犬に与えてはいけない食べ物|意外な食材も!!

食欲旺盛な犬は、飼い主さんが食べているものを何でも欲しがるものです。それは食への興味という意味では良いのですが、中には危険を伴う食材もあるので注意が必要です。犬が動物病院に行く原因となる理由の中には誤食や誤飲が多いのです。これはどの犬にとっての危険なことであり、飼い主さんの、注意一つで回避できる場合も多いのです。人間が食べているものだから完全に安全か?と言えばそうでもないのです。人間にとっては栄養素が高い食材でも、犬には毒性に代わる場合もあるのです。飼い主さんは、食べ物に対して正しい知識を持ち合わせておいてください。

犬に与えてはいけない危険な食材【野菜類】

旬の野菜ならば、どんな種類でも犬に与えての大丈夫?という素朴な疑問を持つ飼い主さんも多いのですが実際には、与えてはいけないダメな野菜も多いのです。例えば人間が食べているサラダの中の食材をすべて犬にも与えられるかどうか?と考えたときに、よく中身を吟味する必要があるわけです。最近は「オニオンスライスサラダ」なども美味しく食べられるようになりました。ただここで注意をしなければいけないのは、例えば、玉ねぎは犬にとっては毒性の高い食材だということです。

たまねぎ・ニラ・にんにくなどのネギ類

人間にとっては食のアクセントにもなるネギ類は、犬にとっては危険な食材なのです。最初に覚えておいて頂きたいのは、「ネギ類」の危険性です。少量でも食べてはいけない野菜として、飼い主さんの中では覚えておいてください。ではその理由についても知っておいてください。

ネギ類は犬にとっては中毒症状を起こしやすい食材なのです。ネギ類の中には必ず含まれている「アリルプロピルジスルファイド」という成分が含まれています。実はこの成分には犬の赤血球を破壊する作用があるのです。人間には何ら些少しないこの成分も、犬にはこれらを解毒するだけの酵素が備わっていないために、中毒症状を起こしやすくなるのです。少量でもダメなのか?という疑問Wの持つ場合もありますが、基本的にどれだけの摂取であれば安全というガイドラインが存在しません。だからこそ、危険な野菜類としてあらかじめ排除しておく方が安全なのです。

アボカド

アボカドは一見、健康面に被害を及ぼすような毒性を感じさせない野菜です。それでも、基本的にはアボカドは犬への毒性が高い野菜です。品種によっては大丈夫な場合という説もありますが日本国内で販売されているアボカドに対しては注意をしておいてください。アレルギーを引き起こす可能性に加えて少量を食べただけでも昏睡状態に陥るなど急激な症状が現れやすい野菜だからです。

キノコ

キノコ類にはカリウムが多く含まれているという点で手作りご飯の食材に良いのでは?というイメージがあります。実はキノコと言っても様々な種類のものがあります。すべてに毒性があるということではなく食べ過ぎると下痢を起こす可能性があるという点で注意が必要なのです。

食べても安心なキノコはしめじ、マイタケ、しいたけ、なめこ、マッシュルームですが、適量というよりもほんの少量だけを与えるようにしておく方が安全です。多量に与えると極度の下痢になってしまう場合が多いからです。小型犬やお腹が普段から弱い犬にはキノコ類は避けておいた方が安全という声もあります。飼い主さんの方で手作りご飯を作っている場合には、量の選択が難しい野菜でもあります。迷った場合には、一切食べさせないという方法もあります。迷いながら量を与えることだけは危険ですので避けてください。

犬に与えてはいけない危険な食材【果物類】

人間にとってはデザート的な意味合いもある果物は、一緒に食べさせても大丈夫なのでは?とついつい思ってしまうほどです。香りがよくおいしい果物であっても、犬には毒になることもあるのです。ここで注意をして抱きたいのは、果物の場合、飼い主さんが犬のいる場所で食べることも多いことです。まず、危険とされている果物は買わない!という覚悟が必要です。その香りに誘われて欲しがる場合も多いからです。

ぶどう・レーズン

果物の中では特に危険度が高いのがブドウやレーズン類です。これは絶対に避けておいてください。犬のいる家庭にはブドウ類は縁遠いというのが当たり前の常識です。誤って食べてしまうと腎不全を起こし最悪の場合には、命を落とします。ブドウ類は絶対に食卓に乗せないことが鉄則です。ブドウには強い酸味がないので犬にとっては食べやすい種類の触感、味なのです。必ず欲しがりますので、ブドウ類は犬の視野に入れない!程度の徹底ぶりが功を奏します。

さくらんぼ

さくらんぼは優しい味がします。いくらでも喜んで食べそうな感じなのですが実は種部分に毒性があるのです。人間のように種だけを残して食べるような食べ方をできる犬はいません。そのまま飲み込んでしまうのが大抵の場合です。そして、もう一点、サクランボで注意をしなければいけないのは、サクランボの成分の中に入っている「糖アルコール」です。そして「ソルビトール」という成分も糖分の過剰摂取に繋がってしまうのです。さくらんぼは旬の果物ですが、犬には避けておいた方が無難な種類の果物であることを飼い主さんがしっておいてください。

犬に与えてはいけない危険な食材【ナッツ類】

一概にナッツ類と言っても、種類が豊富にあります。犬にとっては安全なナッツ類と危険なナッツとがあります。飼い主さんの方で選別をするというのも物理定期に大変な作業です。そこで判断としては与えない方が安全と言わざるを得ません。

マカダミアナッツ

マカデミアナッツには中毒症状を起こす成分が含まれていることを知っておいてください。また腸で溶けない性質上、詰まってしまうという可能性もあります。丸のみをするような癖のある犬は特に危険です。中毒症状としては嘔吐やけいれんなどが起きます。危険性の高いものですので、与えないようにしましょう。飼い主さんが大好物であるという場合も多いので、くれぐれもリビングなどに食べ残さないように、掃除を徹底しておいてください。

クルミ

クルミにはオメガ3やオメガ6という高い栄養素が含まれています。飼い主さんとしては健康維持のために少しくらいは食べさせても良いのでは?という気持ちになりますが実は消化が悪い食材なのです。栄養価の高さだけではとても良いものですが。消化の悪さや内臓へ負担の大きさを考えたときに、避けておいた方が良い食材という判断に至ります。特に、クルミに含まれている「リン」成分は尿結石の要因にもなりやすいので要注意です。

犬に与えてはいけない危険な食材【おかし類】

飼い主さんが食べる可能性が高いお菓子類にも危険がたくさん潜んでいます。犬を病気以外のことで病院に運ぶようなことがないように、危険防止には徹底的に留意をしておいてください。

チョコレート

野菜の中で危険と言われている「玉ねぎ」と並ぶほどに危険性の高いお菓子類が「チョコレート」です。その理由はチョコレートの中に含まれエイルカフェイン同様の作用を示す「テオブロミン」という成分に危険性があるからです。チョコレートを食べることで犬は中枢神経を刺激されてしまいます。けいれんや嘔吐などの中毒症状が起きる可能性も高く、少量でも口に入れると中毒症状が起きてしまうのです。

少量食べただけでは中毒症状にはならないという説もあります。ただ、1キロ当たり100mgで中毒が起きてそれ以上を食べると致死量に達すると言われているような危険なチョコレートです。これは避けておくことが、飼い主さんにとっても愛犬にも、安全なのではないでしょうか?

キシリトール

ガムなどに含まれる成分ですが、犬には毒性の強い成分になります。犬がキシリトールを誤って食べた場合には、まず嘔吐が始まります。それによって膵臓がインシュリンを放出することになります。結果的に血液中の糖分が取り込まれてしまい低血糖に陥るというわけです。キシリトールを誤食することでの犬の死亡例も多く報告されています。

生のパン生地

手作りでパンを作っている飼い主さんに注意です。例えば生のパン生地や発行中のものにはかなりの危険性があることをご存じでしょうか?製造過程の生のパン生地を犬が食べた場合には、消化器官で発酵するという異常事態がおきてしまうわけです。胃拡張や胃捻転を起こす場合も考えられますので、絶対に与えないでください。もしも誤食した場合にはすぐに動物病院に連絡をしてください。

犬に与えてはいけない危険な食材【魚貝類】

魚類と貝類とは扱いが違います。また消化がしづらいという点でも犬には食べさせない方が安全という場合も多いのです。

煮干し・かつお節

人間の食材としては栄養満点なのですが犬にとっては危険性があります。その理由はマグネシウムを多量に含んでいる食品だからということです。腎臓に負担を与えて、泌尿器系の病気にかかりやすくなる可能性が高いのです。

タコ・イカ・エビなどの甲殻類

犬にとっては消化しづらい食材が甲殻類です。そのまま丸のみをしてしまい未消化のまま便に出ることが多いので注意が必要です。それによって消化不良を起こすこともあるのです。そして含まれる酵素にも問題があるのです。犬の体内のビタミンB1を壊してしまう可能性がある「チアミナーゼ」が問題になるのです。甲殻類を食べることでビタミンB1欠乏症にならないように注意を払いたいものです。

スルメ

スルメのような乾物を飲み込んだ犬の胃腸には危険が生じます。胃袋で大きく膨張してしまうと胃を何とか通過しても、他の消化器官を通過できない場合が多い危険な食材です。消化不良になってしまうと胃腸が閉塞してしまうことで危険が及ぶのです。最初から与えない方が絶対に安全です。

ししゃも

ししゃもは塩分の過剰摂取が心配な食品です。基本的にししゃものような塩干ものは避けておいた方が無難です。毒性がなくても塩分が多量に含まれている場合が多いので注意が必要です。

犬に与えてはいけない危険な食材【その他】

多くの食材が犬には危険を及ぼします。飼い主さんが意図しない状況でも、勝手に食べてしまうことがないように誤飲、誤食には注意をしておいてください。

コーヒーなどのカフェイン類

犬が間違ってコーヒーなどを舐めた場合には、カフェインの副作用が出ます。呼吸が急に早くなり落ち着きがなくなります。そして震えやけいれんが起き最悪も場合には不整脈まで出てしまうのです。

キャットフード

犬の猫とでは味覚が違います。必要な栄養素も量も違っていますのでキャットフードを犬に与えることは、理論上でも間違ったことなのです。犬よりも味覚が劣る猫のために匂いに特化して作られている関係上、カロリーも高めに設定されています。塩分も脂質、たんぱく質も多いので接種を続けることで体の不具合が必ず発生してしまいます。そのような理由から、キャットフードは犬には与えないようにしてほしいのです。

危険な食材を与えてしまった時の対処

まずは動物病院に直接相談をして、緊急性の高い場合にはすぐに搬送をして吐かせてもらうなどの処置が必要になります。飼い主さんの方で勝手な判断をするのは、かえって危険です。そこを留意してください。

まとめ

人間の犬とでは消化器官が違っています。そこを理解したうえで、安全な食材を与える必要があります。飼い主さんは危険の多い食材を避けるようにしてください。これは飼い主として当たり前の常識なのです。