柴犬に多く発症するアレルギーは?予防方法などを解説

柴犬は他の犬種に比べアレルギー症状が出やすい犬種といわれています。柴犬に特に多いといわれているアレルギー疾患が皮膚病です。しかも皮膚病には様々な原因が考えられるため、治療も難しく繰り返し発症してしまうケースが多いです。

また、それまでアレルギー症状がなかったのに、突然発症するといったケースもあります。柴犬に多いといわれているアレルギー疾患の代表には、アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎があります。

今回は柴犬に多く発症するといわれているアレルギーについて、主な病気の症状・原因・治療法などをご紹介します。

柴犬はアレルギー体質になりやすい?

柴犬は他の犬種と比べて体が丈夫といわれていますが、実は皮膚病を起こしやすい犬種としても有名なのをご存知ですか?

遺伝的にアレルギー体質の犬種の中に柴犬も入っています。アレルギー体質の犬種は、もともと皮膚のバリア機能が弱いため、皮膚が乾燥しやすく皮膚病を引き起こしやすいといわれています。また、様々なアレルギー物質によってアレルギー体質になりやすいともいわれています。

アレルギー体質になってしまうと、それまで症状が出ていなかったのに突然体を痒がったり、毛を掻きむしったりといったアレルギー症状があらわれることが多くなります。

柴犬がアレルギーになる原因は?

アトピー性皮膚炎に関しては、遺伝的要素が強いといわれていますし、アレルギー性皮膚炎は食べ物によるものが多いといわれています。

ですが、柴犬の場合、その性格も原因の一つではないかと考えられています。柴犬は勇敢で従順な性格とその愛らしい見た目から、割とおおざっぱでフレンドリーな犬種に思われがちですが、実はかなり頑固で神経質な性格をしています。

頑固で神経質な部分が強いと、細かいことが気になったり、ちょっとした変化にも強いストレスを感じたりして体調不良を起こしやすいです。人にも言えることですが、ストレスは様々な体の不調の原因になります。免疫力が低下して、アレルギー症状を引き起こしやすい状態になってしまいます。

柴犬に多いアレルギー

ここからは、柴犬に多くみられるアレルギー疾患について、それぞれ詳しくみていきましょう。

アトピー性皮膚炎

最も多いといわれているのが、アトピー性皮膚炎です。原因となるアレルギー物質がはっきりしない皮膚病に対してほぼアトピー性皮膚炎と診断されます。

・原因~遺伝的な場合は、生後半年~3歳くらいまでの間に発症するという特徴があります。3歳までに症状が現れなければ、アトピー性皮膚炎にかかることはほとんどないといわれています。

その他の原因としては、ハウスダスト・ダニ・カビなどがあげられます。室内で飼うことが多くなっているため、アトピー性皮膚炎と診断される柴犬の数も増えているそうです。

・症状~激しいかゆみが特徴です。特に症状が現れる箇所は、目の周り・口の周り・四肢・脇の下・指の間などに見られることが多く、左右対称に現れます。強いかゆみがあるため、患部を掻きむしったり舐めたりして、ひどい場合には出血を伴います。

・治療法~基本となる治療は、かゆみと炎症を抑える投薬治療です。ステロイド剤はかゆみが治まりますが、使用を止めると再発します。また、副作用が起きやすく長期での使用はあまりおすすめしません。

新しい治療法として、体質改善と症状を和らげる効果が期待できる、インターフェロン療法という治療法がでてきています。

・予防~犬の住環境を整えることが大切です。部屋はこまめに掃除をして、ハウスダストやダニなどのアレルギー物質を取り除き、清潔な環境を保つようにしましょう。また、シャンプーも刺激の強いものは避け、低刺激シャンプーに変えることをおすすめします。

食物アレルギー性の皮膚炎

アトピー性皮膚炎と並び、柴犬に多く見られるのが食物アレルギー性皮膚炎です。正確な診断は、病院でアレルギー検査をしないとわかりませんが、アレルギーを引き起こす物質がドッグフードに含まれている原料に多いといわれています。

とにかく、アトピー性皮膚炎とよく似ているという点と、同じものを長期に摂取することでアレルギーを引き起こすことが多く食物アレルギーだと気づきにくい点で、診断が難しい病気といわれています。

・原因~主な原因物質として、牛肉・鶏肉・穀物(小麦、大麦、トウモロコシなど)・大豆などがあげられます。ただ、この他にも様々な食べ物があります。どの食べ物がアレルギーの原因になっているのかを調べるのはとても大変です。やっかいなことに、それまで症状がでていなかった食べ物でも、同じものを食べ続けていることで、アレルギー反応を引き起こすこともあります。

・症状~アトピー性皮膚炎と同様に皮膚のかゆみが主な症状として現れます。その他、耳の炎症(外耳炎)、脱毛、嘔吐や下痢症状などがあります。

症状が現れやすい箇所は、皮膚のやわらかい部分が多く、目や口の周り・肛門周辺・腹部などです。症状が進むと、かゆみから掻きむしり赤くただれたり、舐めすぎて色素沈着を起こしたりすることがあります。

・治療法~アトピーを併発していることが多いため、体質改善療法を行いながら、どの食べ物でアレルギー反応が起きているのかを調べます。普段からどのような物を食べているのかきちんと把握し、記録しておきましょう。その記録を参考に、かかりつけ医と相談しながら治療を進めていくのが一般的です。

ドッグフードの場合は、アレルギー用の療法食に変更する、手作り食の場合は今まで食べていなかった食物に変更(鶏肉→ラム肉など)して様子を見るといった方法を試すことが多いです。

・予防~アレルギー症状を引き起こしにくい穀物不使用のドッグフードにする、同じ食べ物を長期に与えないようにする、アレルギーが出にくいラム肉や鹿肉をメインにたまに鶏肉など数種類ローテーションにする、フードを変える時には特に注意して様子をみる、などがあげられます。

まとめ

柴犬は元々がアレルギー体質といわれている犬種ですが、様々な要因でアレルギー症状が出やすいともいわれています。特に食物アレルギーに関しては、いつ発症するかわかりません。だからといって、アレルギーに対して過剰に気にするのも、愛犬のストレスになります。

こまめに掃除をすること、低刺激のシャンプーに変えること、皮膚の保湿など日頃のお手入れをきちんと行い、普段から愛犬の様子をよく見ていてあげるようにしましょう。