犬嫌いになってしまった犬を克服させるには

保護犬

犬が犬嫌いというと、どういう事?と不思議に思う人もいるかもしれません。

ですが室内犬として育てられ、散歩などでも他の犬と接する機会が少ないと、犬慣れしていないため、自分より大きな犬を怖がったり、犬嫌いになってしまう犬もいます。

でも犬が犬嫌いなんて状況は、悲しいですよね。
そのため犬嫌いになる理由をキチンと把握し、犬嫌いを克服する方法について紹介します。

犬が犬嫌いになる理由について

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
例えば、猫が犬を怖がるのは、本能的な行動ですから、理解出来ます。
ですが同種である犬が犬嫌いになるのはなんで?と不思議に思う飼い主もいるでしょう。
犬が犬嫌いになってしまうのは、いくつか理由が考えられます。

まず犬嫌いになってしまう理由は「社会化が出来ていない」からです。
人間社会だって、赤ちゃんのうちは母親以外の相手に対して、人見知りをして泣き出す事があります。

ですが成長し、会話が出来るようになるとコミュニケーションを取れるようになる事で、人見知りは徐々に改善されていきます。保育園や幼稚園で自分と同じ年の子と触れ合う機会が増えると、自然に人見知りが直るというケースも多いでしょう。これも社会化の一種だと言えます。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
犬にも社会化は存在します。
ですが犬の場合は、子犬で室内犬として育てられた場合、散歩もせず他の犬と接する機会が全くない状況が続くと、社会化のチャンスがないまま成長してしまいます。

そのため、他の犬とどのようにコミュニケーションを取ったらいいのか分かりません。
本来子犬は生後12~14週の間は好奇心が強い時期です。

この時期にいろんなところへ連れていき、いろんな人や犬と接する事で家族以外の人や犬も自分を攻撃しないという事を学習します。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
ですがこの時期に家の中だけで育ってしまうと、外や人や犬など全ての対象に対して怖がる臆病で神経質な性格に育ってしまいます。

理想は12~14週ぐらいまでは、母親や兄弟と引き離さずに、一緒に育てられる事です。
そうすると自然と母親や兄弟との間でコミュニケーションの仕方を学ぶため、犬嫌いになる事はありません。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
ですが早い時期に引き取られ、子犬一匹で育てられると、コミュニケーションの仕方を学ぶ機会が得られません。なので、子犬を引き取る場合でも、生まれてすぐに引き取るのではなく、12~14週経過してから、引き取る事をオススメします。

その方が母親や兄弟からコミュニケーション以外にもやったらダメな事なども習得するので、しつけも楽になるというメリットもあります。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
犬嫌いな犬の中には、トラウマを持っているケースもあります。

例えば大型犬に吠えられた、噛まれたなどの経験があると、他の犬は怖い存在だとインプットされてしまいます。この場合、他の犬に対して苦手意識が強いため、犬嫌いを克服させる事は難しくなります。

犬嫌いは直さないとダメ?

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
室内犬として育てていて、飼い主とは良好な関係を築いているという場合、無理に犬嫌いを直す必要はあるのでしょうか?犬嫌いで怖がっているのに、他の犬と無理に接触させる事は可哀想。

そんなふうに飼い主は思ってしまうかもしれません。

ですが犬嫌いのまま成長すると、日常生活の中で問題が生じてしまいます。
どのような問題かというと、ストレスが溜まります。犬嫌いの犬は、自分以外の犬は怖い存在です。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
ですが散歩をする中で、全く他の犬と出会わない状況を確保する事も難しいですよね。
そして他の犬とすれ違うたびに、ビクビクと怯えて警戒していたら、精神的な負担となってしまいます。

そして散歩自体を怖がるようになり、散歩をしなくなると、運動不足で健康を損なう可能性があります。

健康で長生きするためには、散歩で体を動かす事は重要ですし、精神的にもストレスを溜めこまない方が健全です。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
それに犬嫌いでビクビクと他の犬から逃げる犬もいれば、逆に怖いからこそ他の犬を威嚇して、攻撃的になる犬もいます。散歩中に他の犬が横を通り過ぎただけで、過敏に反応し吠えたり、噛みつくなどの行動に出たらもっと大きな問題になってしまいます。

またその威嚇行動が原因で、他の犬もトラウマになり、犬嫌いの犬を増やす事になってしまうかもしれません。飼い主から愛情を受けているといっても、人と犬とでは分かりあえない部分も多いですよね。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
ですが犬同士であれば、もっと分かりあう事が出来るはずです。
そのため、犬嫌いで他の犬とコミュニケーションが取れない犬は、孤独を抱える事になってしまいます。

もっと元気に他の犬と楽しくコミュニケーションを取れた方が、飼い主だって安心出来ますよね。なので犬嫌いな犬が克服するためには、一体どうすればいいのでしょうか?

犬嫌いを克服する方法について

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
犬嫌いを克服させるには、他の犬と接する機会を増やして、少しづつ慣れされるしかありません。ですが慣れされる過程で、周囲の人に迷惑をかけないように、飼い主の指示に愛犬が従うしつけを覚えさせる事が先決だと言えます。

まず愛犬とアイコンタクトが取れる状況にしておきましょう。
そして名前を呼ぶと、飼い主の元に帰ってくるようにしつけておきます。
犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
そうすれば、もし他の犬に威嚇し吠えたり、噛みつこうとした場合も、アイコンタクトと名前を呼ぶ事で、愛犬の威嚇行動を抑える事が出来るようになり、被害を最小限で食い止める事が出来ます。

同じくしつけでは「おすわり」と「まて」も覚えさせましょう。
「おすわり」も「まて」もどちらも我慢を強いる行為です。

我慢する事を覚えさせて、嫌な状況であっても、逃げ出さない忍耐力を身に着けなければ、他の犬に慣れる機会を作る事が出来ないからです。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
ただし、犬嫌いを克服させようと、愛犬に無理をさせてはいけません。
荒治療として、同じゲージに他の犬と一緒に入れるなど、逃げ場がない状況に置かれてしまうと、ストレスや恐怖心から、ますます苦手意識が強まってしまう可能性があるからです。

そのため焦らずに、徐々に慣れさせていく事がポイントだと言えます。
なので最初は、認識できる距離でありながら、反応はしない距離まで近づけます。
そして慣れてきたら、徐々に距離感を詰めていきます。

犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
いきなりドッグランのようにたくさんの犬がいる場所では、警戒心が高まります。自分のテリトリーである、自宅の庭や自室などで他の犬と遊ばせてみましょう。

ですがリードは外さず、引きずらせた状態で、何かあったらすぐに止めに入る事が出来る距離で見守って下さい。

相手に選ぶ犬は、どちらも犬嫌いを克服したい犬同士を選んではいけません。相手は大人しく友好的な犬を選びましょう。
犬嫌いになってしまった犬を克服させるには
距離をとって散歩をさせて一緒に歩かせる、同じ空間で遊ばせるなど、徐々に他の犬の存在に慣れさせる事で、犬嫌いは克服する事が出来るはずです。

ただしトラウマを抱えた犬などは、どうしてもなかなか犬嫌いが克服できない場合があります。その場合はプロに訓練をしてもらうなど、専門家に依頼する事も考えてみて下さい。