犬の餌はこれ!チキンメインドッグフードのおすすめランキング!

ドッグフードはたくさんの種類がありますが、なかでもチキンは幅広い商品が販売されています。
よい商品も悪い商品もあるからこそ、しっかり選別していいものを選んであげたいですよね。
この記事ではチキンのドッグフードを選ぶ際のポイントを紹介します。

チキンドッグフードの特徴

チキンには「消化性が良い」「嗜好性が高い」「高タンパク・低カロリー」「低価格」などの特徴があります。
チキンはチキンアレルギーがない子であれば全年齢・全犬種に対応した優秀な食材ですよ。

消化性が良い

チキンは野生時代からの餌であったため、犬の食性にぴったりの原料で、消化性も高いとされています。
消化器官への負担が軽減され、他の栄養素もしっかり吸収出来ますので、毛艶がよくなったり健康面にも反映してきます。

嗜好性が高い

チキンはもともとの餌であったためか、嗜好性が高い原料として知られています。
そのため食欲がない子や食べムラがある子でも喜んで食べてくれる傾向にあります。

高タンパク・低カロリー

チキンは動物性タンパク質が屠に含まれおり、尚且つ他のビーフやポークに比べるとカロリーが低いのが特徴的です。
ヘルシーでしっかりとタンパク質を摂取する事が出来るチキンはダイエット中の子にぴったりです。
また少量でもしっかりと栄養を摂取出来ますので、食の細くなったシニアの子にもおすすめですよ。

低価格

チキンは他の肉に比べ価格が安いというメリットがあります。
原料が安い分ドッグフードの価格も抑えられ、高品質でコストが安いドッグフードを提供する事が出来ます。
家庭の負担とならない低価格のドッグフードはとても魅力的ですよね。

チキンが配合されているドッグフードの選び方

チキンが使用されているドッグフードを選ぶ際には「どこの部位を使っているのか記載されている」「チキンの含有量が記載されている」「ヒューマングレイドであるか」などをしっかり確認する事が大切です。

どこの部位を使っているのか記載されている

ドッグフードのなかには品質のよくない粗悪な原料を使用しているものもあります。
そういった物を区別するために、どの部位を使用しているかの記載が重要です。
チキン副産物、チキン粉など、どういった部位を使用しているのか不明な記載は危険性が高いと言えます。

チキンの含有量が記載されている

チキンを原料としたドッグフードは多く存在しており、質の善し悪しも様々です。
品質のよさを見極める一つのポイントとして含有量の記載が挙げられます。
品質のよいチキンをふんだんに使用したドッグフードは、メーカー側もその点をしっかりピーアールしてくれます。
チキンの含有量がしっかり記載されているだけで、安全性がグッと上がりますよ。

ヒューマングレイドであるか

ヒューマングレイドとは、人が食べる食材を使用していることを示しています。
人間でも安心して食べられる素材だからこそ大切な愛犬にも安心して与える事が出来ます。

粗悪な原材料を使用しているドッグフードの場合、栄養基準を満たしていても実際に吸収できる栄養が低く栄養不足になる可能性もあります。
ヒューマングレイドであることで、栄養をしっかり吸収する事が出来るため健康促進に繋がります。

おすすめのチキンドッグフードランキング3!

1位カナガンドッグフード


カナガンはヒューマングレイドのチキンがふんだんに使用された高品質のドッグフードです。
動物性原料の割合が全体の6割と高タンパク質なのが特徴です。
小型犬や子犬に特化した小粒タイプで、用量も食べきりやすい2kgとフードの品質を保持したまま与える事が出来ます。
消化吸収を妨げる穀物は使用されておらず、胃腸にも優しいドッグフードです。

イギリス産のドッグフードで、鮮度の高い食材を使用しており安全性が高い商品です。
100gあたり361kcalですので、少量でもしっかり栄養を摂取する事が出来ますので、食の細い子にもぴったりです。

カナガン ドッグフードの口コミ評判・成分や原材料を徹底的に調べた結果!

2017.12.26

2位ネルソンズ


ネルソンズは新鮮なチキンを贅沢に配合したドッグフードで、原材料の5割を占めています。
高タンパク質なのはもちろんグレインフリーですので、消化性もバッチリです。
粒は厚さ5mm、1辺1cmほどの三角形タイプで、小型犬や子犬でも無理なく食べることが出来ます。
小さいサイズは噛まずに飲み込んでしまう子でも安心して与える事が出来ます。

ネルソンズはイギリス産のドッグフードで、品質はとてもいい商品です。
100gあたり362kcalと高カロリーですので、少量でしっかり栄養を摂取する事が出来ます。

ネルソンズドッグフード口コミ・評判|原材料・成分評価を分析

2017.12.26

3位モグワンドッグフード


モグワンは良質なチキンをふんだんに使用したドッグフードで、原材料の50%以上をチキンとサーモンが占めています。
サーモンもアレルギーになりにくい食材とされていますので、アレルギーに配慮されたドッグフードといえます。
グレインフリーでもありますので、穀物の消化が苦手な子やアレルギーのある子でも安心して与える事が出来ます。

イギリス産のドッグフードで、専門家たちが2年かけて作った最高品質のドッグフードです。
嗜好性が高いドッグフードですので、普段のフードとしてだけでなくしつけのご褒美としても活用する事が出来ますよ。

モグワン悪評口コミの実態!食いつき評判は嘘?!ステマの真相を大暴露!

2017.12.26

カリカリのドッグフード以外ならブッチがおすすめ!

ブッチは生肉と同等の栄養成分と水分含有量になるように設計されたドッグフードで、ソーセージような形状をしています。
3種類ありますが、そのうちホワイトレーベルはチキンの配合量が全体の8割と高割合なのが特徴です。

ウェットタイプに分類されるドッグフードで、消化性が高く、噛む力が低下したシニア犬や夏バテぎみで食欲のない子などにもってこいのドッグフードです。
適量にスライスして与える必要がありますが、嗜好性が高いフードです。

環境規制が厳しいニュージーランドの原料を使用していますので、高品質で安全なドッグフードとなっています。

ブッチドッグフードの成分・口コミ・安全性を徹底解説!

2018.01.16

チキン ドッグフードをあげる際の注意点

チキンを原料としたドッグフードを与える際には、アレルギーの可能性やチキンミールなどに注意する必要があります。

アレルギーの可能性に注意

アレルギーとは特定の物質に対して過剰に反応してしまう病気で、湿疹や痒み、脱毛などの症状が現れます。
アレルギーの特定は動物病院にて血液検査やパッチテストなどを行い診断します。
治療で治る病気でないため、アレルギーが発覚した場合は、アレルギーを排除した生活を心がける必要があります。

食物アレルギーは食べ物に含まれる成分にアレルギー反応が起こる病気で、アレルギー物質(アレルゲン)は様々な食材にありますので愛犬のアレルゲンに配慮したドッグフードを選択する必要があります。
ドッグフードは原材料をすべて記載する義務がありますので、原材料表記をみてアレルゲンのない商品を選ぶようにしてください。

チキンミールに気を付ける

ドッグフードのなかには、原料として人間用の食品には使用できないような粗悪な素材を使用して作られているものがあります。
粗悪の素材としては家畜副産物や4Dミートと総称して呼ばれており、摂取を避けるようにして下さい。

家畜副産物とは食用として加工された際に残る臓器・脳・骨・血液などといった内臓系や羽、足、くちばし、頭部、ひづめ、角、歯、糞などの廃棄する部位の事、4DミートとはDead(亡骸)、Diseased(病気)、Dying(亡くなる寸前)、Disabled(障害)を表しており、それらの動物の肉を使用している事を示しています。
粗悪なチキンを原料として使用している場合の原材料表記には、チキン副産物、チキン粉、チキン粉末、チキンミール、チキンパウダー、チキン骨粉、チキンボーンミールなどと記載されています。

粗悪な素材で製造されたドッグフードでは、いくら総合栄養食といっても犬が必要とする栄養素を補う事が出来ません。
特にタンパク質に関しては人間の4倍の量を必要としていますので、栄養価の高い部位を使ったフードを選んであげるのが最適です。

まとめ

ドッグフードを選ぶ場合には、原材料表記を確認し粗悪な素材が使用されていないかを確認する事が大切です。
公式ページにてどのような原料を使用しているのか詳しく記載しているブランドもありますので、それも確認してみると安心出来ます。
高品質な素材で製造されるだけで吸収できる栄養も変わりますので、しっかりと見極める必要があります。