パピヨンの魅力に迫る!性格は?飼い方・しつけ・散歩方法をご紹介!

パピヨンは美し立ち姿が魅力的な犬種です。なんとも優雅な雰囲気を醸し出しているパピヨンについての情報をまとめみました。これからパピヨンとの暮らしを考えている方にも有益な情報をお伝えします。

パピヨンの歴史

古くはマリーアントワネット王妃が名付けたのでは?と言われるほどに優雅な雰囲気をしています。1500年頃からパピヨンは広く知られていました。16世紀の頃Rには、肖像画にパピヨンが描かれていたという言い伝えもあるほどです。貴族的なパピヨンは貴族の貴婦人にこよなく愛されていました。なんといっても宮廷で暮らす犬として、少しずつ品種改良もされパピヨンという名前はヨーロッパ諸国で18世紀の頃からは頻繁に交配がおこなわれるようになりました。

スピッツとパピヨンの元祖犬を交配させることでピンと立ち上がった耳が出来上がったという言い伝えもあります。パピヨンの体の大きさをサイズダウンさせるためには、チワワとの交配も経て、今の姿に収まったという説が一番優良なようです。

パピヨンの性格

パピヨンは、優雅な雰囲気を持っていますが実はかなり活発でアクティブな性格をしています。家の中にいても、じっとしているというよりも動き回り遊び好きな性格をしています。その反面、怖がりな性格のパピヨンもいます。子犬の時期から多くの人に触れてもらい、他の犬との関りを多く持たせることで、徐々に克服できることも多いはずです。

基本的に利発で何でもすぐに覚えるという特質があります。飼い主に対しても家族にも友好的に接しますので、誰からも愛される犬種としてパピヨンは人気の犬種となっています。

触られることも大好きなパピヨン

」お手入れだけでも実は大変です。飼い主さんは日々ブラシを入れて清潔を保てるようにケアをします。そんな飼い主さんとの時間は至福の時間であるとパピヨンは考えているようです。うっとりと目を細めている姿を見るたびに、飼い主さん側も癒される思いになります。

気高い性格をしている?

貴族たちに愛されて暮らしていたという歴史のあるパピヨン。だからこそ、内面までも穏やかで気品を感じさせる犬です。パピヨンが攻撃的になって飼い主さんを困らせるというような場面はほとんど見聞きしたことがありません。他の犬ともすぐに打ち解けられる器の広さこそが、気高さに繋がっているのだと思います。

また粗野な犬という感じは一切しません。それよりもどんな場面でも、美しくそしてフレンドリーな感情を持つ性格をしているパピヨンが多いので、多頭飼いにも向いている犬種と言えます。

パピヨンの特徴

パピヨンの体高さはおおよそ20センチから30センチの間と言われています。体重は小型犬のチワワよりも一回り大きな感じです。オスで3.5キロから4.5キロが平均的です。メスの場合には少し小さくて3.0キロから4キロが平均的なサイズです。

それよりも小さなパピヨンもいますが、基本的に被毛の雰囲気や骨格はチワワよりも大きい印象が強いパピヨンです。骨格はかなり頑丈で骨太タイプの子が多いのも特徴の一つです。

毛色

他の小型犬のように被毛のカラーにバリエーションはありません。基本的にはレッド&ホワイト、ホワイト&ブラック、トライカラー(白茶黒の混合色)のパピヨンがスタンダードです。一番多く見かけるのが、レッド&ホワイトのパピヨンではないでしょうか。パピヨンで単色という被毛を持つ子は少なく市場にも出回っていないのが現状です。
顔の真ん中からマズルにかけては白く、頬から耳は茶色が配色されているのが多い被毛のスタイルです。ボディーは白に対して茶色でポイントが入っているパピヨンは代表的です。

寿命

パピヨンの寿命は小型犬の平均的な年齢で13歳から15歳前後と言われえいます。先天的な病気も少なく、きちんと栄養管理をしてストレスの少ない環境で大切に育てることで長生きも夢ではありません。

パピヨンの販売価格や相場は?買うのはブリーダーからがいい?

パピヨン専門のブリーダーも全国各地にいて、インターネットなどで検索をすると比較的簡単に見つけることができます。実際にどんなパピヨンを探しているのか?ということにも明確に答えてくれるがブリーダーです。まずは問い合わせるのも一つの手段です。そのほかには里親制度を利用する方法やペットショップで出会ったパピヨンの子犬を気に入ってそのまま譲渡してもらうというパターンもあります。

里親

里親譲渡会などに出向いて直接パピヨンに出会うという方法もあります。但しある程度成長をしているパピヨンが多いので、しつけ面などでは、戸惑う場合もあるかもしれません。その点は十分に考慮をして里親制度を利用するようにしてください。

ブリーダー

パピヨン専門のブリーダーの場合には、様々な知識を持ち合わせて日々、良い子犬の産出に力を注いでいます情報面やネットワークもきちんと持ち合わせているブリーダーが多いので、お迎えしたいと考えるタイプのパピヨンについて、事前に伝えることも十分に可能です。出産予定などについても前もって聞いておくと、譲渡の時期なども事前に相談に乗ってくれるという点ではブリーダーさんからの譲渡も、ひとつの選択肢です。

ペットショップ

ペットショップでは実犬を触ることもできますで、ブリーダーさんを訪ねるというよりも、気楽にパピヨンの子犬を探せる場合もあります。価値観の問題ですがどこから迎えるのか?ということを特に気にしないという場合には、ペットショップで良縁に恵まれることもあります。

パピヨンのお手入れ方法

パピヨンの被毛はまるで絹糸のように繊細です。その上、日々のお手入れが必要な被毛をしていますので、飼い主さんはパピヨンと暮らす上でお手入れの重要さはしっかりと把握しておくべきでしょう。お手入れを怠たると毛玉ができやすくなり収集がつかなくなります。ブラッシングは子犬の頃から毎日の定番にしておくと成長してからも嫌がることがありません。

基本的にはピンブラシで細かな被毛をお手入れして、コームブラシで毛並みを整えるというお手入れが基本です。いきなり強く引っ張ると皮膚を傷めてしまう可能性もありますので、要注意です。

カット

パピヨンの被毛は伸び続けるというわけではないので、基本的にカット自体は必要ない場合がほとんどです。整える程度で十分でしょう。被毛自体もシングルコートになっているので、普段のお手入れをきちんと行うことで、美しい被毛亜は保てます。

例えば年末に1回だけ、毛先を整えてもらうためにトリマーさんにお願いするというパピヨンの飼い主さんもいます。年間を通じて常にカットが必要な犬種ではありませんので、そのあたりは感覚的な問題で、自宅のケアだけで大丈夫と思う場合には、カットの必要はなくなります。

ブラッシング

パピヨンのお手入れの中で特に重要なのがブラッシングです。長毛種と言われるパピヨンは美しい被毛がステイタスです。簡単にお手入れできる世にブラシとコームをパピヨン千尿に準備をして常に手元に置いておくようにしてください。シングルコートという特徴がありますので、思いのほかお手入れの方は簡単です。毎日ブラシを入れるということを決めておくだけで、パピヨンの被毛はキレイに保つことができます。

スリッカーブラシには注意を

シングルコートのパピヨンは下毛処理ということは必要ありません。スリッカーブラシを使うと毛は多く抜けますが、シングルコートの犬種には不必要です。あくまでもピンブラシとコームブラシだけのお手入れに限っておきましょう。

耳掃除

耳掃除の方は立ち耳であることから通気性の良さが幸して耳の病気は少なめです。但し、耳が臭うという場合には内耳炎や外耳炎を起こしている場合もありますので要注意です。耳掃除については綿棒を使ってイヤークリーナーなどを駆使して掃除をすればよいのですが、獣医さんにお願いすることも可能です。無理をしない範囲で、お手入れを行ってください。

肛門腺絞り

肛門腺絞りも獣医さんから教わった通りに行えばきれいに拭い去れますが、無理をして痛い思いをさせてしまうと、次から嫌になってしまう可能性があります。耳掃除と一緒に動物病院で定期的なケアをしている飼い主さんも多いようです。

パピヨンのしつけ方

パピヨンは多くの犬種のうち、物覚えの良さでは評判が高い犬種です。良いことも悪いことも同時に覚えてしまうという点にだけ注意をしてください。実はパピヨンという犬種は自己主張が強めという特徴があります。これがわがままと捉えるかどうか?という点は飼い主さんの受け止め方です。自分がしたくないと思った遊びはしない、というような気質があるということです。

根気よく良いこと、悪いことを覚えてパピヨン飼い主さんとの絆を強くすることが必要です。しつけという部分で飼い主さんが心血を注ぐと、必ず賢いパピヨンは受け入れてくれます。

パピヨンを飼う際に気を付けたい

パピヨンの毛質には2種類あります。サラサラとした絡みにくい毛質と、どうしても絡んでしまう毛質です。お手入れの際に、気を付けて自分のパピヨンはどの毛質をしているのか?を見分ける必要もあるのです。絡みやすい毛質の場合には、ヘアーローションを使うなど、工夫が必要です。そして部屋の中でも比較的アクティブに動き回るので不注意により転落や落下には気を付けるべきでしょ。部屋の中で転倒して骨折ということもあり得るのです・

温度調整に気を付ける

室温はおおよそ24度程度で、寒すぎず暑すぎないという環境を整えてあげられることが理想です。寒すぎる日や暑すぎる日には、室内で過ごす方がパピヨンにとっては重要なポイントです。

散歩

遊び好きなパピヨンは散歩でもテンションを上げて張り切って歩こうとしてくれます。ついつい、度が過ぎて疲労が残るような距離を歩かせないように飼いs主さんの方でセーブをしてください。散歩の時間は30分程度が妥当です。

家の中でも快活に走り回る気質を持っているパピヨンですので、滑らない床材が理想です。あるいは、滑りにくい素材のクッションマットなどを敷き詰めるなど、家庭で工夫をしてあげることが大事です。誤って横滑りをすることで。足を痛めてしまうことも多い事例です。

パピヨンの餌はどのドッグフードがおすすめ?

パピヨンに合ったドッグフードを選ぶたねには、基本的に高たんぱくで栄養バランスの良いものを選んでください。運動好きなパピヨンには動物性たんぱく質は真っ先に必要な栄養素です。余計な穀類が含まれていない「カナガン」をお勧めします。そもそも、パピヨンには涙焼けという悩みが尽きないものです。「これは穀類の摂取が原因となる場合がほとんどなのです。そして皮膚炎の原因となるのが人工添加物です。これらを除去した「カナガン」はパピヨンにとってまさに、理想的なドッグフードと言えるのです。良質なチキンがベースになっているカナガンは、パピヨンの健康リスクを下げてくれることに役立ちます。

まとめ

小型犬の中でも比較的育てやすいと言われているパピヨンは、飼い主さんが事前にきちんと準備をし、気を付ける病気にも配慮することで、長く家族の一員として過ごせることができるのです。温和で無駄吠えがほとんどない、という点は飼い主さんにとって、非常に助かる部分です。人間の言葉をいち早く理解し、個性豊かに利発さを発揮してくれるパピヨンに、心をわしづかみにされること、間違いなしです。