柴犬がかかりやすい病気|症状や治療方法を解説

柴犬は体力もあり丈夫であまり病気にかからない犬種といわれていますが、そんな柴犬でもかかりやすい病気はあります。

今回は特に柴犬でもかかりやすい病気について、それぞれ詳しくご紹介します。症状の他に原因や予防法についてもまとめましたので、病気について一緒に知っていきましょう。

柴犬は病気になりやすい犬種?

一般的に他の犬種に比べると頑丈で病気にかかりにくく、長生きできる犬種といわれています。遺伝的な病気が少ないことや、日本の風土にあった日本犬のため、ストレスも少なく生活できているからではないかといわれています。

柴犬がかかりやすい病気

丈夫で長生きといっても、柴犬にもかかりやすい病気はあります。主な病気について、症状から予防法までみていきましょう。

膝蓋骨脱臼

膝のお皿と呼ばれる部分を膝蓋骨(しつがいこつ)といいますが、その部分が正常な位置からずれて骨や筋肉にゆがみが生じてしまう関節の病気です。

症状~軽症の場合はスキップのような歩き方をする、足をひきずって歩くなどの症状があります。重症になると、骨の変形がみられるようになり、腰をかがめ内股歩きになることが多いです。また、足を浮かせたままだったり膝を曲げたままだったりします。

原因~先天的に脱臼を起こしやすい場合と、外傷による場合があります。特に柴犬は活発で運動量が多いため、打撲や高い所からの落下などでうけた外傷が原因で膝蓋骨脱臼を起こしてしまうことが多いといわれています。

治療法~軽症の場合は、炎症や痛みを抑える投薬治療とリハビリを行いますが、骨を削るなどの外科手術を行う必要があることも多い病気です。歩行困難で寝たきりにしないためにも、術後のリハビリが重要になってきます。

予防~室内で飼うことが多いため、フローリングなどの滑りやすい床にタイルマットを敷くなどの対策があげられます。足の裏の毛も長すぎると滑りやすいため、長くなってきたと思ったらカットしてあげてください。また、高い所からの落下には気をつけましょう。

股関節形成不全

成長段階で股関節に変形などの異常が生じ、歩行障害を起こしてしまう病気です。生後半年~2歳頃までに発症する事が多く、痛みで体重を支えるのが困難になり、症状が進むと歩けなくなってしまいます。

症状~横座りが多い、後ろ足をはねるようにして歩く、運動を嫌がる、腰を左右に振って歩く、立ったり座ったりの動作に時間がかかるなどの症状がみられます。

原因~約7割が遺伝といわれています。先天的以外で考えられる原因として多いのは、成長期の栄養不足や運動不足によるものだそうです。

治療法~一般的な治療法としては、痛み止めを使用し運動制限をしながら、股関節のマッサージや体重管理などの内科的な治療があげられます。重症の場合には、外科手術を行うこともありますが、リスクや術後の生活についてなどをしっかり確認する必要があります。

予防~遺伝により発症してしまっている場合は、それ以上の症状の進行を防ぐために、体重管理が重要です。太らせないように十分気をつけてあげましょう。また、フローリングなどの滑りやすい床はマットなどを敷いて滑りにくくするといった、飼育環境の改善も必要になってきます。

白内障

元々は透明な目の水晶体が、何らかの原因により白く濁ってしまう病気で、主に高齢犬に多い病気です。白内障は症状が進むと最悪な場合、失明してしまうこともあります。

症状~目が白く濁ってきます。症状が進むにつれ見えにくくなってくるため、視覚障害症状がでてきます。よく物にぶつかるようになった、段差のある場所を嫌がる、明るい場所を避けるようになった、などの症状があらわれます。

原因~白内障の原因で最も多いのが、老年性白内障といって加齢によるもので6歳以降に発症するといわれています。もう一つは先天性が原因の若年性白内障とよばれるもので、こちらは2歳頃までに発症することが多いようです。その他としては糖尿病の合併症状などの内科的疾患によるもの、外傷などがあげられます。

治療法~完治にはいたりませんが、目薬や内服薬で進行を遅らせるといった治療が一般的です。完治させるには外科手術が必要になりますが、リスクが大きいことと術後のケアが大変なため、かかりつけ医とよく相談して決める必要があります。

予防~紫外線や外傷による白内障予防として、散歩から帰ってきたら人口涙液を使用し、目の汚れを取り除いてあげましょう。その他、目に良いサプリメントを使用する、早期発見で早めに病院を受診し症状の進行を遅らせる目薬をさす、とった予防法があげられます。

角膜炎

目の黒い部分を覆っている透明な角膜が炎症を起こす病気です。角膜に傷がついたり、感染したりすることで炎症を起こしてしまいます。

症状~黒目を覆っている角膜に炎症が起きているため、痛がることが多く目をしばしばさせることが増えます。また、涙や目やにが増えるのも特徴です。傷が深い場合は角膜潰瘍という病気になり、さらに治療が大変になります。

原因~目にゴミやホコリなどの異物が入ること、物にぶつかったりなどの事故、目の周辺をこすったりしたことなどにより、角膜に炎症が起きてしまいます。また、アレルギー疾患が原因になることもあるようです。

治療法~目の洗浄を行った後、点眼薬や抗生剤などの投薬治療を行い様子をみます。角膜潰瘍まで進んでしまっている場合には、手術が必要になることもあります。

予防~頻繁に目をこすっているなど日頃からよく観察し、早めに気づいてあげることが大切です。アトピーやアレルギー性皮膚炎にかかっている場合は、目の周りを掻くことも多いので特に注意が必要です。

外耳炎

外耳炎は耳の中、鼓膜までの部分の皮膚に炎症を起こす病気ですが、犬の病気では特にかかりやすいといわれています。

症状~かゆみがあるため、散歩中でも休憩中でも耳を気にすることが増えます。頭を振ったり、外耳炎にかかっている側の頭を下にして歩いたりします。耳掃除の時に、茶色っぽくて臭いがきつい耳垢が大量についてくることでもわかりやすいです。

原因~ダニ感染や細菌、マラセチア菌によるものが一般的です。また、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎による二次感染として発症する事も多いのが特徴です。シャンプー後に耳の中に水分が残っていたり、耳掃除を怠っていたりすることで耳の中が不潔な状態になり感染してしまいます。

治療法~綿棒などで耳掃除をし、耳の中を清潔にするとともに、点耳薬での治療を行います。ダニ感染の場合には、駆除薬を使用します。

予防~耳の中を清潔に保つように気をつけること、シャンプー後は耳の中もきちんと乾燥させることが大切です。普段からよく耳の中を観察していると、異常にも気づきやすいです。耳掃除をする時には、傷をつけないよう注意しながらやりましょう。

僧帽弁閉鎖不全

主に7歳以上の高齢犬に多いといわれている心臓の病気です。心臓病の中で最も発症率の高い病気といわれています。僧帽弁といって、血液を送り出すために動いている弁が何らかの原因により上手く機能しなくなってしまいます。一度かかってしまうと完治が難しい病気です。また、初期症状があらわれないため早期発見も難しいといわれています。

症状~初期症状なし。症状が進むにつれ、息切れや咳が多くなる、心臓の音に異常があらわれる、重症の場合には呼吸困難やチアノーゼ、痙攣発作など命にかかわる症状を引き起こします。

原因~最も多いといわれているのが加齢によるもので、僧帽弁のかみ合わせが悪くなる事で閉鎖不全を引き起こすのではないかといわれています。その他、太りすぎによる心臓機能の低下などがあげられます。

治療法~心臓の負担を軽くするための内服薬、強心剤などの投薬治療が中心になりますが、進行具合によって治療法は変わってきます。症状によっては外科手術を行わなければいけない状態がありますが、高齢犬に発症することが多いため手術を行うかどうかの判断が難しいといわれています。

予防~日頃から体重管理をきちんと行い、肥満による心臓への負担を減らすことが大切です。初期症状がないため、定期的な健康診断や普段の様子をよく観察してあげることが重要です。呼吸や心拍数が普段どのくらいなのかなど把握しておくことが、早期発見にもつながるのではないかと思います。

まとめ

柴犬は病気になりにくい犬種といわれていますが、今回ご紹介した病気以外にもかかってしまう病気はあります。

予防できることは予防して、愛犬の普段の様子をよく把握しておくことで、病気の早期発見につながります。動物は言葉を話せませんから、飼い主が責任をもって病気の事もちゃんと知っておく必要があるのではないかなと思います。