パグのお風呂事情!シャンプー頻度や洗い方など

パグには体中にシワがあります。これによって悪臭や皮膚炎の原因になるのです。定期的に体を洗うことは必要不可欠なのです。定期的な洗浄を心がけて、常にパグの体を清潔に保つのは、大切な習慣です。飼い主さんは、パグの体の特徴をきちんと理解して、汚れが溜まりやすい場所には特に念入りなケアを施せるようにしてあげましょう。

パグも定期的にシャンプーが必要?

日々の食事などで食べたものが皮膚に付着した場合などが皮膚のシワに入り込んでいる場合もあります。飼い主さんはシワを広げて食べ物やほこりなどを適時、拭い去ってあげる必要があるのです。毎日、シャンプーをすることは困難ですので、汚れや食べかすについてはウエットティッシュなどを使って、清潔にしてあげましょう。

一旦シワに入り込んでしまった食べかすなどは、そのまま乾燥してしまいます。臭いの原因にもなりますので、基本的に食事の後には、必ず上半身部分を念入りに拭き取るという習慣をつけてください。

どれくらいの頻度でシャンプーした方がいい?

被毛が短いパグの場合、シャンプーも長毛種に比べると楽な面もあります。最低でも1カ月に1回は、きれいに洗浄してあげたいものです。子犬の時にはシワもまだまだ少なめですが、生犬になるとシワに汚れがたまりやすくなります。特に顔部分のシワには汚れが付着しやすい傾向があります。

汚れがひどい場合には、月に2回程度のシャンプーも必要です。皮膚病になる前に、とにかく飼い主さんの手で清潔を保ってあげることが大切なのです。拭き取るだけでは、なかなかきれいにならない場合もあります。シャワーの水圧を上手に使って飼い主さんの指で丁寧にシワ部分を洗うことで、汚れはキレイに摂れます。

シャンプー方法は?注意することってある?

汚れがあるからと言って、月に数回以上ものシャンプーをすると、本来は残しておくべき皮脂までも洗い流してしまう可能性があるのです。パグの皮膚はデリケートですので、シャンプーのし過ぎで皮膚トラブルを起こす場合もあるのです。良かれと思ってシャンプーをしても、それが逆効果になってしまう場合もあるのです。

パグはすぐに熱中症になってしまう短頭種です。お風呂場の温度やシャワーの温度にも気を配ってあげましょう。37℃前後で、ほんの少しぬるいかな?と思うほどの温度に合わせておきましょう。高い温度のシャワーは非常に危険なのです。ちょっとした気の緩みがパグを危険に晒してしまう場合もあります。軽く考えずに常に慎重にしてください。お風呂場でもすぐに、熱中症になってしまうのです。

耳掃除もしてあげる?

耳掃除はお風呂上りにしてあげると効果的です。ある程度、体の水分をふき取った後、耳の中を優しく覗きます。もともと、パグの耳は垂れ耳です。通気性が悪いので、耳に炎症がおきやすいという傾向もあるのです。お風呂に入らない時には、動物病院で定期的にチェックをしてもらうなど、常に清潔を心がけてください。

パグの耳は普段、垂れ耳で穴の部分は見えていません。日々、お手入れの時には耳をめくって、耳の穴をチェックするということも、大切なケアの一つです。顔をふき取るときに、一緒に耳の中を覗く習慣をつけておくと、万が一、赤みなどがある場合には、早期発見できるのです。

肛門腺は家でもできるの?

どの犬種でも、家で肛門嚢絞りできます。但し、ちょっとしたコツが必要です。時計の4時と8時の位置にある肛門腺を見つけて軽く絞ると、中から肛門嚢が出ます。個体差もあって、なかなか絞りにくいタイプの子もいます。この場合には、無理をせずに動物病院で肛門嚢絞りをお願いするのも一つ方法です。

うまく絞れる場合には、お風呂の時に絞ってあげて洗い流すと、臭いも汚れも同時に洗い流せるので気持ちよく終えることができます。パグの場合には、被毛が短いので、特にトリミングの必要はありませんがシャンプーだけをお願いする飼い主さんがいます。このときに、肛門絞りを一緒にできると便利です。一つだけ注意をしておきたいのは、不慣れなトリマーさんの場合には時間がかかってしまう場合もあります。スムーズに肛門嚢絞りを行える慣れたトリマーさんにお願いできることが理想的です。一番安全なのは、動物病院で肛門絞りをしてもらえることです。無理に絞ると痛みを伴い、次の機会から恐怖を感じるようになってしまいます。パグの気持ちに配慮しながら、デリケートな部分のお手入れを習慣化させましょう。

まとめ

パグの体全体をケアするときには、ブラッシングが最適です。顔周りについてはブラシをするというよりも、きれいに拭き取る方が良いでしょう。シワ部分に汚れが溜まると最悪の場合には、カビまで生えてしまいます。匂いがキツイと感じた場合には、まずは清潔を保てるように飼い主さんは工夫をしてください。そのときにも低刺激性のローションやウエットティッシュを使って、優しく拭き取ることがコツです。