柴犬のチキンアレルギーにおすすめドッグフード!

他の犬種に比べて病気にかかりにくく丈夫といわれている柴犬ですが、アレルギー疾患にかかりやすいのをご存知ですか?

特にアトピー性皮膚炎と食物アレルギーにかかりやすいといわれています。食物アレルギーについては普段食べているドッグフードに含まれている原料、また手作り食などあらゆる食材がアレルゲンになる可能性があります。

そんな食物アレルギーの中から、今回はチキンアレルギーの柴犬におすすめのドッグフードをご紹介します!

柴犬のチキンアレルギーは少ない?

チキンは低脂肪高タンパクで、ドッグフードの原料になっているのはもちろん、ジャーキーなどのおやつ、フードのトッピング、手作り食にと重宝されている食材です。

チキンは肉類の中ではアレルギーが出にくいのですが、最近では食べる機会が多いせいか、以前よりアレルギー反応を起こしやすいといわれています。また、アレルギーが出にくいからといってチキンばかり食べさせていると、チキンアレルギーになってしまう可能性があるので注意が必要です。これは、チキンに限らずどの食材にもいえることです。

チキンアレルギーが厄介なのはなぜ?

食物アレルギーの場合、対策としてアレルギー反応が出た食材を食べさせないことになります。「アレルギーが出にくい」「流通量が多い」「低脂肪高たんぱくで利用頻度が多い」とメリットがたくさんあるチキンを原料にしたフードはとても多いです。

そのため、飼い主はチキンアレルギーになってしまった愛犬のため、鶏肉不使用のドッグフードを探すことがとても大変です。チキンアレルギーが他の食物アレルギーに比べて厄介だといわれる理由です。

柴犬のチキンアレルギーおすすめドッグフード

チキンアレルギーと診断されてしまった愛犬には、鶏肉不使用のドッグフードを与える必要があります。ただ、アレルギー反応が出るのは鶏肉だけに限りません。ドッグフードには添加物が使われていますが、この添加物にアレルギー反応がでることもあります。

注意が必要といわれている主な添加物です。体調不良、発がん性物質を発生させるおそれがあるといわれています。
・BHA、BHT(酸化防止剤)
・着色料(特に赤色○号、青色○号など)
・キシリトール(犬に与えてはいけない食材)
・ソルビン酸カリウム(合成保存料)

また、せっかくアレルギー症状が出ないフードを見つけても、そればかりを食べさせ続けていると、今度はそのフードに含まれている食材に対してアレルギー反応が出やすくなります。そういったことを防ぐためにも、お気に入りのフードをいくつか見つけてローテーションすることをおすすめします。

ここでは、チキンアレルギーになってしまった柴犬におすすめのドッグフードをいくつかご紹介しますので、ドッグフード選びの参考にしてみてくださいね!

アランズナチュラルドッグフード

イギリス原産の生ラム肉を原料とした鶏肉不使用のドッグフードです。100%無添加で酸化防止剤や保存料などの人口添加物を使わず、天然ハーブを使用して酸化防止している安全なドッグフードといえます。

また、鶏肉以外にもアレルギーが出やすいといわれている小麦や大豆などの穀物も使われていないアレルギー対応のフードで、アレルギー疾患にかかりやすい柴犬におすすめのドッグフードです。

・主な原材料 ラム肉(イギリス産子羊肉使用)55%、玄米、全粒大麦
・エネルギー 約339kcal(100gあたり)
・通常購入 2kg3960円(税抜)

デイリースタイル

獣医師が開発した国産の鹿肉を主原料にしたプレミアムドッグフードです。犬の健康にとってとても大切な動物性タンパク質。犬の祖先といわれているオオカミは、鹿肉を食べて動物性タンパク質を摂取していたことから鹿肉をメインに開発した栄養たっぷりのフードです。

原材料の鹿肉は国産の生肉を使用、麹で熟成させるというこだわりで消化もよく胃腸トラブルを抱えている子にも最適です。また、人口添加物を使用していない無添加で鹿肉以外の原料も全て人が食べても安心なヒューマングレードで高品質。

注意点として、鹿肉がメインで鶏肉不使用ですが、その他の原料にアレルゲンになりやすいといわれている牛肉、小麦、大豆などが使われています。チキンアレルギー以外で気になる症状がある場合にはかかりつけの担当医に相談するなどして決めましょう。

・主な原材料 鹿肉(国産生肉)、牛肉(国産)、焙煎玄米
・エネルギー 約400kcal(100gあたり)
・通常購入 1kg3685円(税抜)

馬肉パラパラミンチ

馬肉の産地として有名な熊本の馬刺し専門店の生肉フードです。人が食べる馬刺しの馬肉を使用しているため、ドッグフードにしてはかなり贅沢かもしれませんが品質、栄養、アレルギー対策とどれをとっても満足でき、生食を考えている方におすすめのフードです。

馬肉は高タンパクで低脂肪、低カロリー、低コレステロールと非常に優れた食材で、ちょっと太り気味の子でもしっかり栄養をとりつつダイエットできる優秀なお肉です。消化もよくアレルギーも出にくいため、療法食としても注目されています。

馬刺し専門店だけあって、とにかく新鮮な生肉を使用しています。生肉を食べさせるときは、新鮮なものじゃないと寄生虫などの心配があり、抵抗がある飼い主も多いかと思います。ですが、生肉はドライフードでは摂れない酵素を摂ることもできます。

酵素は加熱すると壊れてしまう成分のため、生の食材や発酵食品でしか摂ることができません。この酵素はあらゆる生命活動に必要で生きていく上でとても大切な栄養素です。

馬肉パラパラミンチは、ドッグフードのトッピングや手作り食にも混ぜやすいようにミンチにしてあります。原料はもちろん馬肉のみで余計な添加物は一切入っていません。

・主な原材料 馬肉(国産、馬刺し専門店で出されている馬肉の切れ端を使用)
・エネルギー 約175kcal(100gあたり)
・通常購入 900g(300g×3袋) 2700円(税込)

ドッグスタンス

ご紹介するのはドッグスタンスの「麹熟成」という鹿肉を原材料に使用したドッグフードです。鶏肉不使用ですので、チキンアレルギーの子におすすめできます。

また、足腰が衰えはじめる7歳以上のシニア犬にもおすすめです。一般のシニア用フードでは補えない動物性タンパク質が、鹿肉をメインに使用していることでしっかりと摂取することができます。

その他の原材料に牛肉、大豆が含まれていますのでチキンアレルギー以外にも気になるアレルギー症状がある場合には、かかりつけ医に相談するなどして決めてください。

・主な原材料 鹿肉(国産生肉)、全粒大麦、牛肉、大豆
・エネルギー 530kcal(100gあたり)
・通常購入 800g(レギュラーサイズ)3456円(税込)

柴犬のチキンアレルギーには酵素もおすすめ?

チキンに限らずアレルギー症状を抑えるために酵素は非常に重要な栄養素です。チキンアレルギーが起きてしまうしくみを簡単に説明すると、鶏肉に含まれるタンパク質に免疫抗体のIgEが反応し、アレルギー症状を起こします。このIgEに反応されないようにアミノ酸に分解する必要があるのですが、その役割を果たすのが酵素なんです。

酵素は加熱すると壊れてしまうため、通常のドッグフードでは摂取できません。そのため、生肉や生野菜、発酵食品、サプリメントなどを利用し酵素を摂取させるとよいといわれています。

ドッグフードに野菜もトッピングした方がいい?

犬の栄養を考えてバランス良く作られているドッグフードですが、水分不足や酵素不足を補うためにも野菜をトッピングすることをおすすめします。

野菜には様々な栄養素が含まれています。生野菜は消化がよくないため、お腹の弱い子には茹でた温野菜を与えるなど工夫してあげるとよいですね。また、食べさせてはいけない野菜もあるので注意しましょう。

まとめ

今回はチキンアレルギーのある柴犬におすすめのドッグフードをご紹介しました。原因であるチキンを使っていないドッグフードにしないといけませんが、主な原材料に使われていなくても、その他の原材料に鶏肉パウダーなどが使われている場合もあります。選ぶ際には成分をきちんと確認するようにしましょう。

また、食物アレルギーはいつどの食材で発症するかわかりませんし、その逆でアレルゲンになりやすい食材が全てダメというわけでもありません。酵素などを上手に取り入れてアレルギーに強い体を作ってあげましょう。