柴犬が食糞をしてしまったら?原因や対策方法をご紹介

ふと愛犬を見るとうんちを食べていた、なんて衝撃の場面に出くわす方も少なくありません。
実際に見ていなくても、状況的に食べているとわかる場合もあります。
身体に害があるかもしれないし辞めさせたいですよね。

この記事では柴犬の食糞の原因や対策について紹介します。

柴犬は食糞よくするの?

犬によくみられる食糞行動は、柴犬にももちろんみられます。
見ていて気持ちのいい行動ではありませんし、病気などの心配から止めるのがベストです。

食糞行動は、ウサギやコアラなど自然界では多くみられる行動の一つで、栄養摂取という重要な役割があります。
しかし、犬の場合は必要な栄養素はドッグフードでしっかり補えますので、しっかりフードを与えている限り必要ない行動です。
ましてやウサギやコアラなどと違い食糞による栄養摂取で、実際に栄養を摂取できる構造にはなっていません。

そもそも、こういった理由で食糞する子は少なく、暇つぶしやストレス発散などが原因の場合が多いのが特徴です。
食糞を止める場合には、原因に合わせて対処することが大切ですので、どうして食糞をするのか愛犬の行動から見極めてあげる必要があります。

柴犬が食糞する原因

柴犬が食糞をする原因は様々ですが、「食糞をすることで栄養を補っている」「空腹のため食糞をする」「ストレス解消」「母犬のマネ」などがあります。
愛犬の食糞の原因をしっかり見極める必要がありますが、ご家庭でわからない場合は獣医師や訓練士など専門家に相談することも大切です。

食糞をすることで栄養を補っている

自分のうんちを食べることで有名なウサギは、体内で消化されなかった大切な栄養素を摂取するために食糞をします。
この原理と同じく、ドッグフードに含まれるビタミンBやビタミンKが少なく、再吸収するためにうんちを食べる場合があります。

空腹のため食糞をする

食事の量に満足していない場合、空腹による食糞が行われる可能性があります。
逆に食事の量が多い場合は、栄養過多で消化されなかった栄養が美味しそうな匂いを出し、食糞に繋がる場合もあります。

ストレス解消

運動不足や退屈、生活環境の不満、愛情不足などから、ストレスを感じると、ストレスを発散するために食糞する場合があります。

母犬のマネ

母犬が子犬のうんちを食べる理由は、野生下で赤ちゃんが居ることを他の生物に知られない様にという本能だといわれています。
母犬がうんちを食べる姿を見て、子犬はマネをしてうんちを食べる場合があります。
この場合、一時的の場合がほとんどです。

薬による行動

※調べてみましたが、薬が原因で食糞が起こりはしないようです。

柴犬の食糞解決方法

食糞の解決方法は原因によって変わってきます。
まずは愛犬の食糞の原因を特定し、その原因にあった解決方法を試してみるようにしてください。
糞が苦くなるサプリメントやスプレーなどを活用し、食糞を辞めさせる方法もあります。

食糞をすることで栄養を補っている

質が悪く栄養価の低いドッグフードを与えている場合、栄養素が足りずに食糞をしてしまう場合があります。
この場合は、品質がよく栄養がしっかり配合されたフードに切り替えてあげたり、サプリメントで補ってあげるのが有効です。
また、消化酵素が不足しているために、うまく栄養を摂取できないという可能性もあり、その場合は、消化酵素のサプリメントを与えてあげるようにしてください。
年齢とともに消化酵素は不足していきますので、症状がなくとも高齢犬は酵素のサプリメントを摂取するのがおすすめです。

空腹のため食糞をする

空腹により食糞を行う場合は、食事量を増やす事が一番の解決方法ですが、肥満に注意が必要となります。
肥満気味の子の場合は食事の量は増やせないので、満腹感が得られやすいタイプのフードに切り替えてあげてください。
また、食事回数を増やすことで、空腹の時間が減り食糞がなくなる場合があります。

栄養過多の場合は、食事の量を減らす必要があります。
適切なフード量はフードのカロリーと体重、栄養状態、健康状態から計算します。

ストレス解消

ストレスにより食糞をする場合は、ストレスの原因となる要因をなくしていく必要があります。
運動不足の場合は、散歩時間を増やしたり、ドッグランなどで遊ばせるなど運動量を増やしてあげてください。
運動量がしっかり取れると、満足感が得られますので、退屈による食糞もなくなります。
運動時間が多く取れない場合は、質のいい散歩を心掛けることで、短時間でも満足してくる場合もあります。
気分転換に公園などで遊んだり、散歩のルートを変えるなど愛犬の頭を刺激してあげる散歩を心がけて下さい。

生活環境への不満の場合は、不満のある生活環境を見つける必要があります。
食糞が始まる前と後で、どういった面が変わったかが解決の糸口となります。
水の配置を変えた、人の出入りが多くなったなど、ちょっとしたことでストレスを感じてしまいます。

愛情不足などからの食糞は、しっかり愛情を持って愛犬と接してあげることが大切です。
愛犬とのコミュニケーションの時間を持ち、信頼関係をしっかり築いてください。

母犬のマネ

母犬のマネにより食糞を行うのは、一時的なものですが、まれに食糞が癖になり続いてしまう場合がありますので、早急に対処していきましょう。
この時期の食糞は「興味」により行われていますので、他の「興味」を与える事で無くす事ができます。
この時期の子犬は様々なものに興味を持ちますので、たくさんのものや人と触れ合わせてあげてください。
社会性も身に付き一石二鳥の方法ですよ。

サプリメントやスプレー

原因別に対処事が大切ですが、早急に止めたい場合には、うんちの味を変える方法があります。
糞が苦くなるサプリメントをフードにプラスして与える事で糞の味が変化し、うんちがおいしくないと犬が理解する事で食糞を防止する事ができます。
また、糞に直接かけるスプレータイプもありますので、ご家庭で使いやすいほうを選んでください。

糞の味を変える食品としては、パイナップルがあります。
パイナップルを食べると体内のpHが変化して糞がまずくなりますので、食糞を防止することができます。
1日15gを上限にパイナップルを与えるのも試してみて下さい。

空間にスプレーするタイプもあり、このタイプは犬が食糞をしたタイミングで近くにスプレーし、うんちを食べたら嫌な事が起こると学習させて食糞を防止します。
飼い主によって嫌な事が起こったと理解されると、飼い主がいないとタイミングで食糞をするようになりますので、飼い主が関与していないようにふるまう必要があります。

柴犬の食糞を見かけたときの対処方法

食糞をしている場面を発見した際の対処として、らない、焦らない、すぐに片付けるが重要です。

しからない

犬が食糞をしている場面に出くわしてしまった場合、しかってはいけません。
食糞した形成があるからと、事後で騒ぐのもよくありません。
犬は怒られた原因をうまく理解することができませんので、うんちをすること自体がダメなことと勘違いし、うんちを隠すために食糞すると悪循環を生み出してしまう可能性があります。

また食糞することにより飼い主が騒いでしまうと、遊んでくれていると勘違いし、飼い主にかまってほしいからと食糞してしまう場合もあります。

焦らない

犬が食糞する前にと焦ってうんちを片付けようとすると、うんちに対して興味を持つようになってしまいます。
そして飼い主にとられる前にと、食糞してしまいます。
そうならないためにも、他のもので犬の気を引き、見えないようにうんちを片付けるようにしてください。

すぐに片付ける

食糞を防止する一番簡単な方法は、すぐに片付けることです。
排便のサイクルをつかみ、うんちをすぐに片付けるようにしてください。

まとめ

柴犬の食糞は原因を特定し、原因に合わせて対処していくことが大切です。
ちょっとした好奇心から食べてしまう場合がほとんどですので、習慣化しないよう早期に発見し対処していくようにしてください。