フレンチブルドッグおすすめの餌はどれ?大きさやえさの量はどのぐらい?

フレンチブルドッグはとても筋肉質な体格をしています。何をどんなふうに食べさせれば良いのか??と悩むところですよね。今回はフレンチブルドッグのドッグフード選びについてまとめてみました。是非とも参考になさってください。

フレンチブルドッグのドッグフードの選び方

実はがっちりとした体格のフレンチブルドッグには皮膚病にかかりやすいという気質や胃腸が弱いという特徴もあるのです。ここを飼い主さんが把握しておくだけで、ドッグフード選びもスムーズにできます。一日の給餌量だけを守っていればなんでも良いというわけではないのです。

動物性たんぱく質

動物病院で出会うフレンチブルドッグには外耳炎や皮膚炎で通っているという飼い主さんが意外と多いのに気づきます。つまり皮膚のトラブルが多い犬種ということを、意識したドッグフードを選んであげることが、とても重要なポイントだということがわかります。そのためにも皮膚バリアを強化できるようなものを選んであげてほしいのです。つまり肉の含有量の多いドッグフードが合うということなのです。

そもそも筋肉質な体格をしているフレンチブルドッグには、高タンパク質配合のドッグフードが一番おすすめです。タンパク質の全体の割合も出来れば30%前後のものを選んであげてください。そうすることで基礎代謝が維持できます。このあたりを配慮せずに、欲しがるだけドッグフードを与えていると、あっという間に肥満体型になってしまいます。これは気を付けないといけないことです。

グレインフリー

穀類を使用していないドッグフードというのは消化の良さを助けるという意味でも、とても大切な部分です。つまりフレンチブルドッグの場合にも、腸が弱めの体質をしていますので、穀類を多く摂取することはお勧めできません。玄米や大豆などは、確かに好んで食べますが消化という部分を考えるとあまり良い食材とは言えないのです。最初から、避けている飼い主さんも多いようです。

アレルゲンになりやすいもの

フレンチブルドッグにはアレルギーやアトピーに、かかりやすい傾向があります。フレンチブルドッグには、皮膚炎や下痢になりやすいという悩みが尽きないものです。その原因になっているのは、やはりアレルギーなのです。どんなものがアレルギーになるのかと言うと、肉類や小麦などがアレルゲンになることが多いのです。あまりにも皮膚炎が治らない、という場合には、獣医さんの方で血液検査により、アレルゲンを特定する検査を進められる場合もあります。

食物アレルギーを起こす原因は、ドッグフードの成分にある場合が多いことをご存じでしょうか?体に湿疹が出る場合には何か体に合わない食材を日々食べている可能性もあるのです。フレンチブルドッグには犬アトピー性皮膚炎という病名が付けられるのはアレルギー反応が皮膚に出やすいという傾向が強いからです。

最初から低アレルゲンのフードを選ぶ配慮を

基本的にアレルゲンになりやすい食材を選んでいないドッグフードを安全に与えるという方法があります。消化の悪い穀類を配慮し肉類も新鮮なものに限定しているようなドッグフードを選ぶことを、お勧めします。

フレンチ・ブルドッグのドッグフードおすすめランキング5選!

良質な動物性たんぱく質が使われていてグレインフリーのものを、まずは最低ラインと手飼い主さんはドッグフードを選ぶようにしてください。そして触れブルドッグにとって重要なポイントは食物アレルギーを起こさない食材を選んでいるドッグフードが最適なのです。皮膚炎になると、強烈な痒みや不快感のためにフレンチブルドッグは苦しむことになります。

愛犬のためにアレルゲンとなりやすい食材を排除したものを適切に飼い主さんが選べることで、フレンチブルドッグも快活な毎日を送れるようになるのです。食物アレルギーを起こしやすい食材を覚えておくのも大切なことです。

・牛肉
・豚肉
・穀類
・化学合成物質等
・乳製品

まずは上記を意識してドッグフードを選んであげましょう。評判の良いとされているドッグフードをまずは試してみることが一番安全です。

モグワン


基本的にアレルギーを起こしやすい小麦類が含まれていないことがまずは安心材料です。無添加でアレルギーの心配も少ない成分だけで作られているドッグフードですので、安心して与えることができます。

カナガン


フレンチブルドッグは消化器が弱いという場合も多いので穀類が入っていないドッグフードをお勧めします。カナガンの成分にも穀類は見られません。カナガンのドッグフードは良質な原材料が主な成分になっています。そして人口添加物が不使用という点も嬉しいドッグフードです。

ピッコロ


ピッコロはチキンとサーモンが70パーセントという割合で配合されているドッグフードです。タンパク質の含有量が全体の34%となっています。その上人口の添加物は不使用です。アレルギーになりやすいフレンチブルドッグとっては、体に優しいドッグフードと言えるのです。

このこのごはん


鶏のささ身を主な原料としているドッグフードです。すべての原材料がヒューマングレードで、アレルギーを起こしやすいと言われている添加物も不使用です。低脂肪で動物性タンパク質がたっぷりと含まれているという点でも、フレンチブルドッグに適切なドッグフードと言えるのです。

アランズナチュラルドッグフード


アレルギー源となりやすい小麦、大豆、とうもろこし、乳製品そして牛肉豚肉は使っていないドッグフードです。アレルギーになりにくいと言われているイギリス産ラム肉を使用している点も、他のドッグフードとは違っています。アレルギー対策に配慮できているドッグフードの一種と言えます。フレンチブルドッグにとっても安心して食べることができるドッグフードとしてお勧めです。

フレンチブルドッグの1日の餌の量は?

フレンチブルドッグは食欲が旺盛でついつい、食べ過ぎてしまう傾向もあるほどです、1日の給餌量というものを飼い主さんがきちんと守れていれば量をオーバーすることもなく、肥満を気にすることもありません。あくまでも、太りやすい体質であることは変わらないので、食べ過ぎにはとにかく気を付けてください。

フレンチブルドッグの消化器官は他の犬種と比べると短いという特徴があります。消化不良にもなりやすく食べ過ぎたときにはすぐに嘔吐や下痢という症状が出てしまいます。1日のドッグフードの量は、必ず守っておきましょう。

子犬

目安になるのは現在の体重の2.5%の量が、適量と言われているのです。1キロあたり50カロリーから110カロリーが目安になります。実際の体格を考慮してドッグフードの量を決めておくことがポイントです。
具体的な数字としては

3キロ~4キロの子犬の場合には、90グラムから110グラムが適量です。この範囲で回数を分けるなど、適時飼い主さんの方で、アレンジしてあげてください。4キロ以上になって体重が5キロに近づく子犬の場合には、110グラムから13グラムが目安になります。

成犬

成犬なったフレンチブルドッグの場合には、8キロ~10キロの給餌量が145グラム~170グラムが適量です。10キロから12キロの場合で175グラム~200グラム前後で、12キロ以上のフレンチブルドッグの場合には、230グラムを上限に適時与えるようにしてあげましょう。

老犬

成犬時に与えていた量のまま、続けていくと内臓や消化器官に大きな負担をかけることになります。これまでのよりも30%ほど少なめの量を与えることでシニア犬にも、安心して与えることができます。

フレンチブルドッグが餌を食べない場合は?

普段は健康優良児で食欲旺盛なフレンチブルドッグが食事を食べないとなると、飼い主さんは心配でたまりません。大抵の場合には、体調不良や病気が原因となっています。年齢的にシニア期に近づいている場合には、歯周病などがきっかけになっている場合も考えられますので早めに獣医さんに診察を仰ぎましょう。

まとめ

フレンチブルドッグにはアレルギー性皮膚炎や下痢などの心配が多くあります。毎日の食事時間を安心安全に過ごすためにも、アレルギーに配慮したドッグっフードを適切に与えることをお勧めします。飼い主さんとしても、極力安心で安全なドッグフードを常に準備しておくことが必要です。評判だけを頼りにせずに自分の目で配合成分を確かめて、与えるという手間を惜しまないようにしてください。アレルギーを発症させないようにするために、できることはまずはドッグフードを正しく選ぶことから始めてみませんか?