ミニチュアシュナウザーにおすすめドッグフード5選!口コミ高評価の餌を厳選

愛犬の健康を願う飼い主にとって、フード選びは大事な役割を持ちます。
ですが、何を基準にして選べばいいかわからず、「安全」「高品質」などのワードを頼りにしている飼い主さんは多いはず。
一体何をもって安全、高品質なのかを理解するために、今回はフード選びの前に知っておくべき3つのキーワードを紹介します。
そのキーワードを踏まえた上で、ミニチュアシュナウザーにオススメのフードを5つ厳選したので、是非参考にしてください。

ミニチュアシュナウザーの餌を選ぶポイント

ミニチュアシュナウザーがなりやすい病気として、尿結石、糖尿病、アレルギー性皮膚炎などが挙げられますが、これらの病気の予防、改善として食事管理が重要な役割を果たします。
中でも穀物が多く入ったフードは糖尿病、アレルギー性皮膚炎を引き起こす恐れがあると言われていますので、ミニチュアシュナウザーのご飯を選ぶ際には穀物の量に気をつけると良いでしょう。

しかし、一番大切なのはワンちゃんの健康状態状態に合わせてフードを選ぶことです。

また、いくらいいもの選んでも、ワンちゃんがそのご飯を食べてくれないと意味がありません。まずはサンプルなどで好みに合うか確かめてみるといいでしょう。

穀物不使用(グレインフリー)がおすすめ

グレインフリー指向が高まっている理由として、穀物アレルギーの問題や血糖値上昇などがあげられます。特にミニチュアシュナウザーはアレルギー性皮膚炎や糖尿病になりやすい犬種とされているので、これらの病気で悩んでいる場合にはグレインフリーに切り替えるといいかもしれません。
また、激安フードの中には栄養価の低い安価な穀物を、かさ増しのために使用している場合があるので避けるべきでしょう。

しかしグレインフリーは、穀物を使用しない分たんぱく質が多くなり、過剰摂取に繋がることがあるので、腎臓病などの疾患がある場合には注意が必要です。

動物性たんぱく質が豊富な餌を選びましょう

元々は肉食であったワンちゃんに一番必要な栄養素は動物性のたんぱく質です。
大豆や小麦などからも植物性のたんぱく質はとれますが、わんちゃんは動物性のたんぱく質の方が消化しやすいとされています。たっぷり動物性たんぱく質が入っているものを選びましょう。
55%前後のものがオススメです。

見分け方について、パッケージに原材料が載っていますが、多く含まれるものから順番に記載されています。
例えば1番最初に穀物の名前が書かれていた場合、そのフードは動物性たんぱく質が確実に50%以下なので避けた方がいいかもしれません。

また、高価なものが多いですが、新鮮なお肉を使用したものを選ぶと良いでしょう。しかし先述した通り、腎臓病などの疾患がある場合にはたんぱく質の量に注意しましょう。

人口添加物(着色料)が含まれていない物を選びましょう

添加物の中には自然由来のものもあり、使用しているフード全てが悪いわけではありません。保存のために必要な場合もあるからです。ですが残念ながら、体に良くない添加物が大量に入っているドッグフードは数多く存在しており、それを食べていた動物の健康被害は数多く報告されています。

特に「着色料」は避けるべき添加物のひとつです。犬にとって、ご飯の色が何色であろうと関係ありません。
がんやアレルギーなどの病気を引き起こす可能性があるので着色料が入っていないものを選びましょう。腎臓病や膵臓病など様々な健康トラブルを引き起こす悪質な添加物には注意が必要です。

また人口添加物は全て避けたいところですが、そうすると保存の問題が出てきます。例えば、酸化したものを摂り続けると認知症になりやすいので酸化防止剤を使われていたりします。多く健康被害が報告されている人口添加物よりも天然の添加物がおすすめですが、天然のものでも健康被害が報告されてるものもあり全てが安全とは言えません。愛犬の様子を確認しながらドッグフードを与えるようにしましょう。

ミニチュアシュナウザーにおすすめなドッグフード5選!

「グレインフリー」「動物性たんぱく質が豊富」「人口添加物不使用」などのキーワードはわかったけど、結局どのフードがいいのかわからない!という方は多いはず。というのも、現在約数百種類のドッグフードが存在しており、この中から1つを選び出すのは至難の業。そこで今回は、品質にこだわって作られたものの中から特にミニチュアシュナウザーにオススメのフードを5つ紹介します。

モグワンドッグフード


手作りのような美味しさが魅力のフードです。
食いつきの良さを求めて作られており、好き嫌いの多いわんちゃんに特にオススメです。高たんぱく・動物性タンパク質50%以上、グレインフリー、着色料・香料不使用。モグワンをもっと美味しく食べられる手作りアレンジレシピがあり、いろいろなトッピングが楽しめます。
ペット栄養管理士などの専門スタッフ相談窓口があるので、まずは相談してみると良いでしょう。

ナチュロルドッグフード


食いつきや消化不良、毛艶改善など健康に関する様々な悩みにこたえた、こだわりフードです。
100%無添加でグレイン・グルテンフリー。新鮮で良質な動物性たんぱく質が豊富です。持続性ビタミンCが含まれているのも、ナチュロル ドッグフードの大きな特徴のひとつ。毛艶改善はこのビタミンCの効果によるものです。美味しいご飯を食べるだけで綺麗な毛艶になれたらワンちゃんも飼い主さんも嬉しいですよね!

日本製なので、長期輸送による商品の劣化がなくフレッシュでおいしい状態で手元に届きます。初回お試しサイズ(毎月300名限定)から始められるので、好き嫌いが多い子でも安心ですね。

アランズナチュラルドッグフード


動物愛護の先進国イギリスからやってきたアランズナチュラルドッグフード。野生に近い食事の再現という自然給餌の考えに沿って作られました。
人工添加物や肉副産物、そのほかアレルギー源となりやすい原材料は一切使用していません。人が食べれる原材料のみを使用しているというのも安心できますね。専門知識をもったスタッフに相談が可能です。

カナガンドッグフード


イギリスで80%以上のリピーター率を誇る高級グレインフリードッグフード。着色料、香料不使用。カナガンはグレインフリーへのこだわりが強く、穀物の替わりに高品質で新鮮なお肉や野菜、お魚を使用しています。また、製造ラインでは厳しい品質チェックがされていて、パッケージにもこだわっています。専門知識をもったスタッフに相談が可能です。

ネルソンズドッグフード


イギリスのトップブリーダーが、自身の愛犬のために開発したネルソンズ ドックフード。ドッグショーで重要な審査基準となる見栄えの維持にも効果がある、高たんぱく・程炭水化物のフードになっています。

グレインフリー、人口添加物不使用なだけでなく、遺伝子組み替えされた食品も不使用です。商品の注文が入ってから生産を開始されるなど新鮮な状態で日本に届くよう様々な配慮がなされているのでとても安心。専門知識をもったスタッフに相談が可能です。

ミニチュアシュナウザーが餌を食べなくなったら?

犬は不調や痛みを隠してしまう傾向があるので、ご飯の食いつきが健康状態を知る上で重要なサインとなります。
今まで使ってきたフードから別の種類のフードに買い換えたときに、匂いや味が気に入らず食べないということはよくありますが、これまで食べてきたフードを急に食べなくなった場合病気が見つかることがあるので、動物病院で診てもらうことをおすすめします。また歳をとるにつれて食べる量が少なくなる子が多いです。少ない食事量でもきちんと栄養が取れるよう、フードの見直しが必要かもしれません。

ミニチュアシュナウザーの子犬にあげる時は?

子犬と成犬では必要な栄養量が違うので、子犬用のご飯を選びましょう。
子犬は消化器官が発達しきっていないため、一度に多くのご飯は消化できません。
また子犬のうちは食間が長いと低血糖になりやすいため、1日の食事回数を成長に合わせて変えていく必要があります。
目安は、離乳後~2ヶ月齢は1日4~5回、3ヶ月齢~8ヶ月齢は1日3回、それ以降は成犬用フードに切り替え1日1~2回。
ドライフードの場合はお湯でふやかし、冷ましてからあげると良いでしょう。

まとめ

同じミニチュアシュナウザーの中でも、健康状態によって必要な栄養量は違います。人工添加物、お肉と穀物のバランスが悪いフードを避けるべきなのは共通ですが、やはり一匹一匹、その子にあったご飯を選ぶことが一番大切だと思います。
フード選びは、飼い主さんが直接愛犬のためにしてあげられるの愛情表現のひとつですので、あまり神経質になりすぎず楽しみながら選べるといいですね。
あなたの可愛いワンちゃんに合うご飯を見つけて、楽しい時間を過ごしましょう!