去勢手術について知っておくべき点

去勢手術について知っておくべき点

オス犬を飼い始めたなら去勢のことを考える必要もあります。

メス犬相手に勝手に交配をしなくなるので望まない繁殖がなくなるという点も挙げられますが、その他にもたくさんのメリットがあります。

そのため近年では去勢手術を薦める獣医師やブリーダーが増えている現状もあります。
ここでは去勢手術のメリットからその方法、そして注意事項などいろいろな点からみていきたいと思います。

去勢手術をするひとつ目のタイミング

まず、去勢手術のメリットについてみるのと同時に実施のタイミングを考えてみましょう。
というのも、手術のタイミングにはいくつかあるのですが、それに伴うメリットも存在するからです。

一般的に去勢手術は生殖能力が生じる前とされています。

オス犬の場合は生後6か月から1年以内がその時期にあたるので、この半年間に行なうのがベストといわれています。

去勢手術について知っておくべき点
よく「犬に盛りがついた」という言い方を耳にしますが、これはオス犬がメス犬の出すフェロモンに気付いて発情している状態を指しています。

メス犬のヒートがオス発情させる原因です。ヒートとはを一度チェックしてみてください。ヒートのメカニズムなどをわかりやすく説明しているので、愛犬の為にも一度チェックしてみてください。

つまりオス犬が勝手に発情しているのではなくメス犬のフェロモンに誘われているわけですから、フェロモンを出すメス犬の存在に気が付かなければ発情はしないということになるのです。

去勢手術をすればメス犬のフェロモンに悩まされることはなくなりますからストレスも減少します。
犬が問題行動を起こす原因には、こういった生殖に係わるものも少なくなのです。

また、犬が散歩中に交通事故に遭ったり怪我をしたりすることもありますが、それらの原因としてやはりメス犬のフェロモンが多くを占めます。

去勢手術について知っておくべき点
散歩の途中にメス犬のフェロモンを嗅ぎつけて飼い主を振り切ってメス犬へと駆け付けようとしたため、周りが見えなくなりに事故に遭ってしまうのです。

これは本能がなせることなので抑制したりしつけたりすることははっきり言って難しいといえます。
去勢手術を受ければ、こういった事態になることもありません。

足を上げておしっこをするようになる前がもうひとつのタイミング

去勢手術のタイミングとして挙げられるもうひとつは、足を上げておしっこをするようになる前です。
足を上げておしっこをするようになるのは本能にある縄張り意識からです。

メス犬が足を上げないのは身体的特徴も理由ですが、子犬がそうなのはまだ縄張り意識を持っていないからです。去勢手術をすることで特に室内で飼う場合のトイレの失敗を減らすことができるでしょう。

去勢手術について知っておくべき点
トイレでおしっこをした場合でもあちこちに尿が飛び散りがちですがその心配が少なくなりますし、トイレのしつけができていても足を上げて少しだけおしっこをするマーキングをしなくなる可能性があります。

去勢手術をするのであれば、これらのいずれかのタイミングで行なうといいでしょう。
いずれにせよおおむね1歳までに手術を行なうのがベストなタイミングです。

ただし、あまり早すぎると骨や関節に悪い影響が出ることもあるので、事前に獣医師ときちんと相談することをおすすめします。

去勢手術で病気を予防する

そして手術には、さらにいくつかのメリットがあるのですが、その最も重要なのがたとえば前立腺肥大や肛門周囲腺腫といった疾患の予防ができるという点です。

これらは悪性のガンになる傾向がある恐ろしい病気ですし、また睾丸腫瘍や会陰ヘルニアの予防にもつながります。

去勢手術について知っておくべき点
去勢手術をしたから100パーセントこういった病気にならないというわけではありませんし、手術をしなければ必ず掛かるということもありません。

ただ、こういった病気は高齢の犬がなりやすく、年老いてからの手術は身体への負担が大きいために避ける傾向も見られ、そうなると病気の進行を黙ってみているほかないこととなってしまいます。

若い犬のうちに去勢手術を行なうことで、将来病気になるリスクを減らすことができるというわけです。

去勢手術の方法

去勢手術は、開腹して卵巣を摘出したり卵巣と子宮の両方を摘出するメス犬の避妊手術に比べると簡単で時間も掛からず20分程度とみておけばいいでしょう。

メス犬の避妊手術は避妊手術とはでは、避妊手術のメリット・デメリットや手術時間などをわかりやすく説明しているので、チェックしてみてください。

去勢手術について知っておくべき点
手術の方法は精巣と精巣上体が納まった睾丸を摘出するのですが、その際に陰嚢の近くの1カ所を1~1.5センチくらい切開し、そこから睾丸を2つとも取り出します。

さほど難しい手術ではありませんが、全身麻酔を使用するので、こういった手術になれた獣医師に依頼するほうがいいでしょう。

手術の費用はどれくらい?

実際に去勢手術をするとなると、気になる点のひとつが手術に掛かる費用でしょう。

金額は犬の大きさ、つまり小型犬、中型犬、大型犬によって異なりますし、入院日数でも違います。
一般的にメス犬の避妊手術よりも去勢手術のほうが安くなります。

去勢手術について知っておくべき点
目安として15キロ未満の犬で15,000円~20,000円程度と考えればいいかと思いますが、病院によって手術方法が異なるためにかなり差が出る場合もあります。

手術の際に行なう「術中点滴」や「術前検査」「注射麻酔による気管挿管」「術前検査と術後点滴によるバランス麻酔」「気管挿管による吸入麻酔の維持」などの実施内容によって金額が変わるのです。どんな内容で手術が行われるかをしっかり確認しましょう。

「術前検査」の中で血液検査はまれに血友病という血液の疾患を患っている犬がいるので行なっておくほうが望ましいといえます。手術に掛かる費用は病院に問い合わせれば教えてくれるはずなので、事前に訊ねてみることをおすすめします。

手術後のケアについて

手術が終わればその日のうちに家に連れて帰れますが、麻酔による体調の変化や術後の予後観察などのために一応1日お泊りするケースが多いようです。

去勢手術について知っておくべき点
手術前の食事は、獣医師から先日の何時までに済ませるようにという指示があるかと思うのでそれに従ってください。

飼い主としては愛犬の手術ということで何かと不安になるかもしれませんが、そんなことでは飼い主の気持ちを察知して犬まで言い知れぬ不安に襲われることにもなりかねません。
愛犬を安心させるためにも、あまり不安になったりそわそわしないよう気をつけましょう。

去勢手術後の注意点としては、まず傷口を舐めさせないことが大切です。
犬は傷つくとその部分を自分で舐めて治そうとする習性があるのですが、実際に術後の傷口を舐めてしまうとバイ菌が入って化膿したリ感染症を引き起こさないとも限りません。

心配なら、エリザベスカラーをつけたり身体を覆う保護服などを使用するといいでしょう。

去勢手術について知っておくべき点
抜糸はだいたい1週間程度で可能ですが、それまでは散歩やシャンプーなどを控え、その後も状況をじっくりと観察してあげましょう。

手術後に元気がなくなってしまうのも心配ですが、逆に興奮して走り回る犬もいるようです。
そんな時には傷口が開かないように気を付けてください。

また、去勢した犬は太りやすいのでこれまで以上に食事や運動などに気を配ることも必要です。

去勢手術のデメリット

去勢手術に関して紹介してきましたが、はたしてデメリットはないのでしょうか。

去勢手術をすることで起こり得るデメリットとしては、まず当然ですが生殖能力がなくなる点が挙げられます。あとから「やっぱり繁殖させたい」と思ってもできません。

去勢手術について知っておくべき点
また、手術は全身麻酔で行なうので、呼吸不全や心不全などのリスクが存在することや縫合に用いる糸に対するアレルギーが発症するケースもあり得ます。

ただしこのアレルギーは抜糸すれば改善されるのでさほど気に掛ける必要はないかもしれませんね。

お互いに幸せな選択を

去勢手術について知っておくべき点
去勢手術は犬の本能をコントロールする飼い主の勝手な行動だという意見もありますが、望まない妊娠をなくしたり重い病気なるリスクを減らせるなどのメリットも多いです。

愛犬との生活を考えて、お互いにとって良い選択をしてあげてください。

ドッグフード一覧