ミニチュアシュナウザーが気を付けるアレルギーは?

体のかゆみや抜け毛、くしゃみ、下痢、嘔吐など、様々な症状を引き起こすアレルギー。
そのほとんどが治療をすればすぐに治るものではなく一生つきあっていかなければならないものであり、飼い主さんの協力が必要不可欠です。
愛犬と過ごす時間が一番長い飼い主さんにしかできないこともたくさんあるので、アレルギーの基礎知識を身につけることはとても大切なことです。
そこで今回は、アレルギーの種類やそれぞれの予防、対処法についてご紹介します。

ミニチュアシュナウザーがかかりやすいアレルギー

ミニチュアシュナウザーがかかりやすいアレルギーとして「皮膚炎」があげられます。
皮膚炎とは、体のかゆみ、赤み、抜け毛などの皮膚の異常のことです。
原因となっている物質を取り除くことで炎症を抑えることができますが、なかなか原因がわからず治療が長引くことも少なくありません。
「炎症が起きている部位」「いつから炎症をおこしているのか」「最近ごはんを変えたかどうか」などである程度原因の予想をたてることは出来ますが、様々なアレルギーが同時に発症していて治療が困難な場合がありますので、早期に病院につれていくことをおすすめします。

また、どの皮膚炎にもいえることですが、毛が絡まっていると、汚れが溜まり症状が悪化しやすいので、こまめにブラッシングをし、月に一回程度お風呂にいれてあげましょう。

食物アレルギー(食物過敏症)

普段食べているドッグフードやおやつが原因となる食物アレルギーの症状は、体のかゆみや赤み、抜け毛、下痢、嘔吐など多岐に渡ります。
長年同じフードを使っていて、季節を問わず症状が出ているようなら、わんちゃんが食べているものの原材料を確認してみてください。
小麦やトウモロコシなどのアレルゲンを含んだ原材料が多く使われているフードを食べているようならば、グレインフリーのフードに変えることで症状がおさまることも多いです。
わんちゃんそれぞれ体質が違うので、その子の体に合うフードを見つけてあげてください。

ハウスダスト

ホコリやダニの死骸、小さなゴミなどを吸い込むことで発症するハウスダストアレルギー。
人間よりも顔が地面に近いわんちゃんはハウスダストを吸い込みやすいので、影響を受けやすいといわれています。
体のかゆみや赤みがでるなどほかのアレルギーと症状が似ていますが、このような異常が出たら一度生活環境を見直してみるといいかもしれません。
わんちゃんが普段使っているタオルや布団、ぬいぐるみなどはこまめに洗濯し、月に一回程お風呂にいれることで発症の確率を下げることが出来ます。空気清浄機もオススメです。

ノミアレルギー

わんちゃんがお散歩後に体をかゆがったり、赤く腫れていたことはありませんか?
こういった場合、わんちゃんの体にノミがついていることがあります。
たった一匹に刺されるだけでも全身に強いかゆみを引き起こすことがありますが、駆虫薬を使えば予防することができます。
ノミはたくさんの病原菌をもっており、命にかかわる病気もあるので、愛犬をまもるためにしっかりと予防してください。
市販の駆虫薬もありますが、効き目が良くないものが多いので、動物病院で購入するようにしましょう。

もし予防が間に合わずわんちゃんの体にノミがついてしまった時は、ノミ取りコームでできる限りノミを取った後お風呂でしっかりと洗い、早急に駆虫薬を使用しましょう。

接触性皮膚炎

接触性アレルギーとは、アレルゲンと接触した部位にかゆみや腫れを引き起こすアレルギーのことです。
ゴム、プラスチック、金属、洗剤、植物、など様々なものが原因となります。アレルゲンと接触してから発症するまで24時間以上かかることも少なくありません。
また、いままで発症したことがないものでも、長年接触することによって反応を起こすようになることもあります。

原因を特定出来ないと、何度も発症を繰り返してしまうので、最近起きた身の回りの変化などを一度思い返して、怪しいものは取り除いてあげてください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は遺伝性のアレルギーといわれています。
ハウスダストや花粉が原因となって皮膚に炎症が生じますが、食物アレルギーなど他のアレルギーと同時に発症していることもあります。

完治は難しいですが、生活環境を清潔にし、正しくスキンケアおこなえば炎症を最小限に抑えることができます。

毛が絡まって汚れが溜まらないようにブラッシングをし、普段使っている布団やぬいぐるみはこまめに洗濯し、アレルゲンを多く含むフードを食べている場合は、アレルギーに考慮したフードに変えてみてください。

アレルギー体質にならないようにするには

普段から適度な運動をし、生活環境を清潔に保つことが大切です。
また、ノミやハウスダストを取り除くのにシャンプー療法はとても有効ですが、やりすぎは良くありません。シャンプーのしすぎは必要な皮脂を洗い流してしまうので、治療で薬用シャンプーしている場合や獣医師の指示がある場合を除き月に1回程度にしましょう。

まとめ

わんちゃんは言葉で体の異常を伝えることができないので、飼い主さんが気づいたときには重症化していていることが多々あります。発見がおそくなるほど治療が長引くことが多いので、普段からわんちゃんの体をよく触って、異常がないか見てあげてください。

また、アレルギーを専門にしている動物病院もたくさんあります。気軽に相談してみてください。