷静に考える時間が必要です。

スキンシップを増やす

あまりにも遠吠えが多くなってきた場合には、マッサージやブラッシングという方法を使って犬に触れる時間を今よりも増やしてあげましょう。そうすることで、飼い主さんが自分の方を向いてくれていると感じるようになります。好き満足感が不安をかき消し、遠吠えを無くすことになります。まずは意識的にスキンシップを増やして、飼い主さんの気持ちを愛犬に伝えてみてください。

声かけやおもちゃで気をそらす

何か目新しいおもちゃを導入して、退屈しのぎを考えてみてください。気分が変わると遠吠えも減る可能性が高いのです。その犬に合ったおもちぇを探して普段遊んでいるものと差し替えてみるなど、いろいろと試してみてください。きっと何か一つでも気に入ったおもちゃがあると、犬の気分も変わるものです。

まとめ

犬の遠吠えには意味があります。そのほとんどが甘えやわがままという簡単な理由ではないことを、飼い主さんが予めしっておくことで対処の仕方も、接し方も変わります。犬の気持ちに敏感な飼い主さんでありたいものです。