カリカリマシーンECOスマホ遠隔ペット給餌器の特徴やおすすめしたい使い方

消化器の疾患を持っている小型犬と猫には、飼い主さんがこまめに少量のご飯を与える必要があります。飼い主さんが外に出ないといけないときにはご飯の管理がなかなか大変なのが現状です。そこでカリカリマシーンECOをご紹介します。消化器サポートという療法食の必要があるペットのための、自動給餌マシーンです。かなり便利に作られているのでご紹介していきます。

カリカリマシーンECOの特徴


消化器の負担を減らしながらご飯を与えるというのは、結構難しいことです。お腹がすきすぎてもいけません。そして食べ過ぎにも注意をしなくてはいけないからです。カリカリマシーンECOを使うと決められた時間に決められた量のご飯を給餌できるようになっています。

一般的な自動給餌マシーンよりも少量ずつ与えることが可能です。そしてお消化器に負担をかけないためにも1日に6回程度の給餌を行いますこの少量単位で自動給餌ができる機械はこれまで販売されていませんでした。利用5グラム単位という細かな設定になっていることで、消化器の病気にもきちんと対応しているのです。

機能の充実度

フードを入れる場所の密閉度が従来品よりも高いので餌が酸化してしまうことを防げます。そしてフードの皿代わりになる部分にはステンレス製の取り外し可能のお皿がついてきます。器の幅が狭いので餌がこぼれにくい設計になっています。

消化器を守るための小分けご飯

消化器が未熟な犬や、消化器が弱っている犬には、一度の大量の食事を与えることができません。しかも長い時間の空腹状態を作り出すのもよくないことです。飼い主さんがずっとお世話ができるのであればよいのですが、留守にしてしまうときにも、小分けしたご飯を適時、決まった時間に給餌してくれるのは、何より優れているのです。一般的な給餌マシーンよりも、かなり細かく設定ができるので安心して使えます。しかも1日6回という細かな分け方にも見事に対応しくれるのには感激してしまいます。

消化器に問題がある犬の場合、飼い主さんが傍にいる時には、決められた量のご飯を与えます。しかしお留守番で食べ過ぎてしまう場合には危険も伴います。留守番中でも細かな設定が可能な、カリカリマシーンECOを上手に使って、ペットの健康管理に役立ててみませんか?消化器の問題は、慢性化してしまうと、厳しい食事制限などがつきまといます。そこを何とか避ける意味でも、早期のうちに、消化器を休めながら十分な栄養を取ることが必要になるのです。1度の食事を減らして回数を増やすという究極の療養方法に辿り着いた、カリカリマシーンECOは、かなりの優れものなのです。

療養中のペットにも安心

消化器サポートのための機械ということで、他の自動給餌マシーンとは大きく種類が異なります。消化器が弱い子というのは、日々飼い主さんは食事の管理に追われるものです。獣医さんの方からも少量を複数回与えるようにという指示をもらっているからです。本当は傍にいて、食事の準備を複数回してあげたいところ、それが敵わない飼い主さんの方が多いのです。

消化器というのはストレスが大きく関連する臓器です。こんな時に適切な量をきちんと時間通りに飼い主さんの右腕になったかのように働く機械は本当に便利そのものです。カリカリマシーンECOは、療養中のペットの健康を後押ししてくれるような商品です。犬や猫は与えられた分だけ食べてしまうという習性があります。いくらでも食べてしまおうとするので、慌てて飼い主さんが量を減らすなど工夫をすることもしばしばあります。まずは、性格に5グラム単位で1回の給餌量を消化器の状態と相談をして、決めて少ない量のご飯を複数回与えることに慣れてください。

これを手動で繰り返すのは、なかなか困難な話です。うっかりと給餌の時間を過ぎてしまい、結局は空腹の時間を長く作ってしまったということにも、なりかねないのです。飼い主さんの、うっかりミスや、仕事によって家にいられない時間帯にもフォローをしてくれる便利なマシーンです。

不必要な空腹を回避できる

消化器の疾患がある場合には、空腹時に症状が悪化するという場合があります。飼い主さんが仕事で家を空けているときには、どうしてもご飯の準備が追い付かない部分もあります。あえてその部分を機会に任せて犬のお留守番時間に空腹にならないように、管理をしてあげましょう。

カリカリマシーンECO

カリカリマシーンECOの口コミ評判


留守番時に自動給餌ができるという利点に加えてフードを5グラム単位で設定ができるという部分に多くの喜びの声が集まっているのです1回の給餌に多くのご飯が必要な状態ではない消化器を守るためのマシーンです。食べ過ぎと空腹を同時に防いでくれるのです。なかなか少量を図れる機械はこれまでは、未開発でした。療法食でも扱えるように画期的な改善をし、需要にこたえる形で販売されるようになったのが、カリカリマシーンECOなのです。

カリカリマシーンECOの機能


生ボイス給餌機能がついています。マイク部分に向かって「ご飯だよ」と声をかけることができるのです。ペットたちに、毎日聞き慣れた声に驚きながらも安心感を得るはずです。

飼い主さんの帰宅時間が見えない場合にも、定時になると消化器サポートを適時与えるように適時、設定できます。消化器の問題を抱えているペットにとっては日々の生活リズムはとにかく大切です。人間の管理だけでは賄えない部分を、カリカリマシーECOに任せるというのは、何よりも飼い主さんの心の余裕にも繋がるのです。

衛生面にまで完璧に配慮

類似商品は海外からも販売されていまが、こちらの商品は特に日本製ということで、随所に見える細かな心配りが魅力です。水洗いができるという点も本当に優れています。リモコン操作については最初、なかなか難しい部分もありますが慣れればすぐにつかいこなせるようになります。

定時に衛生的なマシーンで配慮の行き届いた食事を食べさせるこができる。これ以上のお留守番スタッフはいません。ペットに長生きをしてもらうためには、まず、健全な食生活が挙げられます。飼い主さんがたとえその場にいなくても、少量の給餌を自動で行えるからです。1日4回から6回の給餌というのは、細かな時間の配分が必要になります。お留守番をしながら消化器の様子も見守れるという点からも、これ以上に便利なものはないと思える商品です。

カリカリマシーンECOの安全性・サポート


安全性を一番強く感じるのは、コンセント電動式なので、コードが心配という声もありましたが、実際には、メタルコードになっているので悪戯をしても安心です。万が一コードをかじるようなことがあっても、大事には至りません。安全にも配慮された商品です。わからないことは、商品の販売元がカスタマーサービスの窓口を持っています。そこで、相談をして助言を仰ぐようにしてください。メールで質問をするサービスもありますので、大いに利用してください。

カリカリマシーンECOのサイズ


幅22センチ奥行き22センチ高さは28センチです。シンプルな商品ですのでお部屋のどの場所のいてもお部屋に溶け合います。

カリカリマシーンECO

まとめ


療養中のペットのために安心安全のカリカリマシーンECOを使いこなして健康への回復が一日でも早くなるように、飼い主さんは努力をしてください。それがきっと、ペットの幸せにつながります。