多頭飼いのご飯の与え方|ケンカさせない為に飼い主さんがすること

チワワの多頭飼いをしていますが、ご飯の与え方には個体差があります。中型犬や大型犬のように、ご飯に飛びついてくるようなタイプのチワワもいれば、なかなか食いつきが悪いタイプのチワワもいます。普段から気にかけていることは、その子が何を食べると食が進むのか?ということです。チワワのような小型犬の場合には、フードジプシーという言葉があるように、何種類ものフードを試して、ようやく好みの味や形状のドッグフードに辿り着けるということです。私自身も多頭飼いを10年以上も続けていて常に感じるのは、食事時間をどのように過ごさせるのか?食事をどれだけ充実させて食べさせれば良いのか?どのように与えるべきなのか?という点です。これには、答えがありません。大切なのはその子に合った食材でできたフードを適切に与えるということです。

多頭飼いのご飯の準備方法

多頭飼いの場合にはご飯の準備も大変でしょう?とよく聞かれます。実際には人間の食事を人数分、準備をすることと何も変わりません。その子に合うフードボールを準備してそこに、フードを分量だけ入れて好みのトッピングをして鼻先においてあげる。ただこれだけのことです。食事の時間の中で少しでも美味しく楽しんで食べてもらえることに重点を置いています。

だからこそ同じ犬種の多頭飼いでも、何種類かのドッグフードを準備しています。形状もウエットタイプの方が食べやすい子とカリカリとして乾燥タイプのドッグフードが好みの子がいます。そのまま食べさせるのではなくウエットフードの場合には、レンジで温めて風味を高めてあげると喜んで食べてくれるのです。このような細かな作業は長年、多頭飼いを続けて自分自身が編み出したご飯の準備時に必要なコツです。

どの家でも同じようなお食事事情

食欲にムラのある子の場合には、食事時間に時間がかかる場合があります。そこは常に考慮してお食事時間に付き合っています。他の飼い主さんに聞いても同じような答えが返ってきます。その子によって食べる量も違えば、食べ方も違うわけです。人間のように一斉に食事時間が来て、一斉に食べ終わる日ばかりではないのです。

多頭飼いの餌事情!費用はどれくらい?

「モグワン」というドッグフードを先日購入してみました。最初はお試しから始めて、とても食いつきがよかったのが「モグワン」でした。それからいろいろと調べた結果、小型犬のユーザーさんも多いことから定期購入をしました。何が違うのか?ということを冷静に観察してみると、やはりドッグフードの香りが良いことに気が付きました。

余計な添加物を排除した健康的なドッグフードですので小型犬には最適です。実際、多頭飼いをしていると餌事情とお財布事情については、悩みの種!という声もよく聞きます。ただ、良いフードを食べ続けていると確かに健康体に近づきます。皮膚病があった子が完治する場合や、免疫力が上がって体力がついてきたという感じもします。つまり、我が家の場合には「モグワン」を食べてからの調子が良い点が非常に気に入っています。動物病院のお世話にならない分、モグワンを購入する出費は少しも負担と感じなくなりました

小型犬4頭の場合・費用

モグワンで計算してみますと、おおよそ1頭あたり1カ月1.5袋を食べる計算になります。1日に50グラム程度を食べた場合には30日換算でおおよそ1550グラムの消費になります。1袋が1.8キロ入りですので我が家の場合には月に4袋の注文になります。

2袋以上で通常価格が3,969円のところ3,366円になります。これを4袋ですので、約14,000円ほどの餌代となります。これが高いのか安いのか?は個人の判断になりますが、健康で動物病院知らずになるのであれば、多頭飼いで15,000以下の食費は妥当だと思います。

餌の時間でケンカさせないコツ

普段はおとなしい性格の犬でも食事が絡むと、急に独占欲が強くなるものです。自分のフードがまだ入っているのに、他の犬のお皿が気になる子もいます。

飼い主さんが見守りながら食事時間を持つ

飼い主さんが見守れる環境であれば、食べが悪い子には傍についていてあげてほしいのです。そしてできるだけ自分のゲージの中でゆっくり食事を摂れるような環境を心がけてください。

他の犬のご飯を横取りするような問題行動は軽視しない

餌を巡ってのケンカほど、醜いものはありません。そう考えると飼い主さんの配慮で避けることはいくらでもできるからです。そして、他の犬のフードにまで興味が行くような問題行動を起こす犬には、躾を見直す必要があるのです。

食事の時間帯を同じにする

飼い主さん都合で食事の時間が毎日違うというのは、空腹の時間を多くしてしまうばかりです。それがきっかけでケンカになっている場合が多いので、食事は決まった時間に適量与えることを徹底してください。

多頭飼いでも餌を食べてくれない場合は?

多頭飼いをしていると中には食の細い子がどうしてもいるものです。そして他の犬達と一緒に食事を食べることに、気後れする子もいるのです。結果的にますます食欲減退するというパターンです。実際に群れで暮らすということは、それではまかり通らないのですが、小型犬には良く起きることです。「みんなでご飯を食べる」という習慣がないタイプの子には、無理強いをせずに個別対応をしています。もちろん、他の犬もゲージの中で食事を摂るようにさせて、餌を食べないタイプの子には、栄養補給の意味でもウエットフードをトッピングするなど、飼い主としての努力を欠かさないようにしています。

もう一つのポイントは、ハンドフィードという方法です。自分から餌に食いつかないタイプの子もいます。その時には飼い主の手から食べさせるという手段もあるのです。そうすることで安心して、食事を食べるようになった子がいることも経験しました。

1匹1匹ちゃんと食べてくれているか必ずチェック!

必ず多頭飼いの飼い主さんは、1頭ずつ食べ残しはないか?またきちんと消化できているかをチェックするべきです。食べ終わった後は少しゲージレストをお勧めします。これは小型犬から大型犬まで共通のことです。食べてすぐに走り回ることはお勧めできません。日常的なことですが、留意しておいてください。

飲み水も1匹1匹が飲んでいるかチェックしてあげる

多頭飼いの場合には飲み水が同じ場所に置く場合がほとんどです。おしっこに行く回数やパンティングなどの(喘ぎ呼吸)がないことを確認したうえで、個々に水を飲めているかを確認します。喉が渇くとどうしてもあえぎ呼吸をするものです。病的なことが原因な場合もありますので要チェックです。

ご飯の後は歯磨きケア

ご飯の後すぐに、歯磨きをするおうちも多いようです。就寝前に1頭ずつ歯磨きグッズを使ってその日のお口のケアを行ってもよいでしょう。こまめにされる場合には、食事の後すぐにというのが理想的です。それでも頭数が多くなるとなかなか困難にもなります。私の場合には、眠る前に1頭ずつ体のチェックとお口のケアを怠らないようにしています。一人では難しい場合には、家族の協力を得るようにしています。

まとめ

多頭飼いをするということは生活において、配慮をその分欠かさないことです。お食事事情も個別に対応して、栄養がそれぞれの子に行き渡るように、常にチェックをして、栄養管理には力を注いであげてください。