鹿肉(ベニソン)ドッグフードおすすめランキング!

ドッグフードの原料として最近、人気が出てきたのがベニソンです。
犬のごはんにぴったりな原料であるベニソンは、その特徴から愛犬家たちに支持されています。
この記事ではベニソンのドッグフードを選別するポイントを紹介します。

鹿肉(ベニソン)ドッグフードの特徴

ベニソンは高タンパク質である、健康促進効果のある成分が豊富、アレルギーの心配が少ないなどの特徴があります。
近年では作物被害により駆除対象となったため、ドッグフードでも多く利用されるようになりました。
一方で野生動物だからこその問題点もありますので、安全性の高い商品をしっかり見極める必要があります。

高タンパク質

犬は人間の4倍もの量のタンパク質を必要としており、とても重要な栄養素です。
ベニソンは豚や牛など赤身肉のなかでもタンパク質量が多い動物ですので、しっかりタンパク質を摂取することができます。
脂肪に関してはチキンのささみ程度の量しか含まれていないため、ヘルシーな肉でもあります。

健康促進効果のある成分が豊富

ベニソンには健康促進効果のあるオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、ヘム鉄、DHA、CLA、アンセリンなどの成分が豊富に含まれています。

・オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸
犬の体内で生成することのできないオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸は、被毛の健康促進などの効果があります。
この成分をバランスよく含まれたベニソンは、毛艶が悪いなどの症状改善が期待できます。

・ヘム鉄やDHA
鉄分のなかでも吸収率の高いヘム鉄や、青魚に多く含まれるDHAもベニソンには豊富に含まれており、貧血防止やコレステロール値の低下、血液の流れをよくするなどの効果が期待できます。

・CLA
不飽和脂肪酸の一種であるCLAは、脂肪燃焼をサポートする力を持っています。
また脂肪を体内に溜め込まない効果もあるため、ダイエットや体重維持にももってこいの食材となります。

・アンセリン
強い抗酸化作用や疲労回復効果などのあるアンセリンが豊富に含まれています。
運動機能向上やスタミナ持続などの効果もあるといわれています。

アレルギーの心配が少ない

野生動物である鹿は、犬が狩りを行っていた時の餌でもあったため、アレルギーとなる可能性が低いとされています。
ただ100%安全というわけではなく、牛肉と似た部分もあるため牛肉にアレルギーがある子は注意が必要となります。
アレルギーのある子は獣医師に相談してから活用するようにしてください。

鹿肉(ベニソン)ドッグフードの選び方

ベニソンを配合したドッグフードを選ぶ場合には、「安全な鹿肉」であること、「ヒューマングレイド」の品質であること、「無添加」であることなど安全なものを選ぶようにしてください。

安全な鹿肉

鹿は畜産動物ではないため、畜産動物のように安全面の管理されておらず、寄生虫やE型肝炎ウィルスなどの感染症のリスクがあります。
さらに食用として使用する際に病気の有無を確認する検査が義務づけられていないため、そういった危険性のある肉をドッグフードに使用できてしまいます。

安全面を考慮するためにも、食肉処理業の営業許可を受けており、衛生面に問題のない食肉工場で処理されたものを使用しているドッグフードを選ぶようにしてください。
鹿肉は肉骨粉等を他のペットフード製造業者に出荷することはできませんので、原材料表記を確認して判断してください。

ヒューマングレイド

ペットフードは食品ではないため、食品衛生法などの食品に関する法令による規制がありません。
そのため食品には使用することのできない原料を使用して製造することができてしまいます。
そういった原料は原価が安く安価でフードを販売できるため、薄利多売のドッグフードなどで使用されることが多々あります。

安全面だけなく栄養面からも劣るそういった原料を避けるためにも、ヒューマングレイドのドッグフードを選ぶようにしてください。
ヒューマングレイドは人間でも食べることのできる原料を使用していることを示しており、安全面・栄養面ともに保証された原料となります。

無添加

食品でないドッグフードは食品では使用することのできない添加物を使用することができてしまいます。
ペットフード安全法により添加物の規制は行われていますが、安全面としてはまだまだ不安が残ります。
そういった意味でも無添加のドッグフードは、安全なドッグフードといえます。
ただ無添加であるがゆえに取り扱いには十分注意が必要となりますが、添加物による健康被害を防ぐことができます。

無添加が難しくても、せめて危険な添加物を避け、安全な添加物を使用したドッグフードを選ぶようにしてください。

鹿肉(ベニソン)ドッグフード3位

1位このこのごはん


このこのごはんはヒューマングレイドの原料を使用した高品質のドッグフードで、運動量が少なく、運動不足で肥満になってしまいがちな日本のわんちゃんに合わせて設計されています。
日本産のドッグフードですので、輸入によるフードの劣化がなく、鮮度の高いドッグフードを当たる事が出来ます。

ベニソン以外にも主原料である鶏肉(ささみ、レバー)やまぐろなど品質の高い良質な原料をふんだんに使用しており、安心て与える事が出来ます。
保存料や酸化防止剤などを使用していませんので、安全性が高いのも特徴です。
保存料が入っていない分、酸化などには十分注意し、1ヶ月以内食べきる必要があります。
フード量は1kgパックですので、小型犬でも無理なく食べきる事が出来ますよ。

2位デイリースタイル


デイリースタイルは獣医師が開発したドッグフードで、ライフステージ別に3タイプあります。
主原料は生鹿肉で、新鮮で安全性の高いベニソンをふんだんに使用しています。
鹿肉をさらに消化性アップさせるために麹で100時間以上熟成させるなど、消化性にも配慮されており、消化機能の低下したシニアや消化機能が未熟な幼齢犬にもぴったりなドッグフードです。
保存料など添加物は不使用で、ヒューマングレイドの原料を使用していますので、安心して与える事が出来ます。
日本産のドッグフードですので、新鮮な状態のドッグフードを愛犬に与える事が出来ます。

年齢別に合わせて、それぞれ設計されていますので、過不足なくしっかり栄養を摂取することが出来ます。

3位ドッグスタンス


ドッグスタンスはベニソンを主原料とした鹿肉ドッグフード専門店のドッグフードで、麹で熟成させた高品質の鹿肉を使用しています。
嗜好性が高いドッグフードで、食が細い子でもしっかり食べてくれます。ドッグフードの製造時間は24時間と通常の8倍もの時間をかけて丁寧に製造されています。保存料・着色料無添加の国産ドッグフードで、、安全性が高く安心して与える事が出来ます。

参加には十分注意する必要がありますが、フード量は800gと小型犬も食べきりやすいサイズですので安心です。玄米など穀物は使用されていますが、粉末状に加工するなど消化性に配慮されています。

鹿肉(ベニソン)はシニア犬(老犬)が食べても大丈夫?

ベニソンは高タンパクで低脂肪の肉ですので、犬にとって非常に吸収率の良いお肉といわれています。
消化機能が低下したシニアでも、胃腸の負担にあまりならないベニソンはおすすめの食材となります。

高タンパクですので、少量で十分な量のタンパク質を摂取できますので、食欲が低下している子にもおすすめです。
ベニソンはDHAを豊富に含まれている食材で、DHAはシニアにぴったりな認知症予防や視力低下予防など老化防止作用があります。

あげる量には気を付ける

ベニソンを主原料としたドッグフードは栄養価の高い商品が多く、一般的なドッグフードと同じ量を与えると肥満を引き起こしてしまう可能性があります。
給仕量はそのドッグフードに記載された量と愛犬の体調を考慮して適切な量を与えるようにしてください。

まとめ

給仕量は年齢や健康状態、ライフスタイルなどにより変化しますので、定期的に給仕量を計算し直してください。
日本の犬は運動量が少なく肥満になりやすいともされていますので、フード量はしっかり配慮してあげてください。