柴犬と小豆柴は何が違う?小豆柴の特徴や相場を紹介

日本犬のシェア率ナンバーワンの柴犬は、日本犬のなかで一番小さな犬種です。
そんな柴犬をさらに小型化した小豆柴は、正式な犬種ではありませんが、近年人気が高まっています。
小さいサイズですのでアパートやマンションでも飼育しやすく、子供から大人まで幅広い年代に愛されています。

この記事では小豆柴について紹介します。

小豆柴と柴犬の違いは?

柴犬と小豆柴の違いは身体の大きさだけで、柴犬を小型化した豆柴を、さらに小型化したのが小豆柴です。
犬種として独立していないため、小豆柴と言われて購入しても、成長したら大きくなってしまったというトラブルなどもあります。
そういったトラブルを防ぐためにも、信頼できるブリーダーから購入するようにしてください。

小豆柴ってどれくらい小さいの?

小豆柴の平均的サイズは体高24cmほどで、体重は2kg程度だそうです。
一般的な柴犬の体高は38cmほどで、豆柴のは34cm程度だそうです。
見た目的にいうと、柴犬の半分位のサイズの豆柴の、さらに半分位のサイズが小豆柴です。

世界最小の犬種とされるチワワのサイズが体高12~20cmほどですので、ほぼ変わらないくらいのサイズといえます。

小豆柴のカラー

小豆柴は柴犬と同じく、赤柴、黒柴、胡麻柴、白柴の4種類の毛色があります。
割合も柴犬と同じく赤柴が一番多く、続いて黒柴、白柴で、胡麻はほとんど生まれません。

もちろん日本の四季に対応したダブルコートで、換毛期には夏毛と冬毛がごっそり入れ替わります。

小豆柴の性格は?飼いやすい?

小豆柴の性格は、柴犬とほぼ変わらず、飼い主に忠実で警戒心が強い子が多いようです。
俊敏で活発な面もあり、他の人や犬には懐かない柴犬らしい性格をしているようです。
もちろん個体により性格差はありますので、ブリーダーさんにその子の特徴を聞いておくとよいでしょう。

喧嘩によるトラブルが問題となる事が多いため、柴を飼う場合にはしっかりしつけを行う必要があります。
そのためにも信頼関係を持つ事が大切です。
しっかりと信頼関係を持つ事が出来れば、頭がいい犬種ですので飼いやすいのではないでしょうか。

小豆柴で気を付ける事は?

小豆柴は柴犬とサイズ以外はほとんど変わらないため、運動量もサイズに比べ多く必要となります。
また小豆柴のかかりやすい病気としては、膝蓋骨脱臼、緑内障、甲状腺機能低下症などがあげられますので、注意してあげてください。
また、成犬になったら豆柴や柴犬サイズになってしまったというケースもありますので、最後まで愛情を持って育てていく覚悟が必要です。

小豆柴の運動量

柴犬は1日に1時間程度の運動量が必要とされています。
小豆柴もサイズ的には愛玩犬で運動量が必要ないように思えますが、柴ですので、しっかり散歩を行ってあげてください。
運動不足はストレスに繋がりますし、ストレスは問題行動を引き起こしてしまいますので運動はとても大切ですよ。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼とは後ろ足の膝のお皿が脱臼してしまう病気です。
先天性と後天性のものがあり、先天性は生まれつきの形成異常が原因で、後天性は打撲や高所からの落下が原因といわれています。
膝に負担をかけない事が大切で、滑りやすいフローリングなどの床材は、じゅうたんやマットなど動きやすい床材に変更するなど対処してあげる事が大切です。

緑内障

緑内障は眼球内の圧力が高くなる病気で、視覚障害を引き起こします。
こちらも先天性と後天性のものがあり、視力が低下する、目が白く濁る、食欲不振、頭を触られるのを嫌がるなどの症状が現れます。
治療では点眼薬や内服薬などにより眼圧のコントロールを行います。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は代謝機能を活発にする甲状腺ホルモンの分泌量が減る病気で、先天性の可能性は低く95%が後天性といわれています。
甲状腺が萎縮してしまうなどにより発症します。
元気喪失、疲れやすい、食欲が増える、体重増加、寒がる、毛が抜ける、毛づやが悪くなるなどの症状が現れます。
治療としては甲状腺ホルモン製剤の投与が行われます。

小豆柴はどこで購入できる?

小豆柴は静岡県にある富士野荘というブリダーにより作出されました。
そのため小豆柴は富士野荘に問い合わせ購入するようになります。

富士野荘に子犬希望の連絡をいれると、購入方法や小豆柴についての詳しい情報を教えてもらえます。
連絡したら誰でも購入できるのではなく、アンケートに回答する必要があります。

富士野荘では生まれてくる子犬は既に引き取り手が決まっている場合が多く、子犬の予約をする必要があります。
犬舎への見学を行い、小豆柴についてしっかり学んだ上で、希望の毛色や性別、両親の大きさなどから想定価格を算出してもらいます。
価格に納得した上で契約をし、内金を支払うと予約完了です。
その後は条件にあう子犬が産まれるのを待つだけとなります。

条件にあう子が生まれたら案内がとどき、メールやウェブなどで動画や画像を確認する事ができますよ。
引渡し可能時期になりましたら、犬舎まで迎えに行きます。

引渡し時期は法律により生後56日以降の引渡しが義務ずけられています。
社会化期前半に母犬や兄弟と過ごすことの有用性からも、出来れば生後60日前後での引き取りがベストとされています。

小豆柴の相場は?

柴犬はサイズが小さくなるごとに希少になり値段も高くなります。
豆柴で30~50万程度が相場ですが、小豆柴だと100万円以上となる場合が多いようです。
被毛のカラーによっても価格は高騰していき、希少性のあるカラーの順に高くなります。
また、消費税が加算されたり、ワクチン代などの金額もプラスされますので、事前にブリーダーに価格の確認をする事をオススメします。
ブリーダーによってはローンなどもあります。
高額ですので、予算を抑えたい場合は、繁殖リタイア犬などを引き取る方法もありますので、ブリーダーに相談してみて下さい。

極端に安く販売されている場合は、悪質なブリーダーの可能性がありますので注意が必要です。

悪質ブリーダー

人気のある犬種には、悪質なブリーダーがいる場合があります。
悪質なブリーダーは、栄養不足や病気の子などいわゆる未熟児を小豆柴と偽って販売しています。
こういった子は長生きせず、性格も安定していない子が多いのが特徴です。
良質なブリーダーは柴犬として性質を尊重していますが、悪質ブリーダーは金になるからと他の小型犬と交配させ小型化している場合もあります。
母体に対する配慮もなく、飼育環境も悪い場合が多いのも特徴です。

小豆柴を購入する際には、犬舎を見学するなど信頼のできるブリーダーから購入するのが一番です。

小豆柴の寿命は?

小豆柴の寿命は10年前後といわれています。
柴犬や豆柴に比べると、やや短命です。
これはまた小豆柴が確立された犬種ではないため、身体が弱い状態で生まれてくる場合が多いためといわれています。
後天性の疾患も多くあるため、老犬になる前に亡くなるなんて事もあります。
逆に言えば、ブリーディングが安定すると柴犬と同じくらい寿命が延びるともいえます。

まとめ

小豆柴は、未熟児を小豆柴と偽っているなどトラブルが多くあるため、信頼のできるブリーダーさんから購入するようにしてください。
また、小さいサイズでも柴犬ですので、性格を理解し、トラブルを未然に防いであげる事が大切です。
性格や特徴を理解したうえで、迎え入れてあげてください。