オリジンドッグフード口コミ・評判|給与量や原材料を解説!

オリジンの特色・原材料

オリジンのドッグフードは、カナダのペットフードメーカーであるチャンピオンペットフーズ社の自社工場で製造されています。

本来肉食であるワンちゃんの食事に最適な素材を厳選して作ったペットフードが、この会社の魅力です。

本当に素晴らしいペットフードだけに与えられる「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」という世界的な賞を3年連続で受賞した経歴を持つのもオリジンです。

オリジンの特徴

オリジン パピー

オリジン パピー
原材料
チキン  ターキー  フラウンダー  鶏卵  サバ  チキンレバー  ターキーレバー

↓オリジンパピーをもっと知りたい方はこちら↓



小型犬の子犬用に作られているドッグフードです。

原材料の鶏肉は、カナダのアルバータ州にある牧草地で放し飼いで育てられた健康な鶏の肉です。低カロリーで脂質が少ないため、肥満傾向のある子犬が食べるのにも最適です。

また、七面鳥も同じ地方の牧草地で育てられており、高タンパクでヘルシーで美味しいという3つのメリットを持ちます。子犬の丈夫な体を作るのに役立つでしょう。

オリジン パピー
サーモンは、太平洋のバンクーバー島付近で水揚げされています。子犬の免疫システムをアップするDHAやEPAが豊富です。

オリジン パピーラージ

オリジン パピーラージ
原材料
チキン  ターキー  フラウンダー  鶏卵  サバ  チキンレバー  ターキーレバー

↓オリジン パピーラージをもっと知りたい方はこちら↓



中・大型犬の子犬用に作られているドッグフードです。

オリジンパピーに比べて、一粒ずつのたんぱく質や脂肪分の配合値が少なくなるように製造されています。

その理由は、大型犬の子犬の方がエネルギー代謝率が低いからです。原材料の種類については、オリジンパピーとまったく変わりません。

オリジン 6フィッシュドッグ

オリジン 6フィッシュドッグ
原材料
サバ  ヘリング  フラウンダー  アカディアンレッドフィッシュ  モンクフィッシュ  シルバーヘイク  アオギス

↓オリジン 6フィッシュドッグをもっと知りたい方はこちら↓



全犬種用のドッグフードです。

カナダで水揚げされた新鮮なサーモン、カレイ、ウォールアイ、ニシン、ノーザンバイク、レイク・ホワイトフィッシュの6種類の魚たちを主原料としています。

鶏肉が含まれないので、チキンアレルギーのワンちゃんが食べるのにも最適です。

オリジン 6フィッシュドッグ
サーモンやカレイのような天然魚には、海産オメガ3必須脂肪酸が含まれます。

ワンちゃんが食べれば、つややかな毛並みを作り、アレルギー性皮膚炎なども改善する効果があります。

オリジン オリジナル(旧オリジン アダルト)

オリジン オリジナル(旧オリジン アダルト)
原材料
チキン  ターキー  フラウンダー  鶏卵  サバ  チキンレバー  ターキーレバー

↓オリジン オリジナル(旧オリジン アダルト) についてもっと知りたい方はこちら↓



子犬から高齢犬まで、全犬種、全年齢用に作られたドッグフードです。

原材料の鶏肉は、カナダのアルバータ州で飼われていた健康な鶏の肉です。低カロリーで脂質が少ないため、肥満傾向のある愛犬が食べるのにも最適です。

オリジン オリジナル(旧オリジン アダルト)
また、七面鳥も同じ地方の牧草地で育ち、高タンパクでヘルシーです。サーモンは、太平洋のバンクーバー島付近で水揚げされています。

愛犬の免疫システムをアップするDHAやEPAが豊富です。

オリジナルは、炭水化物系のカロリーが少なめであり、たんぱく質や脂肪系のカロリーが少し多めという特色があります。100gで約394kcalとなります。

オリジン シニアドッグ

オリジン シニアドッグ
原材料
チキン  ターキー  フラウンダー  鶏卵  サバ  チキンレバー  ターキーレバー

↓オリジン シニアドッグについてもっと知りたい方はこちら↓



老犬用のドッグフードです。

シニアドッグに使われる原材料の、鶏肉は、カナダのアルバータ州で飼われていた健康な鶏の肉です。

また、七面鳥も同じ地方の牧草地で育ち、高タンパクでヘルシーです。

オリジン シニアドッグ
サーモンは、太平洋のバンクーバー島付近で水揚げされています。

低カロリーで脂質が少ないため、肥満傾向のある愛犬が食べるのにも最適です。

老犬用なので、カロリーが少なめに設定されています。

100gで約363kcalです。オリジナルと比べると、たんぱく質の含有量が少し高く、脂肪分の含有量は少し低いです。

オリジン レジオナルレッド

オリジン レジオナルレッド
原材料
アンガスビーフ  ワイルドボア  ゴート  ラム  ラムレバー  ビーフレバー  ビーフトライプ

↓オリジン レジオナルレッドについてもっと知りたい方はこちら↓



全犬種用のドッグフードです。カナダのアルバータ州で育った新鮮なブラックアンガスビーフやイノシシ肉、ラム肉などが原材料となっています。

アンガスビーフは、必須アミノ酸がバランスよく含まれたタンパク質と、肌つやのよくなるビタミンB類などが犬の健康を支えます。

オリジン レジオナルレッド
ラム肉は、他の肉に比べて低カロリーで高タンパク質であるという特徴があります。

さまざまな肉類を食べることで、バラエティに富んだ栄養分を摂取できます。

新鮮な臓器や軟骨などもまるごと使用されているため、質の良いたんぱく質や骨格を作るコンドロイチンやグルコサミンもしっかり摂れるのが大きなメリットです。

オリジンの口コミ

#オリジンドッグフード
ご飯が届いたよー!宅配の人が来たら、いつもご飯と勘違いをするふたり。今日は当たり😙#シーズー#シーズー大好き部 #チワワ#チワワ部 #チビチワワ#いぬだいすき #保護犬#仲良し兄弟#ナツ#ちびすけ#オリジンドッグフード
あたしのおやつが来た!豚の耳、チーズ、ジャーキー、オリジンおやつとオリジンドッグフード。ありがとう、ママとパパ!|( ̄3 ̄)| Shizuka's treats and new kibble are here! She loves

オリジンの与え方、保存方法

オリジンの与え方、保存方法
では、愛犬にオリジンのドッグフードを与えるときの手順や保存方法についてご紹介しましょう。

他フードからオリジンのドッグフードに切り替えるには?

今まで食べさせていたフードとオリジンを7:3の割合で混ぜて食べさせます。

2週間~3週間かけて、次第にオリジンを含む割合を多くしていきます。

完全にオリジンだけを含むエサを食べさせられるようになるでしょう。

オリジンのドッグフードを保存するには?

オリジンの賞味期限は、製造日から15ヶ月後までです。パッケージに書かれている数字を見て判断しましょう。

袋を開封したら、なるべく新鮮なうちに食べ切るようにしてください。冷蔵庫にオリジンの袋を保存すると、フードが結露などで傷むことがあります。

できれば、直射日光の当たらない涼しい場所に置いておくのがおすすめです。


オリジンはこういうワンちゃん向き!

食物アレルギーのあるワンちゃん

食物アレルギーのあるワンちゃん
牛肉や乳製品、小麦のような穀物を含むドッグフードを食べさせると、食物アレルギーを起こしてしまうワンちゃんもいます。

また、粗悪な原材料を使ったドッグフードが原因で、愛犬が食物アレルギーを起こす場合もあります。

その点、オリジンであれば、アレルギーの原因となる素材や危険な食品添加物が使われていません。そのため、オリジンに切り替えることでアレルギーの症状が改善することがあります。

育ち盛りの子犬

育ち盛りの子犬オリジンのドッグフードは、成長期の子犬の体に必要となるたんぱく質がぎっしり詰まっています。

そのため、筋肉や内臓、骨などがオリジンを食べさせることによって、丈夫に育ちます。

オリジンのパピーやパピーラージが子犬には最適です。

子犬(パピー)に与えるドッグフードは【パピードッグフードおすすめ】もチェックしてみてください。

高品質のドッグフードをランキング形式で紹介しているので、愛犬に合ったドッグフードが見つかるはずです。

食欲が出なくなったシニア犬

食欲が出なくなったシニア犬
オリジンのシニアは、食の細くなった老犬にも適したドッグフードです。栄養過多にならないように、老犬にとって適度な栄養分が含まれています。

年齢を経た老犬の健康を守りたいなら、やはりオリジンシニアを食べさせましょう。


オリジンの安全性

オリジンの製造工場は「キッチン」と呼ばれている

オリジンの製造工場は「キッチン」と呼ばれている
オリジンのドッグフードを製造する工場は、すべてチャンピオンペットフーズ社の自社工場です。

自然の豊かな環境に建てられたこの会社の工場は、「キッチン」と呼ばれることもあります。

工場内に入ってみれば分かるのですが、ペットフードを作る工場とは思えません。

倉庫内に積み上げられたりんごやにんじんなどの野菜類は、そのまま人間の食材を売るスーパーに並べても見分けがつかないほどのレベルです。

オリジンのドッグフード工場は、まるで日本にある食品製造工場のようです。

また、清潔さにも万全な配慮がされており、工場内で働くスタッフたちは全員しっかりと帽子やマスクなどを着用しています。

国産のドッグフードを与えたいなら、【ナチュロルドッグフードおすすめ】を一度試してみてください。

ナチュロルドッグフードも国産のドッグフード。与えている飼い主さんからも高評価なドッグフードです。安心・安全・無添加のドッグフードなので、一度チェックしてみてください。

オリジンのドッグフードは安全性が高い!

オリジンのドッグフードは安全性が高い!
一般的なペットフードメーカーは、ほとんどが自社工場を持っていません。

そのため、原材料の仕入れから製造までのすべての過程を他社に外注していたりします。

しかも、病気で死んだ動物の死骸をペットフードに加工してしまう業者まであります。これでは、そのフードを食べるワンちゃんの健康を保てません。

その点、オリジンのドッグフードは、人間の食品を製造する工場ですらなかなか取得できないBRC食品規格認証を持つ自社キッチンで作られています。

徹底した高い品質管理の元に作られたドッグフードなので、その安全性は世界的にも最高水準であると断定できるでしょう。

オリジンのドッグフードをぜひ愛犬に

オリジンのドッグフードをぜひ愛犬に
オリジンのドッグフードがいかに素晴らしいドッグフードであるかが、きっと分かってもらえたのではないでしょうか?

飼い主さんなら、愛するワンちゃんにはいつまでも健康で長生きしてほしいと願いますよね。

そこで、積極的に取り入れたいドッグフードがオリジンです。少し価格は高いですが、オリジンを食べさせることで必ずワンちゃんの体質が変わってきます。

愛犬のために、ぜひオリジンのドッグフードを購入してあげましょう。


ドッグフード おすすめ ランキング