柴犬換毛期!ブラッシング方法や換毛期の乗り越え方

柴犬は非常に抜け毛の多い犬種として有名です。抜け毛が多いのは日本の四季に合わせて快適に過ごせるよう、被毛はダブルコートと呼ばれる二重構造になっているからです。換毛期にはアンダーコートと呼ばれる毛が大量に抜けてきます。

とにかく、ブラッシングが大切なのですが、換毛期の大量抜け毛問題に頭を悩ませている飼い主さんも多いです。

今回は、柴犬換毛期の時期や対策方法、またブラッシング方法についてまとめてみました。

柴犬の換毛期はいつ?

柴犬の換毛期は主に春と秋の年2回あります。室内飼いか外飼いか、または住んでいる地域によって多少ずれますが、春は3月から4月頃にかけ冬毛が抜け、秋は10月~11月にかけ冬毛へ変わるためいらない毛が抜けてきます。

柴犬の毛はダブルコートでオーバーコートと呼ばれる上の毛は皮膚を守るため剛毛ですが、オーバーコートをかき分けて見えるアンダーコートは柔らかくて細い毛なのが特徴です。

アンダーコートの役割は体温調節です。春には保温のために生えていたアンダーコートが抜け暑い時期を過ごしやすくし、寒くなる前の秋頃にはまた暖かく過ごすために新しい冬毛に生え変わります。

柴犬にカットは必要なの?

柴犬にカットは基本的には必要ありません。真夏の暑さが厳しい時期には、短くカットしてあげたくなりますが、あまりおすすめできません。

理由は、柴犬の毛は剛毛で皮膚を守る役割があります。そして、もともと中毛犬種ですからカットした後に毛がなかなか伸びず、皮膚を守る役割や寒い冬を過ごすための毛が生えそろわない可能性があるからです。

カットするよりも毎日朝晩きちんとブラッシングをしてあげることが大切です。

柴犬の換毛期の対策はある?

換毛期にはいくらブラッシングをしても、追いつかないことが多いです。いくらやっても抜けてくるイメージです。あまり時間がかかると、犬も嫌になってきます。そうなるとその後のブラッシングもやりにくくなってくるため、飼い主にとって悩みの種になることも多いでしょう。柴犬の換毛期対策としてできることをご紹介します。

・抜け毛除去アイテムなど便利グッズを利用
犬の毛に合わせた安全なスチール刃でなでるだけで、簡単に抜け毛がとれるアンダーコート除去アイテムといったような便利なものもあります。また、ゴム手袋でなでる方法もありますのでぜひ試してみてください。

・シャンプーで洗い流す
換毛期の抜け毛対策としてあげられるのが、シャンプーで洗い流す方法です。柴犬は定期的にトリミングに行く必要がないため、自宅でシャンプーする飼い主さんが多いです。

柴犬はダブルコートなため、洗って乾かすまで重労働になりますが、ブラッシングで取りきれなかった抜け毛を洗い流すことができます。ただし、過度なシャンプーは皮膚にダメージを与える原因になりますので、月に1回を目安に洗ってあげるようにしましょう。

・室内の掃除対策
飼い犬の抜け毛対策用にどこでもすぐに使えるコードレス掃除機を用意している飼い主さんもいらっしゃいます。柴犬のアンダーコートはじゅうたんに絡まったら簡単に取れません。コロコロは常に手に取れる場所に置いておいてこまめに掃除する、じゅうたんに絡まった毛を取り除くスポンジなどの便利グッズを使うなどして乗り切りましょう。

柴犬換毛期のブラッシング方法

換毛期には首回り、背中、おしりと順番にごっそりと抜けてきます。見た目にアンダーコートの塊が浮いてくることで、換毛期に入ったことがわかります。アンダーコートが浮いてきている場所を重点的に、ブラシを使って抜け毛を取り除いていきます。

ブラッシング方法

スリッカーブラシやラバーブラシを使用して、首から順にブラッシングしていきます。
首回り→胸→背中→前足、脇→お尻→後ろ足、ももの付け根→しっぽの順がお手本ですが、やりやすい方法で構いません。抜け毛を取り除いたあとは、獣毛ブラシやコームを使って整えてあげるとさらに良いですね。

ブラッシング道具の基本でもあるスリッカーブラシには、針金の部分が硬めのハードタイプと柔らかめのソフトタイプがあります。柴犬は毛が長くて毛玉ができたりもつれたりするような毛の種類ではありませんので、皮膚を傷つけにくいソフトスリッカーをおすすめします。

スリッカーブラシの使い方ですが、握りしめて使用すると思いのほか力が入りすぎて、愛犬の皮膚を傷つけてしまう可能性があります。鉛筆を持つように軽く握って、やや寝かせた状態で皮膚から毛先に向かってやさしくブラッシングしてあげましょう。

普段から抜け毛が多く、皮膚病にもなりやすい柴犬には、毎日1回はブラッシングする必要があります。換毛期には朝晩2回ブラッシングしてあげることが望ましいです。そのためにも、ブラッシングが楽しいものだと思わせるよう、小さい頃から慣れさせておくと日々のお手入れが楽です。

まとめ

はじめて柴犬の換毛期に抜けた毛の量を見た人は、その量の多さに思わず笑ってしまうくらい大量に抜けるので、本当に大変です。大変とはいっても、かわいい愛犬ですからきちんとお手入れしてあげたいですよね。

ブラッシングは基本的には毎日行いますし、特に換毛期には毛が生え変わることで体のかゆみもでてきます。かゆみで体を掻いてしまうことで皮膚を傷つけてしまうことで皮膚病を発症してしまうこともあります。

ブラッシングは抜け毛対策として必要なお手入れですが、それが結果的に皮膚病などの病気予防にもつながると思うと頑張れる気がしませんか?
便利グッズなども利用して上手に換毛期を乗り越えましょう!