ヨークシャーテリア(ヨーキー)の性格・毛色・飼い方・大きさは?

ヨークシャテリアはその可愛らしい容姿や性格で、飼い主を魅了している小型犬です。今回はヨークシャテリアについての情報をまとめてみました。

ヨークシャーテリア(ヨーキー)の特徴

ヨークシャテリアと言えば「動く宝石」と評される美しい小型犬です。愛称はヨーキーです。日本国内でもヨーキーに人気が高まっています。その理由はまずは、気品あふれる容姿が大きな理由ではないでしょうか。可愛くて美しいという表現がぴったりです。ただ、ご存じでしょうか??ヨークシャテリアの前進は、イギリス国内ではネズミ駆除のための使役犬であったのです。

今のヨークシャテリアからは想像もつきません。ただ、性格的にはとても用心深くて勇敢な内面を持ち合わせている犬種です。愛玩犬と言えば、ついつい甘えん坊で無駄吠えが多くわがまま!というイメージが強いのですが、ヨークシャテリアの場合にはそのようなことはありませ。

むしろ、粘り強く落ち着いた印象の強い犬です。そして精神的にも常に安定しているために、無駄吠えも少なめということにつながっているのです。飼いやすさという点では、他の小型犬に比べると能力的には高いものを持っている可能性があります。

用心深いがゆえに

落ち着いて行動をする反面、憶病な部分も目立ちます。あまりにも慎重になりすぎて神経質なタイプに育ってしまうヨークシャテリアもいるほどです。それ以外はとても快活で遊ぶことも大好きです。アグレッシブルに遊ぶ姿は気品のある姿かたちとは少々、ギャップを感じるほどです。ヨークシャテリアの雰囲気は印象的で一度生活を共にすると、ヨークシャテリアに、どっぷりと、はまってしまう飼い主さんが続出です。

ヨークシャーテリア(ヨーキー)の毛色

ヨークシャテリアは仔犬の頃から色味がどんどん変わる様子を楽しむことができる犬種です。他の小型犬との違いは、この毛色の変わり方ではないでしょうか。ほとんどの仔犬が、全身が黒色の子が多いのです。顔周りから胸元には褐色の模様が入っているカラーが基本色です。1歳を過ぎた時期から黒色っぽい褐色のボディーは、ゴールドカラーや美しい青みを帯びた色に変化をしていくのです。この様子をまさに、動く宝石と表現しているわけです。

ヨークシャーテリア(ヨーキー)の大きさ

小型犬の中でも体が小さめというのが特徴です。おおよその大きさは次の通りです。

・体高 15センチ~25センチ
・大樹 2キロ~3.5キロ

ヨークシャーテリア(ヨーキー)の性格

しっかりと自己主張ができるタイプです。頑固な一面も持ちますが、しつけ次第でとても従順でお利口な犬に成長してくれます。

ヨークシャーテリア(ヨーキー)の販売価格や相場は?買うのはブリーダーからがいい?

ブリーダーの場合にはそのヨークシャテリアの親犬や血統がわかりますので、特に有利です。こだわりの強い飼い主さんの場合には、ブリーダーからの譲渡をお勧めします。

里親

里親の場合には、成犬になってからの譲渡がほとんどですのでヨークシャテリア独特の頑固さを持ち合わせている場合、打ち解けるまでに時間と労力が、かかることを意識しておいてください。

ブリーダー

ブリーダーは全国各地にいます。インターネットを介しての取引が多くなりますが必ず対面での説明が最近では義務付けられていますので、自宅からの距離なども考慮してブリーダーを探すことも重要です。

ペットショップ

ペットショップには人気犬種であるヨークシャテリアの仔犬は多数滞在しています。インスピレーションでこの子!と思えた場合には、しっかり説明を受けて売買契約をするようにしてください。介在している病気の心配などがある場合にも隠さず説明をすることは義務つけられています。その上で最終判断をするべきです。

ヨークシャーテリア(ヨーキー)のお手入れ

ヨークシャテリアはシングルコートですので基本的に抜け毛は少ないタイプです。それでも、毛量が多いので、普段のブラッシングを欠かさないようにしてください。もしもブラッシングを怠ってしまうと被毛同士が細いのですぐに絡まってしまいます。こまめに、お手入れをすることで美しい被毛はキープできるようになるのです。

日々のお手入れが大変!と考える飼い主さんはトリミングサロンで短めにカットをする場合があります。それでも、ヨークシャテリアは部分的に被毛を伸ばすことで、美しさが際立つ犬種です。被毛の美しさを保つためにも、伸ばしている部分には、絡まって切れることを懸念して専用の髪で被毛を包む(ラッピング技術)という方法もあります。ショードッグの場合には、この被毛の美しさも相まってトリミング技術も求められます。

カット

ヨークシャテリアは顔周りの被毛カットを適時行わないと、すぐに目に入ってしまうという可能性もあります。まずは顔周りの被毛を常にすっきりとしておく必要があります。素人がはさみを持って、目元のカットには勇気がいります。また、危険でもありますのでヨークシャテリアには定期的なトリミングが必要とされています。

また足元の被毛が原因で滑って骨折をするという場合も多いので、手足の被毛で不必要に伸びている場合には、適時短くカットをしてすっきりとしておくことが必要です。

生後2か月を過ぎたころから被毛が伸びてきます。ヨーククシャテリアの場合には全身の被毛を長く伸ばすスタイルがあります。これをフルコートスタイルと呼びますが、顔周りなどの余計な被毛は、清潔にカットをするか、トリミング専用のゴムで小分けして束ねるなど、特殊な技術が必要になってきます。このような場合にはトリマーさんにお願いした方が満足の行く仕上がりになります。

ブラッシング

仔犬の頃からブラッシングのために机の上に乗った状態でステイできるような訓練を積んでおくと成犬になってからもお手入れがスムーズです。フルコートの場合には日に3回程度のブラッシングが必要になります。目の上の被毛も常にゴムでくくるなど、お手入れが大切です。ボディー部分にも美しい光沢を持たせるためにも、シャンプー時にオイルを数滴垂らすなど、工夫が必要です。

ヨークシャーテリア(ヨーキー)のしつけは?

テリア種の持つ勇敢さと頑固さを持ち合わせるヨークシャテリアのしつけには、根気が櫃ようです。仔犬時代から、しつけを徹底して最低限の上下関係やトイレ、などのしつけは入れておくことが重要ポイントです。同じ小型犬の中でもただ、甘えん坊で従順という性格のヨークシャテリアは少ないのです。明るく快活で勇敢、そして自分の考えを持っているようなタイプのヨークシャテリアが一番多いのです。

だからこそ、きちんとしたしつけを行い、社会のルールを覚えさせ、人間と暮らしを共にするためにも、最低限のマナーを覚えさせましょう。

ヨークシャーテリア(ヨーキー)の餌はどのドッグフードがおすすめ?

ヨークシャテリアのように2キロ前後の小さな体を持つ犬は、なかなか食事が旺盛になることはありません。それどころか、食に興味を持たない場合も多いので、ドッグフード選びに苦労をする飼い主さんも多いのです。華奢な体つきをしているだけに、とにかく栄養素がたっぷりと含まれたドッグフードを選ぶことが重要です。

しっかりとドッグフードで栄養を補っておかないと、軽い転倒で骨折に見舞われるようなことも多いのです。日常生活の中では、もちろん足元に危険の及ぶような障害物を避けることは当たりまえですが、まずは食べるものについての知識を飼い主さんがしっかりと持ち合わせることが必須です。

良質な成分が含まれたドッグフードを選ぶ

良質な肉と魚を多く使ったドッグフードを選ぶようにします。穀類が多く含まれているようなドッグフードを長期的に食べているとどうしても適正体重をオーバーしてしまいます。体が華奢であることを第一に考えて、まずは良質なたんぱく質をコンスタントに摂取することを心がけましょう。

そして美しい被毛を保つというためにも、魚由来のオメガ3脂肪酸という成分に着目してください。最近ではオメガ3脂肪酸が含まれたドッグフードが多く開発されるようになりました。ドッグフード選びの際には、この原材料が配合されていることをまずはチェックしておきましょう。ドッグフードの成分表には飼い主さんが敏感になることが、健康維持にも繋がるのです。

食べる量が少なくても栄養が賄えること

小型犬には食べムラが多いことがあります。そんな場合にも少しの量でもしっかりと栄養素が摂れることが条件です。良質な肉類、野菜そしてフルーツがたっぷりと摂取できるドッグフードを意識的に選ぶようにすると、全身に栄養素が行き渡ります。まずは喜んで食べてくれるようなドッグフードを選べることが大切です。小型犬の場合には、何よりも少量摂取でも、その日の栄養素が十分に摂れることが一番大切なのです。

まとめ

ヨークシャテリアの気性はただ可愛いだけではありません。自己主張の強い部分を飼い主さんがしっかりと理解したうえで、しつけを行うことに意味があります。そして美しい被毛を維持するためには、トリマーさんに適時カットをお願いすることで、顔周りなどをすっきりと見せる必要もあります。ご自分でされる場合にはくれぐれも、怪我に注意をしてください。

日々のお手入れはブラッシングを徹底して美しい被毛をキープできるように飼い主さんも努力をしてください。ドッグフードは、食材を意識して、少量でも栄養素が高いものを選んでヨークシャテリアの健康維持に努めてください。