ゴー ドッグフード口コミ・評判|種類の特徴を解説!

ゴーの特色・原材料

ゴーは、愛犬にあったドッグフードを見つけることができます。

栄養素が豊富で健康にいいものから、アレルギーを持っている愛犬でも安心できるドッグフードです。

ゴーの商品には、低カロリー、低脂肪フードがあり、原材料も第三者機関での厳しい基準をみたしている総合栄養食です。



ゴー FFシリーズ

ゴー FF グレインフリー チキンターキー+トラウト

ゴー FF グレインフリー チキンターキー+トラウト
原材料
チキンミール  ターキーミール  サーモンミール  チキン  ターキー  トラウト  ポテト

ペットフードの原材料として人気の鶏肉は高たんぱくですが、脂肪が少ないことから太りにくく生活習慣病予防効果があります。

ゴー FF グレインフリー チキンターキー+トラウト
七面鳥は鶏肉同様ですが、アレルギーになりにくいことで知られています。

ゴー FF グレインフリー チキンターキー+トラウト
トラウト(鱒)はDHA・EPAを摂取することができます。

DHAは頭の働きが良くなり、EPAは血管血液に関する生活習慣病を改善する働きがあります。どちらも犬にとって必須な栄養素です。

ゴーの中でも筋肉や体重を気にしていてバランスよく栄養を摂りたい愛犬にピッタリです。

ゴー FF グレインフリー チキン、ターキー+トラウトシチュー缶

ゴー FF グレインフリー チキンターキー+トラウト
原材料
チキン  チキンスープ  ターキースープ  チキンレバー  ターキー  ターキーレバー  鶏卵

ゴー FF グレインフリー チキンターキー+トラウトはドライタイプと缶タイプがあります。

↓ゴー FF グレインフリー チキンターキー+トラウトについてもっと知りたい方はこちら



ゴー FF グレインフリー チキン、ターキー+ダックシチュー缶

ゴー FF グレインフリー チキン、ターキー+ダックシチュー缶
原材料
チキン  チキンスープ  ターキースープ  ターキー  チキンレバー  ターキーレバー  ポテト

鶏肉は高たんぱくですが、脂肪が少ないことから太りにくく生活習慣病予防効果があります。

七面鳥は鶏肉同様ですが、アレルギーになりにくいことで知られています。

ゴー FF グレインフリー チキン、ターキー+ダックシチュー缶
ダックとは鴨肉の事で、低アレルギーで低カロリーな優良な動物性タンパク質だと言えます。

↓ゴー FF グレインフリー チキン、ターキー+ダックシチュー缶についてもっと知りたい方はこちら


ゴー SSシリーズ

原料にこだわっていて、アレルギ-のある愛犬でも安心して食べられます。

動物性たんぱく質にこだわり何度も研究をかせねてつくられています。

総合栄養食にもなります。食物過敏症やアレルギーの愛犬に効果があります。

ゴー SS LID ダック

ゴー SS LID ダック
ダックとは鴨肉の事で、低アレルギーで低カロリーな優良な動物性タンパク質で、全年齢対応のドッグフードです。
穀類・グルテン・ポテト不使用。

↓ゴー SS LID ダックをもっと知りたい方はこちら


ゴー SS LID サーモン

ゴー SS LID サーモン
サーモンは、動物性タンパク質ですが、アレルギーが出にくく、ビタミンの含有量が多いのがポイントです。
全年齢対応。穀類・グルテン・ポテト不使用。

↓ゴー SS LID サーモンをもっと知りたい方はこちら


ゴー SS LID ベニソン

ゴー SS LID ベニソン
ベニソンは鹿肉を使っています。
高たんぱく質で、鶏肉や鴨肉同様に栄養価が高くアレルギーのある愛犬にもおすすめです。

↓ゴー SS LID ベニソンについてもっと知りたい方はこちら



ゴー SS グレインフリー ダックパテ缶

ゴー SS グレインフリー ダックパテ缶
生の鴨肉を使っています。低アレルギーで低カロリーな優良な動物性タンパク質だと言えます。
穀物は使用しておらず、やわらかいムース状のパテタイプです。

↓ゴー SS グレインフリー ダックパテ缶についてもっと知りたい方はこちら



ゴー SS グレインフリー トラウト+サーモンパテ缶

ゴー SS グレインフリー トラウト+サーモンパテ缶
トラウト(鱒)はDHA・EPAを摂取することができます。
サーモンは、動物性タンパク質ですが、アレルギーが出にくく、ビタミンの含有量が多いのがポイントです。


ゴー DDシリーズ

野菜やフルーツに含まれている成分が豊富で、抗酸化成分と質の高い動物性たんぱく質によって、免疫の低下をふせぎ体力つくりをサポートできます。

ゴー DD チキンシチュー缶

ゴー DD チキンシチュー缶
鶏肉は高たんぱくですが、脂肪が少ないことから太りにくく生活習慣病予防効果があります。
サーモンは、アレルギーが出にくく、ビタミンの含有量が多いです。

↓ゴー DD チキンシチュー缶について詳しく知りたい方はこちら


ゴー DD サーモンパテ缶

ゴー DD サーモンパテ缶
サーモンは動物性たんぱく質であり、ビタミンB、D、Eを多く含んでいます。
またゴー DD サーモンパテ缶には抗酸化作用のあるフルーツも配合されています。

鶏レバーもサーモン同様ビタミンが豊富に含まれています。
↓ゴー DD サーモンパテ缶を詳しく知りたい方はこちら


ゴー DD ターキーシチュー缶

ゴー DD ターキーシチュー缶
七面鳥は鶏肉同様ですが、アレルギーになりにくいことで知られています。
サーモンは動物性たんぱく質であり、ビタミンB、D、Eを多く含んでいます。

↓ゴー DD ターキーシチュー缶を詳しく知りたい方はこちら


ゴー ドッグフードの特色

ゴー ドッグフードの特色
ゴーはどんな愛犬でも好みのドッグフードがみつかります。

バランスのいい材料を使ってアレルギーの心配な愛犬でもまったく問題なく安心できます。アレルギーが気になる愛犬にはアランズナチュラルドッグフードも是非一度試してみてください。

アランズナチュラルドッグフードは、獣医師推奨のドッグフードなので愛犬に安心して与える事が出来ます。

食物過敏症などにも適しています。愛犬の体調や体質にあうものを食べさせてあげることは、飼い主にとっては大事なことです。

人間も犬も同じで食べた物がカラダに影響します。

しかも、愛犬は、自分で食事を作ったりコントロールできないので、飼い主であるあなたの管理にかかっています。

ゴーは愛犬のことを考えた高品質の材料をを使用しています。

ドッグフードによく使われるもので殻類、副産物が一切入っていないのでゴーは安全なのです。

どんな愛犬でも安心できるといえます。




ゴーシリーズには大きくわけると3種類があります。

ゴー ドッグフードの原材料

主成分でもある、鶏肉、七面鳥、サーモンの威力を紹介いたします。

ゴー ドッグフードの原材料
鶏肉は高タンパクで低脂肪です。

愛犬にはかかせない栄養素があります。血液や細胞をつくっている源に影響する成分がとても含まれています。

人間にも愛犬にもタンパク質は必要なのです。

ゴー ドッグフードの原材料
七面鳥は脂肪分が少なくヘルシーです。

体重が気になる愛犬はカロリーをおさえることができ、栄養もしっかりとることができます。

ちょっと肥満の愛犬の体重をコントロールしながら栄養を考えたい時にはもってこいの商品です。

カラダを構成するのに必要なマグネシウム、亜鉛、カリウム、鉄を多く含んでいますので健康維持や発育に重要です。

ゴー ドッグフードの原材料
サーモンの成分には皮膚の粘膜を健康に保つために必要な成分と、認知症予防にもなる脳への影響があるDHAが含まれています。

その他、EPA、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが含まれていて、心筋梗塞や脳梗塞予防にもなりますし、皮膚の健康と白内障の予防にも効果的です。

ほかには、老化を防ぐことができ、免疫力が上がります。

ゴーの口コミ

今日からgo!グレインフリーのサーモンのご飯。粒もそこそこ大きめで美味しそう❣ #golden #golden retriever #ゴールデン #ゴールデンレトリバー #dog salon #wan #どっぐさろん #わん #マジコ #go #ドッグフード #大型犬 #看板犬 #グレインフリー #サーモン

ゴーの与え方、保存方法

ゴーの与え方、保存方法
商品によって与える時の量は違いがあります。

犬の発育や年齢、体重などによって食事の量は違ってきますので、各商品のパッケージ裏面など、サイトで詳しい詳細があります。

その他は、お湯で水分を含ませ柔くして与えることもできます。

年齢がいき、からだの老化や歯槽膿漏などで、歯があまり丈夫でない犬やシニア犬に向いています。

愛犬がシニアならピッコロドッグフードを一度チェックしてみてください。ピッコロドッグフードはシニア犬に特化したドッグフードなので、栄養面やカロリーをきちんと計算されているので、飼い主も安心できます。

体調が悪いときなどでも食べやすくなります。

保存方法

ドライの場合は湿気の少ない場所での保管が必要です。

密閉にして保管すると長持ちします。

各商品は期限がありますが早めに使い切ることです。防腐剤を使用していないこともあり、開封後は長持ちしません。

湿気や酸化によってどんどん悪くなっていきます。

缶詰の場合は開封して冷蔵庫で保管すると2~3日は問題ありません。冷凍することも可能です。

ゴーはこういうワンちゃん向き!

ゴーはこういうワンちゃん向き!
どんなワンちゃんに向いているかというと、全てのワンちゃんに対応できるようにつくられています。

好みにあったシリーズを選ぶこともできます。体質や症状にあったものを選ぶこともできます。

材料にこだわっていてアレルギ-のわんちゃんでも安心して与えることができます。

とくにSSシリーズLIDサーモンはアレルギー体質のわんちゃんに向いています。

かたよらない栄養をしっかりとることができます。

しっかり、良質な食事を与えていれば、アレルギーがよくなったり、アレルギーにならないからだをつくることができます。

ゴーの安全性

ゴーの安全性
ドッグフードの研究が進んでいて豊富な経験と知識があるカナダのペットフードメーカーなので安心です。

全世界の中でドッグフードの研究が盛んな国といえば、ドイツやアメリカ、イギリスになります。

これらの国では、わんちゃんにとっての法律が決まっていることもあり、ドッグフードの規定など厳しく信頼できるといえます。

①人間が口にする商品の監査を行っている第三者機関の監査をうけドッグフードをつくっています。

②原料を徹底的に異常がないかの検査を行っています。赤外線を使った製品の品質管理をおこない製造しています。

③出来あがった商品は全て管理してあり問題があった場合はすぐに解決できるようになっています。

ゴーを作る工場は、アメリカの食品医薬品局や、カナダの食品検査庁によって認証されていますので安心です。

添加物を使用しないドッグフードや、アレルギー反応がでる可能性のある原料は除外し、栄養素はしっかりとることができる製法で作られています。

また、わんちゃんの体調や病気の症状や年齢によって選べるベストなドッグフードを準備しています。

食べるものはとても大事

食べるものはとても大事
人間の食事でも難しいものです。わんちゃんの食事になるとさらに難しいことでもあります。

好みがありますし、食べてくれないということもありえます。

アレルギー体質だとさらに食べるものが限られるのでとても難しくなります。

そんな時に、ゴーのドッグフードは便利です。防腐剤などを使用しないドッグフードでアレルギーでも問題ないドッグフードもあります。

種類も豊富にそろえていますので飽きることがなく、栄養もしっかりとることができます。


ドッグフード一覧