カリカリマシーン猫犬ごはん用タイマー式自動給餌器の特徴やおすすめしたい使い方

飼い主さんが留守の間でも、ペットのために自動的に食事を与えられる、画期的なマシーンです。あらかじめ、普段食べているフードをセットしておくだけで、時間通りに自動給餌されます。留守番中に一番心配な、定期的な食事が自動で行われるのです。

カリカリマシーンの特徴


タイマーの設定をすることで、1日4回まで留守中のペットに食事を与える音ができます。飼い主さんが仕事などで長時間自宅を開けるときでも、カリカリマシーンがあることで、食事の心配をすることがなくなります電源は、コンセントを利用しますが、どうしても心配な場合には電池を使うことも可能です。停電をした時にはバッテリーに切り替わります。

飼い主さんの声を録音しておくことが可能です。ペットの名前を呼び掛けて、ご飯を与える時に再生をするようにしておくと、ペットは聞き慣れた声に安心感を持つようになります。機械が自動的にフードを与えるという無機質なものという印象がありますが、飼い主さんの声が入ることで、温かみを感じられます。

カリカリマシーンの仕様は、飼い主さんの帰宅が突然遅くなったときにもセットしているフードを自動的に与えることができます。規則正しく毎日決まった量の食事を与えられるので、ペットの健康管理にも大いに役立つのです。スマホでの遠隔操作はできませんが、きちんとセットさえしておけばペットを空腹のまま長時間待たせるようなことはなくなります。

自動給餌マシーンとしては、最低限の機能が搭載されています。カリカリマシーンは自動でご飯を与えることができますが、飼い主さんが在宅の場合は、手動で扱うことも可能です。フードが出て来るトレイやタンクは脱着することも簡単です。そして、水洗いが可能ですので常に清潔を保てます。この仕様はペットに対しての衛生面でも常に清潔を保てるので飼い主さんにも評判です。

うちのこエレクトリック カリカリマシーン

カリカリマシーン口コミ評判


使い方がシンプルで分かりやすいことが評判になっています。中国製の商品なので説明書の心配をされる方も中にはいました。それでも日本語できちんと記載されていますので、安心感があります。カメラ機能でペットの様子を見守れるという点も嬉しい限りです。またカメラ機能を使うことでペットの様子を外側から知ることができるのでとても安心です。

お留守番以外の使い方にも評価が集まっています。例えばダイエット中のペットにとってはきちんとフードの量を図って食べさせることは基本です。時間もある程度定めて、規則正しく食生活を見直したいと考える飼い主さんが、使っている場合もありました。そういう意味でもペットの暮らしを支えながら役に立つ機械だと思われます。

コンセントに興味があるペット対策として、電池が使えるという点でもとても重宝します。危険防止の意味でもこの点には口コミが集まっています。留守番中の事故や怪我には本当に心配が尽きません。そんな場合でも、カリカリマシーンには安全面への配慮がなされているので、とても安心という声も多く寄せられていました。

カリカリマシーンの便利機能


便利な機能として、ディスプレイはLED仕様になっています。表示もわかりやすく誰にでも簡単に設定ができます。食欲が旺盛なペット対策としてフードが出て来る出口を狭くすることでご飯をつまみ食いできないようになっています。その上、フードが入っている上蓋にはロックボタンを搭載していますので安心です。

フードタンクには4.3リットル(1.500~1.800)のフードを入れることが可能です。最初に現在の時間を設定してペットにご飯を与える時間を決めてセットします。量の方もその時の体調や体重に合わせて細かくセットします。回数は4回分まで10グラム単位でセットが可能です。もしも、うっかりとフードタンクが空になってしまったときには、ブザーで知らせてくれます。

多少の振動にも対応

例えば、遊びに夢中のペットが何かの拍子にカリカリマシーンにぶつかった場合でも、その振動でフードが飛び出すようなことはありません。繊細なデザインをしていますが頑丈な作りになっているのです。その反面、機械の音がきになるという方もいます。それでもペットにとってのその「音」はフードが出て来る音ですので期待が膨らむ音でもあるのです。この音がしたらご飯の時間!そんなん風にきっと覚えてくれるはずです。

中型犬までの犬や猫に対応

あいにく大型犬が一度に食べる量に合わせられません。留守番中の中型犬までの大きさの犬と猫に対応しています。1回100グラムまでの給餌量が設定されるようになっています。ペットの品種や年齢によって一回の給餌量は決められます。

カリカリマシーンの安全性



安全性としては、コード部分が取り外せて電池使用ができることです。そして、勝手に大食いができないようにフードの入り口を狭くすることができる点です。器用なペットならば、上蓋を何とか開けようとしてしまいますが、ロックがかかることで、できないようになっています。

悪戯対策については万全になっています。この部分は安全性にも繋がりますので、とても重要ポイントです。身軽なペットの場合、すぐにフードタンクの上に飛び乗ってそこを開けてしまおうとします。中に入っているフードを食べてしまうと、全くカリカリマシーンの意味がなくなります。そこにも配慮がなされているのです。上蓋が開くことや、転倒をしてペットに当たるということはありません。

衛生面では飼い主さんのひと手間も大事

自動給餌器のお皿は簡単に脱着できるので、常にきれいに洗っておく必要があります。どうしても夏場などは菌の繁殖が盛んになってしまいます。こまめに洗浄をして、常に清潔を保つ世にしてください。常に、ペットの唾液などが付着しているお皿になります。留守中は無理なので帰宅したらすぐに洗浄するなど、こまめに手をかけてください。
カリカリマシーンの洗える部分はお皿とフードストック用のタンクの中です。常に、フードが入っていますので、空にならないと洗えませんが、フードが切れるタイミングで残りを他に移して、一旦洗浄しておいてください。ペットが口にするものです。常に衛生管理を徹底しておいてください。

カリカリマシーンのサイズ


高さは38センチ、横幅24.5センチ、奥行きが30センチです。重さは2・1キロです。電源はACアダプターを使います。電池でも動きますので、使い勝手の良い方法を選んでください。

カリカリマシーン保証期間

カリカリマシーンには1年間の保証が、ついています。万が一の故障の場合にも気軽に相談できるので安心です。購入後もサポート体制が整っています、わからないことがあったときにも平日の夕方まで受付をしていますので、安心できます。購入直後なのに、不具合が出てしまうという場合には、取り換え交換をしてもらえます。1年に限定されていますが、飼い主さんとしてはこのような保証期間があることは、心強く感じるものです。

うちのこエレクトリック カリカリマシーン

まとめ


お留守番のペットにも安心してご飯を与えることができる画期的なマシーンです。仕事を持っている人にとってはペットの食事が気になって夜間までお仕事が落ち着いてできないという悩みがつきものでした。そんな心配を一掃してくれるのが、カリカリマシーンです。普段の食事量を厳密に図って、規則正しく与えたいと考える飼い主さんにも最適です。