パグの散歩は首輪がいいの?おすすめなのは?

パグという犬種は鼻が短く呼吸器の疾患も多いのです。散歩の時間についても他の犬種のように長い距離を歩くことや、時間をかけて散歩をすることには向いていません。基本的に散歩については、注意を払って連れて行く方が安全です。実際にどんな注意が必要なのかをまとめてみました。

パグの散歩で準備するのは?

パグは運動量を多く求める犬種ではありません。ただ運動不足で肥満体型になってしまうのも健康リスクを高めるだけです。そこを考えると、どうしても室内だけで過ごすよりも、ある程度の散歩は必要なのか?ということに
なります。パグの散歩で必要なものは、首元を直接刺激しない形の胴輪です。一般的なリード(首輪)の場合には、喉元を刺激してしまう可能性があります。これを避ける意味でも、胴輪を準備することをお勧めします。

パグは少しの距離を歩いただけでも鼻を鳴らしてしまうような体質です。そこは十分に注意をしてあげてください。適時、水分を摂らせるなど、外の散歩を快適に楽しめるように飼い主さんの方で調整してあげてください。

パグの散歩は首輪?ハーネス?どっちがいい?

子犬時代から散歩のしつけなどは、直接的に首に飼い主さんからの振動が伝わる首輪が良いとされています。それでも小型犬や特にパグのような犬種には不向きです。首に強い衝撃を与えることを避けるためにも、パグにはハーネスを、お勧めします。

首輪の特徴

首輪というのは、散歩中に好きな方向に犬が行ってしまわないように制御する意味でも役に立つものです。リードを介して首輪に衝撃を与えることで、犬は飼い主さんの指示通りに行動します。それが首輪の特徴です。パグの中にも引っ張り癖がある子や、なかなか飼い主さんの指示を守れないタイプの子もいます。

パグにも首輪を使って散歩をした方が良いの?と迷う場合もあるのですがパグの首に直接的に衝撃を与えることは避けてください。飼い主さんがパグをコントロールしようとする気持ちよりも、パグの体型を考えて首輪よりも胴輪を選ぶ飼い主さんが多いのです。

ハーネスの特徴

パグの散歩に推奨したいのがハーネス(胴輪)です。パグに限らずにハーネスを付けて散歩をしている犬を最近は増えているように感じます。胴の部分に装着することで、より安全に散歩ができるという機能性の高いものです。首に負担を掛けずに済むのはハーネスの方です。

ハーネスには胴体部分に紐がついていますので飼い主さんがリードを引いたときに、体の一部分だけの力が加わらないようになっています。体全体に力が分散されることで首部分にだけ力が加わり刺激になることを避けることができます。

リードの選び方は?

パグは上手に散歩ができるタイプの犬種ではありません。どちらかと言えば、散歩を苦手とするタイプの子が多いのも特徴です。そこでリードの長さについても、少し短めのものを準備して飼い主さん寄りの距離でゆっくりと歩くことをお勧めします。あくまでも無理のないようは範囲での散歩を心がけてください。

あまり長いハーネスを使って散歩することで、首への負担も増えてしまい思わぬ事故につながる場合もあるからです。

パグもドッグランに行かせた方がいい?

パグをドッグランに連れて行くときには、パグのペースを守って遊ばせるようにしてください。他の犬種のように長い時間、走り回ることを得意としません。どうしても鼻が短い犬種はすぐに、呼吸が荒くなってしまいます。こまめな休憩と水分補給が必要です。

ドッグランで走り回るというよりもマイペースでの散歩の方がパグには向いていると思われます。どうしてもドッグランで興奮しすぎて、呼吸が荒くなりすぎる場合もあるからです。他の犬に感化されやすい性格のパグの場合には、ドッグランは不向きと言えます。そこは飼い主さんの方で適時、正しい判断をしてあげるべきでしょう。

年中散歩に連れて行っても大丈夫?

パグは夏の暑さにはかなり弱い犬種です。そこをまずは頭に置いておいてください。思わぬタイミングで熱中症になります。年中散歩に出かけるというよりも、気候をよく見極めて散歩の時間帯を考える方が安全です。他の犬種よりも暑さ対策は厳重に行う必要があることを忘れないでください。

パグは夏が苦手ということを飼い主さんが意識することも必要です。鼻先の短い犬種は呼吸が荒くなってしまい体温調節が苦手です。もともと、パグは皮下脂肪が厚めの体型をしているので、熱を体内にため込みやすいという傾向もあるのです。

まとめ

パグと散歩に行くときには、首元を直接刺激しないタイプのハーネスを上手に利用してください。そして常に暑さ対策を万全に行うことが、飼い主さんに求められることです。パグはすぐに、呼吸を早く行うことで体内の熱を放出しながら体温調節をしようとします。いわゆる「喘ぎ呼吸」が多くなっている段階で散歩によって体に負担がかかっていることを察知してください。