マルチバランスドッグフード口コミ・評判|給与量や原材料を分析

マルチバランスドッグフードは、まったく新しい考え方で作られたプレミアムフードです。

わが子に最適なフードを中々見つけられないでいるフードジプシーの方にも、もう決まったフードはあるけれど、もっと良いものがあるかも?

とお探しの方にも、ぜひ試して頂きたい、マルチバランスドッグフードのすべてをご紹介します。

マルチバランスドッグフードの特徴

マルチバランスドッグフードの特徴
犬の健康維持を何よりも一番に考えたマルチバランスドッグフードの最大の特色は、「ベーシックケア」と呼ばれる基本配合と「スペシャルケア」と呼ばれる特別な配合、二つの組み合わせでラインナップが作られていることです。

「ベーシックケア」には犬種・年齢を問わずワンちゃんたちに是非摂ってほしい「栄養素」と「機能成分」として「コエンザイムQ10」「ビタミン・ミネラル」「フィッシュオイル」「有胞子性乳酸菌・オリゴ糖」「クロレラ」「N-アセチルグルコサミン」の六つを配合。

それぞれの成分の効能について詳しくご説明します。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10
化粧品などで耳にすることの多いコエンザイムQ10は、体内のエネルギー生成を助け、体が内側からサビる(=酸化する)ことを防いでくれるすぐれもの。

ワンちゃんの元気と若々しさを強力にサポートしてくれます。

安定性を保つことが難しく、ドッグフードに配合するのは困難と考えられてきましたが、マルチバランスドッグフードは独自の技術でドッグフード初!本格配合に成功しました。

ビタミンやミネラルも日々の健康維持には欠かせません。

それもただ大量にとればいいというものではなく、複数のビタミンやミネラルを適量に、しかも日常的に摂ることが効果的です。

マルチバランスドッグフードの考え抜かれた配合はそれを可能にしてくれるでしょう。

フィッシュオイル

フィッシュオイル
フィッシュオイルには被毛や皮膚の状態を整えてくれるオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が含まれています。

オメガ3とオメガ6は併せて摂ることで効果がますますアップ。

ツヤツヤの毛並み、トラブル知らずの肌を導いてくれますよ。

オリゴ糖・乳酸菌

オリゴ糖・乳酸菌
有胞子性乳酸菌とオリゴ糖はおなかの調子を良くしてくれる成分です。

日々しっかりと、スムーズな排便があることも健康の何よりの証。

マルチバランスの乳酸菌とオリゴ糖は特別な製法により微細に粉砕された状態で含まれているため、食物の消化吸収効率をグレードアップし、便の生成を手伝ってくれます。

クロレラ

クロレラ
自分で歯磨きをすることのないワンちゃんたちが抱えがちなのがお口のトラブル。

おじいちゃん、おばあちゃん犬になっても自分でおいしく食べられる子にしてあげたいですよね。

クロレラに含まれている葉緑素の殺菌・抗菌作用は口腔環境の維持に大活躍します。

さわやかな息とピカピカの歯を守ってくれるでしょう。

N-アセチルグルコサミン

N-アセチルグルコサミン
加齢とともに軟骨は自然に擦り減っていってしまいます。

そのため特にシニア期のワンちゃんは、骨と骨が直接触れて痛みをもたらす関節炎に悩まされることも。

N-アセチルグルコサミンは骨の軟骨成分の原材料になります。

若い頃から積極的にグルコサミンを摂ることで、将来的な骨の健康を強力にサポートします。

以上6つの成分から成る「ベーシックケア」は、以下にご紹介する「スペシャルケア」4種の全ての基本です。

それでは続いて、年齢・タイプ別のスペシャルケアについてご説明します。

1歳までの幼犬用

1歳までの幼犬用
離乳直後から1歳までの幼年期は、体づくりの基礎となるとても大切な時期です。

マルチバランスドッグフード1歳までの幼犬用は主原料にチキンをたっぷり使用し、この時期に欠かせない「高タンパク質」「高カロリー」に配慮した配合になっています。

また、健やかな骨の成長の助けとなるようミルクカルシウムを配合しました。

牛乳由来の確かなカルシウムであり、消化吸収効率に優れるミルクカルシウムは、パピーたちの骨がしっかりと強く育っていくことを助けてくれるでしょう。

子犬(パピー)ドッグフードでは、安心・安全・無添加でグレインフリーのドッグフードをランキング形式で紹介しているので、是非チェックしてみてください。

1歳からの成犬用

1歳からの成犬用
人間の10倍の速さで年を取ると言われる犬。1歳からの若い時期は青年期に相当し
一生の間で最も活動的になる時期です。

そんなアクティブな毎日の支えとなるよう、マルチバランスドッグフード1歳からの成犬用は「アンセリン」という成分をプラス配合しました。

「アンセリン」はマグロやカツオなどの回遊魚(高速で長距離を泳ぐタイプの魚)の筋肉中に多く見られるペプチド(アミノ酸が結合した分子)です。

マグロやカツオが疲れることなく泳ぎ続けられるのはこのアンセリンのおかげ。

ワンちゃんたちにとっても、アンセリンは活力の源として役立ってくれます。

7歳からのシニア用

7歳からのシニア用
加齢に伴う様々な変化が見られるシニア期には、食生活も一層気を配ってあげたいものです。

マルチバランスフード7歳からのシニア用は、シニア期に起こりがちな関節トラブルを回避するため、ベーシックケアのグルコサミンに加えて「フィッシュコラーゲン」をプラス配合。

骨や軟骨の健康にますます配慮しています。

また、体の内側からの衰えに対抗できるよう、エネルギー生成と抗酸化力に優れるビタミンB群と、ビタミンEもグレードアップして配合しました。

さらに、シニア期には代謝や運動量が減退することに考慮し、カロリーと脂肪分については減少配合に。
加齢に伴う肥満を招かないように工夫しています。

シニア犬になると、栄養面やカロリーをきちんと管理してあげないといけません。ピッコロドッグフードは、シニア犬に特化したドッグフードなので、飼い主も安心して愛犬に与える事が出来るので、ぜひ一度試してみてください。

ダイエット用

ダイエット用
加齢に伴う肥満とはまた別に、若いけれども少々体重オーバーの子である場合、カロリーコントロールをしつつ十分な栄養も摂れるようにしてあげなくてはいけません。

マルチバランスフードダイエット量は食物繊維を強化配合することで、食べ応えとスムーズなお通じを維持しつつ、ダイエットが必要なワンちゃんのために、考え抜かれたバランスのよい栄養素の配合になっています。

マルチバランスドッグフードの与え方、保存方法

マルチバランスドッグフードの与え方、保存方法
マルチバランスドッグフードはいわゆる「カリカリ」、つまりドライタイプのドッグフードですので、基本的に保存や管理はとても簡単です。

与える際にはたっぷりの新鮮なお水と一緒にワンちゃんにあげるようにしましょう。

給与量は「なんとなく」で決めるのではなく、給与目安を元に決定します。

公式サイトに給与量の目安表が掲載されていますので参考にしてくださいね。
(URL:http://www.directone-shop.jp/products/food/howmuch.html)

この表を下敷きとして、愛犬の様子や体調を見て飼い主さんが適した量を探ることが重要です。

また、フードを切り替える際には、一気にやってしまうと警戒してワンちゃんが食べなくなってしまうことも。

フードの切り替えは「今あるフードに混ぜて、少しずつ混ぜる量を増やしていき、移行する」ということを覚えておくようにしましょう。

マルチバランスドッグフードはこういうワンちゃん向き!

マルチバランスドッグフードはこういうワンちゃん向き!
全てのバリエーションの基本となる「ベーシックケア」と、年齢・タイプ別に考え抜かれた配合の「スペシャルケア」を組み合わせているマルチバランスドッグフードだからこそ、「あらゆるワンちゃん向き」と自信を持って断言できます。

わが子の年齢やタイプ事に適したマルチバランスドッグフードを選んであげてくださいね。

マルチバランスドッグフードの安全性

マルチバランスドッグフードの安全性
マルチバランスドッグフードは、プレミアムドッグフードとしては比較的珍しい国内産フード

主原料の供給から原料の状態チェック、加工製造に至るまですべて日本国内で行われています。

さらに徹底した品質管理システムを保有しているため、安全性は信頼がおけるものと言えるでしょう。

健康は日々の小さな積み重ね、ぜひ我が子の「相棒」に!

健康は日々の小さな積み重ね、ぜひ我が子の「相棒」に!
犬は自分で食事を選び、食べることはできません。

だからこそ、5年後、10年後のワンちゃんの健康が良くなるも悪くなるも、すべて飼い主さんの「」の選択にかかっているのです。

パピーには健やかな成長を、アクティブ世代には活発な毎日を、シニアには健康サポートを、ダイエッターには夢のダイエット成功を!

マルチバランスドッグフードは我が子の健康を守る、大切な相棒になってくれるかもしれませんよ。

ドッグフード一覧