柴犬の運動量はどれくらい?散歩の頻度などを紹介

柴犬はもともと猟犬として活躍していた犬種ですので、動きが俊敏で運動量が多いのが特徴です。
そのため運動量が不足するとストレスを感じてしまい、吠えたり噛んだりなどの問題行動を起こしてしまいます。
この記事ではそんな柴犬の最適な運動量について紹介します。

柴犬が必要な運動量ってどれくらい?

柴犬が必要とする運動量は個体によって違いますが、1日に1時間程度とされています。
1日2回、朝と夕方に30分ずつが目安といわれています。
もちろん散歩が好きな子や散歩が嫌いな子とさまざまですので、愛犬に合わせた散歩時間を取ることが大切です。

最適な運動量の見極め方

愛犬の散歩時間の最適な距離を見極めるポイントとして、散歩から帰ってきたときの状態を確認してみてください。
最適な運動量である場合、ほどよく疲れているため、帰宅後は落ち着きがあります。
一方で運動量が少ない場合、帰ってきても落ち着きがなく、走り回ったり暴れたりしてしまいます。
その場合は散歩時間を長めにとったり、質のいい散歩を行うなど、最適な運動時間を確保してあげてください。

量より質

柴犬の散歩は、量より質が大切だといわれています。
1日の散歩時間が長時間取れなかったり、運動が大好きな子には質で満足してもらいましょう。
ロングリードを活用し広い場所で遊ばせたり、ドッグランやボール遊びなど遊びを交えた散歩も効果的ですよ。

柴犬散歩する時間は?

柴犬の散歩時間は朝と夕方の1日2回が最適ですが、散歩する時間は家庭の負担とならない時間帯を選ぶのがベストです。
家に人が必ずいる家庭であれば、特定の時間を決めその時間に散歩を行くことも可能で、犬のなかで1日のリズムを作りやすく規則正しい生活ができます。
しかしそういった家庭は少なく、必ず同じ時間に散歩に行けないのに特定の時間を決めてしまうと、犬が散歩の時間を覚えてしまい、その時間に散歩に行けないことによりストレスを感じてしまいます。
ですので、そういった家庭では、散歩の時間をわざとずらしランダムに散歩に行くのがいいでしょう。

散歩に不向きな時間帯

夏場の散歩は時間帯に注意が必要となります。
日差しの強い夏場は、人でも熱中症に注意が必要な時期です。
犬の場合は地面からの距離が近いため、直射日光だけでなくアスファルトからの照り返しも問題となります。
またアスファルトが日差しで温められ熱くなってしまう時期ですので、アツアツの鉄板を裸足で歩いている状態になってしまいます。
肉球の火傷などを引き起こしてしまいますので、散歩は早朝か夕方の日差しがなくアスファルトが冷めた時間帯に行ってください。
早朝は午前5時くらい、夕方は午後8時くらいを目安としてください。

柴犬はドッグラン必要?

柴犬は遊ぶのが大好きですので、ドッグランの活用もおすすめです。
一方で狩猟本能などからトラブルを引き起こし、ドッグランでは敬遠されてしまう場合もあります。
そうならないためにも友好性を身につけるなど、ドッグランで楽しく遊べるよう心掛けてください。

友好性

柴犬は警戒心が強く攻撃性が高いという特徴がありますので、他の犬に対し警戒心を持たないためにも、社会性を身に着けさせることが大切です。
犬の社会性は生後4週から13週ころに身に付きます。
この時期に親や兄弟と一緒に過ごすことで、社会性が身に付くといわれています。
親元を離れてしまっている場合は、ワクチン接種後に積極的に出かけて、他の人や犬と触れ合うといいですよ。

最低限のコマンド

コマンドとは「オスワリ」や「マテ」など飼い主と愛犬のコミュニケーションを円滑にする言葉です。
基本的なコマンドはもちろん大切ですが、ドッグランを利用する場合は呼び戻しのコマンドが重要です。
「おいで」などで愛犬を確実に呼び戻せるように訓練しておきましょう。
ドッグランから帰るときにも役立ちますし、他の犬との遊びがヒートアップして危険になる前に呼び戻せるのはとても大切です。
遊んでいる最中の犬を呼び戻すのは大変かもしれませんが、しっかり信頼関係を築き覚えさせるようにしてください。

柴犬が散歩嫌いだったら?

犬は社会化期と呼ばれる時期に様々な環境や生き物と触れ合うことで、たくさんのものに慣れていきます。
社会化がうまくいかないと、車や他の犬や人などに恐怖心を抱き外出が嫌いになってしまう場合があります。
散歩が嫌いな子にはそういった社会化がうまく出来ない子もいます。
そういった子の場合は、飼い主と一緒に外出し楽しい思い出を作り、散歩嫌いを克服していくようにしてください。
もちろん焦りは禁物で、愛犬に合わせて少しずつ触れ合うものを増やしていくようにしてください。
はじめは静かな公園などで外の環境に慣れることが始めるのがおすすめです。

まとめ

柴犬は運動量の多い犬種ですので、日々の散歩はとても大切です。
質のいい散歩をすることで、短時間でも満足してくれますので、散歩にあまり時間の取れない方は、散歩のルートを変えたり、ボール遊びなど変化を加えて質のいい散歩を目指してください。
ストレスなく生活するためにも飼い主がしっかり考えてライフスタイルを作ってあげることが大切です。