犬のしつけで叩いちゃいけない理由をわかりやすく解説!

しつけ

犬のしつけで手を焼いている方は少なくないでしょう。

ちゃんと言うことを聞いてくれない、何度やっても守ってくれない、とお悩みの方もいらっしゃると思います。

犬のしつけは根気が重要ですが、つい叩いてしまった経験はありませんか?

叩くことがしつけ、と考えている方もいますが、実際は様々なデメリットを伴います。

しつけで叩く人は意外に多い?

しつけ
犬をしつける方法は様々ありますが、特に多いのが叩くことではないでしょうか。

ちゃんと教えても守れなかった時、頭を叩いてしまう方も多いと思います。

叩いてしまうしつけが一番手軽に考えられるのが原因かもしれません。

トイレが上手くできなくて叩く人は多い

しつけ
室内で犬を飼っている場合、トイレトレーニングは欠かせないと言えます。

しかし、何度トレーニングしてもトイレが上手くできず、思わず叩いてしまう方は多いと思われます。

叩くことでしつけができる、覚えてくれると感じてしまうのではないでしょうか。

しつけても部屋を汚して叩く人も

しつけ
また、留守の間に犬が部屋を汚してしまったり、めちゃくちゃにしてしまうことも珍しくはありません。

このような時はしつけが欠かせませんが、叩くことが一番、と思ってしまうのではないでしょうか?

確かに叩くことで犬が覚えてくれる可能性もありますが、必ずしもこれが良いとは限らないのです。

しつけで叩くメリットはない

しつけ
叩いて犬をしつける手段は広く知られている方法でもあり、しつけの本に書いてあることもあります。

叩くことで犬が言うことを聞いてくれたり、飼い主の行動に目が行ったりする点がメリットですが、それ以外に何の利点もありません。

逆に叩くことが犬に様々なリスクを与える可能性が高く、デメリットのほうが大きいのです。犬が言うことを聞かない時や、いたずらをした時は叩けば良い、と考える方も少なくはありませんが、それが良いこととは言えません。

叩いてしつけることのデメリットは、犬にとって恐怖の対象となりストレスを与えることや、怪我をさせることなどがあります。

確かに叩くことも時には必要ですが、いつでも叩けば良いとは言えず、タイミングも考慮する必要があるでしょう。

犬にとってストレスになることがある

しつけ
特に大きなデメリットとも言えるのが、犬にとって叩かれることがストレスになる点でしょう。

基本的に犬は人の言葉を喋ることができませんし、言葉を完全に理解することもできません。

そのため、なぜ叩かれるのかと犬が感じてしまい、ストレスになる可能性もあるのです。

犬が叩かれることや、飼い主に対してストレスを感じるようになると、余計言うことを聞かなくなってしまいます。

ストレスが溜まって病気になるリスクもありますし、心に傷を負ってしまう可能性もあります。

むやみに叩いてしつけることが絶対に良いとは言えないでしょう。

叩くと怪我をさせることも

しつけ
また、叩く強さにも注意しなくてはいけません。

特に小型犬や成長過程にある子犬の場合、叩くことで怪我をさせてしまうリスクがあります。

叩いた拍子に骨が折れたり、体のどこかを怪我してしまう可能性は否定できません。

最も注意すべき点とも言えるでしょう。

中型・大型犬であればさほど影響は無いとも考えられますが、飼い主に不信感を抱かせてしまいます。

しかし、中型犬や大型犬でも老齢期の場合、怪我をする可能性は十分にあるでしょう。

犬が怖がるリスクも…

しつけ
しつけで叩くことを繰り返すと、犬が飼い主に恐怖を抱いてしまう場合もあります。

意識せず叩いてしまう方もいらっしゃると思いますが、それがどんどん犬にとってのストレスとなり、怖がってしまうことも無いとは言えません。

もし犬が飼い主を怖がってしまうと、余計に言うことを聞かなくなってしまうでしょう。近づいても怯えてしまったり、威嚇して吠えてくる可能性すらあります。

犬は撫でられることで飼い主とのスキンシップを行う動物です。

しかし、叩くしつけを繰り返せば、撫でられることに対しても恐怖を感じてしまうでしょう。

逆効果になる可能性もある

しつけ
犬が叩かれることに慣れてしまうと逆効果となる場合もあります。

飼い主に反感を抱いてしまい、更に反抗したり言うことを聞かなくなることもあるのです。

叩いた反動で噛みつかれる危険も否定できません。

人間不信になってしまうことも無いとは言えないでしょう。

飼い主だけでなく、他の人にも吠えたり噛み付いたりするおそれもあります。

しつけどころではなくなり、犬に触れることすら難しくなるおそれもあります。

叩くタイミングは非常に難しい

しつけ
しつけで叩くとは言っても、どのタイミングで叩くのかも難しいでしょう。

叩くことが癖になっている飼い主もいらっしゃると思いますが、本来なら必要なときにのみ叩かなければいけません。

必要以上に叩いてしまうと、犬がストレスを感じるなど、前述のようなデメリットが大きくなります。

もちろん犬の行動によっては叩く必要がありますが、いつ叩くのかは普段からしっかり考えておきましょう。

むやみに叩いてしまうのはいけません。犬を怖がらせたり怪我をさせたりするリスクがあるためです。

叩くしつけは余程の時のみにしておきましょう。

叩かず褒めるしつけを

しつけ
犬をしつけるための基本は褒めることです。

叩くことは極力封印し、粘り強くしつけていきましょう。特に犬のしつけは根気が求められますので、すぐに叩く癖のある方は注意が必要です。

例えばトイレトレーニングをする時でも、叩くことはいったん封印しましょう。

ちゃんとトイレができたら褒め、もしできなかったら粘り強くしつけることが重要です。

トイレができないからと言ってすぐ叩くのは絶対に止めましょう。

これは他のことをしつける時も同じです。

ちゃんとできた時は頭を撫でるなどして褒め、時間を掛けてじっくりと取り組んでいきましょう。

しつけの方法を考えよう

しつけ
犬にどのようなしつけを行うかは飼い主次第ですが、一度方法を考えてみると良いでしょう。

本当にこれで良いのか、正しいのかを考え、犬と向き合うことが大切です。

もし自分だけではしつけが難しいと感じた時は、獣医や犬のトレーナーに相談してみるのもおすすめです。